Adobe Experience Platform リリースノート

リリース日:2020 年 2 月 12 日(PT)

Adobe Experience Platform の既存の機能のアップデート:

ソース

Adobe Experience Platformでは、外部ソースからデータを取り込みながら、Platform サービスを使用して、そのデータの構造化、ラベル付け、拡張をおこなうことができます。 アドビアプリケーション、クラウドベースのストレージ、サードパーティのソフトウェア、CRM など、様々なソースからデータを取得することができます。

Experience Platform は、様々なデータプロバイダーのソース接続を簡単に設定できる RESTful API とインタラクティブ UI を備えています。これらのソース接続を使用すると、外部ストレージシステムおよび CRM サービスの認証と接続、取得実行時間の設定、データ取得スループットの管理をおこなうことができます。

新機能

機能 説明
SaaS 用 API のサポート — サービスシステム Salesforce Service Cloud API と ServiceNow API 用の新しいソースコネクタ。
SaaS 用 API のサポート — マーケティングシステム HubSpot API 用の新しいソースコネクタ。
NoSQL データベースシステムの API のサポート AWS Redshift、Google BigQuery、MariaDB、MySQL、PostgreSQL、および SQL Server API 用の新しいソースコネクタ。
クラウドストレージシステム用 API のサポート Azure Data Lake Service Gen 2 API と Google Cloud Storage API 用の新しいソースコネクタ。
クラウドストレージシステムの UI のサポート UI の Google Cloud Storage の新しいソースコネクタ。

既知の問題

  • なし

ソースについて詳しくは、「ソースの概要」を参照してください。

このページ