Adobe Experience Platform リリースノート

リリース日:2019 年 7 月 25 日

Adobe Experience Platform の新機能:

既存の機能の更新:

Privacy Service

Adobe Experience Platform Privacy Service は、企業が顧客データリクエストを管理するのに役立つ RESTful API およびユーザーインターフェイスを提供します。 を使用 Privacy Serviceを使用すると、非公開または個人の顧客データに対するアクセスおよび削除のリクエストを送信でき、欧州連合に導入された EU 一般データ保護規則 (GDPR) などの組織および法的プライバシー規制への自動コンプライアンスを促進できます。

Privacy Service は、企業による顧客の個人データの管理方法における根本的な変化に対応して開発されました。Privacy Service の主な目的は、データのプライバシー規制への準拠を自動化することです。この規制に違反すると、重大な罰金が科され、ビジネスのデータ運用に支障をきたす可能性があります。

主な特長

機能 説明
Privacy Service ユーザーインターフェイス (UI) 新しい GDPR リクエストメトリックダッシュボードは、送信された GDPR リクエスト(リクエストが完了したか、エラーが返されたかなど)を表示します。
リクエストビルダーの作成 GDPR リクエストを送信する非技術系ユーザーと技術系ユーザーの両方を持つ組織に対して、UI に「リクエストを作成」機能が追加されました。JSON ファイル送信機能は、引き続き Privacy Service 引き続き使用する組織の UI。
GDPR ジョブイベントの通知 GDPR ジョブステータスに関するイベント通知は、多くのワークフローにとって重要な要素です。以前は、個々の電子メール通知を使用して通知が提供されていました。E メールから離れると、GDPR イベント通知は、Adobe I/O イベントを利用するメッセージで、設定済みの Web フックに送信され、ジョブリクエストの自動化が容易になります。のユーザー Privacy Service UI は、Adobe I/Oの GDPR イベントを登録して、製品または GDPR ジョブが完了したときに更新を受け取ることができます。

バグの修正

  • なし。

詳しくは、「Privacy Service の概要」を参照してください。

Experience Data Model (XDM)

標準化と相互運用性は、Experience Platform の背後にある重要な概念です。アドビが推進する Experience Data Model(XDM)は、顧客体験データを標準化し、顧客体験管理のスキーマを定義する取り組みです。

XDM はパブリックに文書化された仕様であり、デジタルエクスペリエンスのパワーを向上させるために設計されています。Adobe Experience Platform 上のサービスと通信するすべてのアプリケーションに共通の構造と定義を提供します。XDM 標準規格に準拠することで、すべての顧客体験データを共通の表現に反映させて、迅速かつ統合的な方法でインサイトを提供できます。顧客行動から有益なインサイトを得たり、セグメントを通じて顧客オーディエンスを定義したり、パーソナライズ機能のために顧客属性を使用したりできます。

XDM は Experience Cloud (Adobe Experience Platformを活用 ) 適切なメッセージを適切な人に、適切なチャネル、適切なタイミングで配信します。

方法 Experience Platform が構築されている XDM System 運用可能 Experience Data Model スキーマ Experience Platform コンポーネント。

新機能

機能 説明
アイコンシステムの改善 この Schema Editor UI が更新され、全体的な Platform デザイン。
スカラーの JSON スキーマプロパティと制約のサポート この Schema Editor UI に定義用のオプションフィールドが追加されました。 JSON スキーマ draft-6 スカラーフィールドの制約(例: ) default および required.
配列の JSON スキーマのプロパティと制約をサポート この Schema Editor UI に定義用のオプションフィールドが追加されました。 JSON スキーマ draft-6 配列フィールドに対する制約(例: ) minItems, maxItems、および uniqueItems.

バグの修正

  • フィールドを追加してAdobeスキーマのフィールドグループを拡張する場合、UI でフィールドグループが暗黙的に拡張されるようになりました。
  • フィールドグループがスキーマ構成から削除されると、記述子が削除されるようになりました。
  • オーバーロード meta:intendedToExtend UI で保存する際に、フィールドグループの値が考慮されるようになりました。
  • API がプラス(+)エンコードされたスペースを含む URL を適切に処理できなかったバグを修正しました。
  • API 呼び出しでバージョンが提供されない場合のエラーメッセージを改善しました。

既知の問題

  • ラベルのない列挙フィールドを作成できません。
  • UI の「JSON をコピー」ボタンで取り込まれた JSON には、不要なメタプロパティが含まれています。

を使用した XDM の操作について詳しくは、以下を参照してください。 Schema Registry API および Schema Editorを読んでください。 XDM システムドキュメント.

セグメント化サービス

Adobe Experience Platform Segmentation Service を使用すると、マーケティング可能な人々のグループの属性と行動を記述するルールを作成し、プロファイルストアのプロファイルを使用して、それらのルールに基づいて実用的なオーディエンスを構築できます。

新機能

機能 説明
構築ブロックとしての Audiences 他のプラットフォームセグメントからロジックをコピーする以外に、セグメントを追加作成する際に、セグメントメンバーシップ(Audiences)を参照するように選択できるようになりました。
動的変数へのコンテキストアクセス 左側のパネルから動的変数に移動する必要がなく、ルールビルダーキャンバスのコンテキスト内で動的変数にアクセスできるようになりました。
文字列の複数値の演算値 単一の文字列ルールに複数の潜在的な値を追加できるようになりました(例:SKU には「ABC」、「DEF」、「GHI」が含まれます)。

バグの修正

  • 「入力されたフィールドのみを表示」の選択を解除するとエラーが発生する断続的な問題を修正しました。
  • ホバー時に属性の概要が表示されるエラーを修正し、選択時に表示されるようになりました。
  • セグメント検索でのページネーションエラーを修正しました。
  • マイナーなユーザビリティの強化。

詳しくは、「セグメント化サービスの概要」を参照してください。

このページ