クエリサービスの結果からデータセットを生成

Query Serviceの真の力は、クエリがData Lake内のデータセットを生成して、より多くのクエリやData Science Workspace、Real-time Customer Profile、Analysis Workspaceなどの他のサービスで使用される場合に明らかになります。

Query Service UIからデータセットを作成できます。次の手順に従います。

  1. 接続されたクライアントを使用してクエリを記述し、出力を検証します。
  2. Platform UIにログインし、クエリに移動します。
  3. リストでクエリを探し、その行にカーソルを合わせます。
  4. データセットを作成」をクリックします。画像
  5. LDAP ID の後にデータセット名を入力します(一意である必要も、SQL セーフである必要もありません。システムは、ここで指定した名前に基づいて「テーブル名」を生成します)。
  6. データセットの説明を入力し、「クエリを実行」をクリックします。画像
  7. クエリの完了を確認し、データセットのリストページに移動して、作成したデータセットを確認します。

作成したデータセットは、Data Lake内の他のデータセットと同様にアクセスし、様々な使用例で使用できます。

メモ

実稼動環境での導入では、データセットの作成後にData Governanceラベルを適用する必要があります。

事前定義されたExperience Data Modelスキーマを使用してデータセットを生成する

事前定義されたExperience Data Model (XDM)スキーマを使用してデータセットを生成するには、SQL構文を使用する必要があります。 使用する構文について詳しくは、SQL 構文のガイドを参照してください。

データセットを出力する

この機能を使用して作成されるデータセットは、SQL 文で定義されているように、出力データの構造と一致するアドホックスキーマを使用して生成されます。一部のダウンストリームサービスでは、特定のExperience Data Model (XDM)スキーマを持つデータセットが必要です。 ダウンストリームサービスのデータ形式設定要件を確認してから、クエリを記述してください。

このページ