Query Service 監査ログの統合

ザAdobe Experience Platform Query Service 監査ログ統合は、クエリ関連のユーザーアクションの記録を提供します。 監査ログは、企業のデータ管理ポリシーや規制要件のトラブルシューティングや準拠をおこなうための重要なツールです。 この機能を使用すると、多くのイベントタイプのアクションログを返し、レコードをフィルタリングおよびエクスポートできます。 ログには、Platform UI または 監査クエリ API CSV または JSON ファイル形式でダウンロードしたもの。

監査ログのユーザーインターフェイスについて詳しくは、 監査ログの概要ドキュメント. Platform API への呼び出しについて詳しくは、 監査ログ API ガイド.

前提条件

次を持っている必要があります: Data Governance ユーザーアクティビティログを表示 権限を有効にして、Platform UI 内で監査ログダッシュボードを表示できるようにしました。 権限は、Adobe Admin Console. この権限を有効にするための管理者権限がない場合は、組織の管理者に問い合わせてください。 詳しくは、アクセス制御に関するドキュメントを参照してください。 Admin Consoleを使用した権限の追加に関する完全な手順.

Query Service 監査ログカテゴリ

次の方法で提供される監査ログカテゴリ Query Service は次のようになります。

カテゴリ 説明
クエリ このカテゴリでは、クエリの実行を監査できます。
クエリテンプレート このカテゴリでは、クエリテンプレートで実行される様々なアクション(作成、更新、削除)を監査できます。
スケジュール済みクエリ このカテゴリでは、内で作成、更新または削除されたスケジュールを監査できます Query Service.

の実行 Query Service 監査ログ

監査を実行するには Query Service アクティビティ、選択 監査 左のナビゲーションから、ファネルアイコン (フィルターアイコン。) をクリックして、結果を絞り込むのに役立つフィルターコントロールのリストを表示します。

左側のナビゲーションに「監査」が表示された Platform UI 監査ログダッシュボードと、フィルターコントロールがハイライト表示されています。

次の 監査 dashboard アクティビティログ 」タブでは、記録されたすべての Platform アクションを、 Query Service カテゴリ。 ログの結果は、実行期間、実行されたアクション/関数、またはクエリを実行したユーザーに基づいて、さらにフィルタリングできます。 詳しくは、監査ログのドキュメントを参照してください。 カテゴリ、アクション、ユーザーおよびステータスに基づいてログをフィルタリングする方法について詳しく説明します.

返される監査ログデータには、選択したフィルター条件を満たすすべてのクエリに関する次の情報が含まれます。

列名 説明
タイムスタンプ アクションが month/day/year hour:minute AM/PM 形式
アセット名 の値 アセット名 「 」フィールドは、フィルターとして選択したカテゴリに応じて異なります。 を使用する場合、 スケジュール済みクエリ これはカテゴリです スケジュール名. を使用する場合、 クエリテンプレート カテゴリ、これは テンプレート名. を使用する場合、 クエリ カテゴリ、これは session ID
カテゴリ このフィールドは、フィルタードロップダウンで選択したカテゴリと一致します。
アクション 作成、削除、更新、実行のいずれかを指定できます。 使用可能なアクションは、フィルターとして選択したカテゴリによって異なります。
ユーザー このフィールドは、クエリを実行したユーザー ID を提供します。

フィルターが適用されたアクティビティログが強調表示された「監査」ダッシュボード。

メモ

ログ結果を CSV または JSON ファイル形式でダウンロードすると、監査ログダッシュボードにデフォルトで表示されるよりも多くのクエリの詳細が表示されます。

詳細パネル

監査ログの結果の行を選択して、画面の右側にある詳細パネルを開きます。

詳細パネルが強調表示された監査ダッシュボードの「アクティビティログ」タブ

詳細パネルを使用して、 アセット ID そして イベントステータス.

の値 アセット ID 監査で使用されるカテゴリに応じて変化します。

  • を使用する場合、 クエリ カテゴリ アセット ID が session ID.
  • を使用する場合、 クエリテンプレート カテゴリ アセット ID が template ID という名前で、 templateID:.
  • を使用する場合、 スケジュール済みクエリ カテゴリ アセット ID が スケジュール ID という名前で、 scheduleID:.

の値 イベントステータス 監査で使用されるカテゴリに応じて変化します。

  • を使用する場合、 クエリ カテゴリ イベントステータス フィールドには、 クエリ ID は、そのセッション内でユーザーによって実行されました。
  • を使用する場合、 クエリテンプレート カテゴリ イベントステータス フィールドに テンプレート名 イベントステータスのプレフィックスとして。
  • を使用する場合、 クエリスケジュール カテゴリ イベントステータス フィールドに スケジュール名 イベントステータスのプレフィックスとして。

使用可能なフィルター Query Service 監査ログカテゴリ

使用可能なフィルターは、ドロップダウンで選択したカテゴリによって異なります。 次の表に、使用可能なフィルターの詳細を示します。 Query Service 監査ログカテゴリ.

フィルター 説明
カテゴリ 詳しくは、 Query Service 監査ログカテゴリ セクションを参照してください。
アクション 参照元が Query Service 監査カテゴリ、更新は 既存のフォームへの変更、削除は スケジュールまたはテンプレートの削除新しいスケジュールまたはテンプレートの作成、および execute クエリの実行.
ユーザー ユーザーでフィルタリングするには、完全なユーザー ID( 例:johndoe@acme.com) を入力します。
ステータス この 許可, 成功、および 失敗 オプションでは、「ステータス」または「イベントステータス」に基づいてログをフィルタリングしますが、 拒否 オプションは除外されます すべて ログ。
日付 結果をフィルターする日付範囲を定義する開始日または終了日を選択します。

次の手順

このドキュメントを読むと、 Query Service 監査ログ機能と、それを使用して Query Service ユーザーアクション。

を使用している場合、 Query Service トラブルシューティングの目的で監査ログ機能を使用する場合は、 トラブルシューティングガイド.

このページ