アラートの概要

Adobe Experience Platform では、Adobe Experience Platform アクティビティに関するイベントベースのアラートを登録できます。 アラートにより、ジョブが完了したか、ワークフロー内の特定のマイルストーンに達したか、何らかのエラーが発生したかを確認するために、Observability Insights API をポーリングする必要が低減される、またはなくなります。

Platform 操作の特定の条件(システムがしきい値に達した場合に問題が発生する可能性があるなど)に達すると、Platform はその条件を登録している組織内のユーザーにアラートメッセージを配信できます。 これらのメッセージは、アラートが解決されるまで、事前に定義された時間間隔で繰り返すことができます。

このドキュメントでは、アラートルールの定義方法など、Adobe Experience Platform のアラートの概要を説明します。

1 回限りのアラートと繰り返しアラートの比較

Platform アラートは、1 回だけ送信することも、解決されるまで事前に定義された時間間隔で繰り返すこともできます。 これらの各オプションのユースケースは、次の点が異なります。

1 回限りのアラート 繰り返しアラート
必ずしも問題を示しているとは限りません。 潜在的に望ましくない状態を示します。
繰り返されません。 異常な状態が続く場合は繰り返される場合があります。
以下に例を示します。
  • データの取り込みが正常に完了しました。
  • クエリの実行が終了しました。
  • データが削除されました。
以下に例を示します。
  • 取り込み期間がサービスレベル契約(SLA)を超えています。
  • 過去 24 時間に、日次日の取り込みは実行されませんでした。
  • ストリームプロセッサのエラー率が、設定されたしきい値を超えています。
  • プロファイルの合計数が資格を超えています。

アラートの詳細

アラートは、次のコンポーネントに分類できます。

コンポーネント 説明
指標 可観測性指標。この指標の値は、失敗したバッチ取得イベントの数(timeseries.ingestion.dataset.batchfailed.count)など、アラートをトリガーします。
条件 特定の数を超えるカウント指標など、アラートが true と解決された場合にトリガーする指標に関連する条件。 この条件は、事前に定義された時間枠に関連付けることができます。
ウィンドウ (オプション)アラートの条件は、事前に定義された時間枠に制限される場合があります。 例えば、過去 5 分間に失敗したバッチの数に応じて、アラートがトリガーされることがあります。
アクション アラートがトリガーされると、アクションが実行されます。 特に、メッセージは、事前設定済みの Webhook や Experience Platform UI などの配信チャネルを通じて、該当する受信者に送信されます。
頻度 (オプション)アラートは、条件が true または未解決の場合、定義された間隔でアクションを繰り返すように設定できます。

アラートの受信と管理

アラートは、次の 2 つのチャネルを通じて受信および管理できます。

I/O イベント

設定された Webhook にアラートを送信して、アクティビティ監視の効率的な自動化を促進できます。Webhook を介してアラートを受信するには、Adobe Developer Console で Platform アラートの Webhook を登録する必要があります。具体的な手順については、Adobe I/O イベント通知の購読に関するガイドを参照してください。

Platform UI

Platform UI を使用すると、受信したアラートを表示し、アラートルールを管理できます。次のビデオでは、これらの機能の概要を説明しています。

Platform UI でアラートを操作するには、Adobe Admin Console を通じて次のアクセス制御権限を有効にする必要があります。

権限 説明
アラートの表示 受信したアラートメッセージを表示できます。
アラート履歴の表示* 「アラート」タブを使用して、受信したアラートの履歴を表示できます。
アラートの管理* 「アラート」タブを使用して、アラートルールを有効/無効にできます。
アラートの解決* トリガーされたアラートを「アラート」タブで解決できます。

*「アラート」タブにアクセスするには、他のいずれかの権限と組み合わせて「アラートの表示」権限も付与されている必要があります。

メモ

Platform で権限を管理する方法について詳しくは、アクセス制御に関するドキュメントを参照してください。

「アラートの表示」権限を使用すると、右上隅のベルアイコン(ベルアイコン)を選択して、受信したアラートを表示できます。

さらに、UI の「アラート」タブを使用すると、個々のユーザーは特定のアラートタイプを登録、管理者はアラートルールをまとめて有効または無効にできます。アラートの管理について詳しくは、UI ガイドを参照してください。

次の手順

このドキュメントでは、Platform アラートと、Platform エコシステムでのアラートの役割について説明しました。アラートを受信および管理する方法については、この概要を通じてリンクされているプロセスドキュメントを参照してください。

このページ