コンテンツおよびコマース AI の概要

メモ

コンテンツおよびコマース AI はベータ版です。 このドキュメントは変更される場合があります。

Content and Commerce AI では、Adobe I/OAPI を利用します。Adobe I/OAPI と I/O コンソール統合を呼び出すには、まず 認証に関するチュートリアル を完了する必要があります。

ただし、API を追加の手順に進むと、次のスクリーンショットに示すように、API はAdobe Experience PlatformではなくExperience Cloudの下に配置されます。

コンテンツ AI とコマース AI の追加

認証に関するチュートリアルを完了すると、次のように、すべてのAdobe I/OAPI 呼び出しで必要な各ヘッダーの値が提供されます。

  • Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}
  • x-api-key: {API_KEY}
  • x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}

Postman 環境の作成(オプション)

Adobe開発者コンソール内でプロジェクトと API を設定したら、Postman 用の環境ファイルをダウンロードできます。 プロジェクトの左側のレールの API で、「コンテンツとコマースの AI」を選択します。 新しいタブが開き、「Try it out」というラベルのカードが表示されます。 「Postman のダウンロード」を選択して、Postman 環境の設定に使用する JSON ファイルをダウンロードします。

Postman 用のダウンロード

ファイルをダウンロードしたら、Postman を開き、右上の ギアアイコン を選択して、環境を管理 ダイアログを開きます。

歯車アイコン

次に、環境の管理 ダイアログで「読み込み」を選択します。

インポート

リダイレクトされ、コンピューターから環境ファイルを選択するように求められます。 前にダウンロードした JSON ファイルを選択し、「開く」を選択して環境を読み込みます。

新しい環境名が入力された「環境を管理」タブに戻ります。 環境名を選択して、Postman で使用可能な変数を表示および編集します。 引き続き、JWT_TOKENACCESS_TOKEN に手動で値を設定する必要があります。 これらの値は、 認証に関するチュートリアル の完了時に取得された値です。

完了したら、変数は次のスクリーンショットのようになります。 を更新」を選択して、環境の設定を終了します。

右上隅のドロップダウンメニューから環境を選択し、保存した値を自動入力できるようになりました。 値をいつでも再編集して、すべての API 呼び出しを更新できます。

例

Postman を使用したAdobe I/OAPI の操作について詳しくは、Adobe I/Oでの JWT 認証に Postman を使用した Medium の投稿 を参照してください。

API 呼び出し例の読み取り

ここでは、リクエストの形式を説明するために API 呼び出しの例を示します。これには、パス、必須ヘッダー、適切な形式のリクエストペイロードが含まれます。また、API レスポンスで返されるサンプル JSON も示されています。API 呼び出し例のドキュメントで使用される表記について詳しくは、『Experience Platform トラブルシューティングガイド』の API 呼び出し例の読み方に関する節を参照してください。

次の手順

すべての資格情報を取得したら、Content and Commerce AI のカスタムワーカーを設定する準備が整います。 次のドキュメントは、拡張機能フレームワークと環境の設定に関する理解に役立ちます。

拡張フレームワークの詳細については、まず「 拡張機能の概要 」ドキュメントを読んでください。 このドキュメントでは、前提条件とプロビジョニング要件について説明します。

Content and Commerce AI 用の環境の設定について詳しくは、まず 開発環境の設定 のガイドを参照してください。 このドキュメントでは、Service Service の開発に使用する設定手順をAsset computeします。

このページ