Adobe Experience Platform のデータ品質

Adobe Experience Platform では、バッチまたはストリーミングの取り込みによりアップロードされたすべてのデータの完全性、正確性、一貫性が保証されています。次のドキュメントは、Experience Platformでのバッチおよびストリーミング取り込みに対してサポートされているチェックと検証の動作の概要を示しています。

サポートされるチェック

バッチの取り込み ストリーミングの取り込み
データタイプのチェック
列挙のチェック
範囲のチェック(最小、最大)
必須フィールドのチェック
パターンのチェック ×
書式のチェック ×

サポートされる検証ビヘイビアー

バッチとストリーミングの取り込みの両方で、Data Lakeで取り出しと分析のために不正なデータを移動し、失敗したデータがダウンストリームに行かないようにします。 バッチおよびストリーミングの取り込みでは、データに対して次の検証が実行されます。

バッチの取り込み

バッチの取り込みでは、次の検証が実行されます。

検証領域 説明
スキーマ スキーマが空​ではなく"meta:immutableTags": ["union"] のように union スキーマへの参照が含まれていることを確認します。
identityField 有効な ID 記述子がすべて定義されていることを確認します。
createdUser バッチを取り込んだユーザーにバッチの取り込みが許可されていることを確認します。

ストリーミングの取り込み

ストリーミングの取り込みでは、次の検証が実行されます。

検証領域 説明
スキーマ スキーマが空​ではなく"meta:immutableTags": ["union"] のように union スキーマへの参照が含まれていることを確認します。
identityField 有効な ID 記述子がすべて定義されていることを確認します。
JSON JSON が有効であることを確認します。
IMS 組織 表示される IMS 組織が有効な組織であることを確認します。
ソース名 データソースの名前が指定されていることを確認します。
データセット データセットが指定され有効になっていること、さらに削除されていないことを確認します。
ヘッダー ヘッダーが指定され、有効になっていることを確認します。

Platformによるデータの監視と検証の方法について詳しくは、モニタリングデータフロードキュメントを参照してください。

このページ