データ取得の監視

データ取得を使用すると、Adobe Experience Platform でデータを取得できます。バッチインジェストを使用すると、様々なファイルタイプ(CSVなど)を使用してデータを挿入できます。また、ストリーミングエンドポイントをリアルタイムで使用してPlatformにデータを取り込むことができます。

このユーザーガイドでは、Adobe Experience Platform ユーザーインターフェイス内でデータを監視する方法の手順を説明します。このガイドでは、Adobe ID を持っていて、Adobe Experience Platform にアクセスできる必要があります。

ストリーミングエンドツーエンドデータの取得の監視

Experience Platform UI で、左側のナビゲーションメニューの「監視」をクリックしてから、「ストリーミングエンドツーエンド」をクリックします。

ストリーミングエンドツーエンド」の監視ページが表示されます。このワークスペースは、Platformが受信したストリームイベントの割合を示すグラフ、Real-time Customer Profileが正常に処理したストリームイベントの割合と、入力データの詳細リストを示すグラフを提供します。

デフォルトで、上のグラフには、過去7日間の摂取率が表示されます。 ハイライト表示されたボタンをクリックして、この日付範囲を調整し、様々な期間を表示できます。

下のグラフは、過去7日間でProfileによってストリームイベントが正常に処理された割合を示しています。 ハイライト表示されたボタンをクリックして、この日付範囲を調整し、様々な期間を表示できます。

メモ

このグラフにデータを表示するには、Profileに対して​明示的に​有効にする必要があります。 Profileのストリーミングデータを有効にする方法については、datasetsユーザーガイドを参照してください。

グラフの下には、上に示した日付範囲に対応するすべてのストリーミング取り込みレコードがリストされています。 リストの各バッチには、ID、データセット名、最終アップデート日時、バッチ内のレコード数、エラー数(エラーがある場合)が表示されます。任意のレコードをクリックして、そのレコードに関する詳細情報を表示できます。

ストリーミングレコードの表示

正常にストリーミングされたレコードの詳細には、取得されたレコードの数、ファイルサイズ、取得の開始時刻および終了時刻などの情報が表示されます。

失敗したストリーミングレコードの詳細には、成功したレコードと同じ情報が表示されます。

また、失敗したレコードは、バッチの処理中に発生したエラーの詳細を提供します。次の例では、カタログの datasetId の検証中にシステムエラーが発生しています。

バッチエンドツーエンドデータの取得の監視

Experience Platform UIで、左側のナビゲーションメニューの​Monitoring​をクリックします。

バッチエンドツーエンド」の監視ページが開き、以前に取得したバッチのリストが表示されます。任意のバッチをクリックして、そのレコードに関する詳細情報を表示できます。

バッチの表示

成功したバッチの詳細には、取得されたレコードの数、ファイルサイズ、取得の開始時刻および終了時刻などの情報が表示されます。

失敗したバッチの詳細には、成功したバッチと同じ情報に加えて、失敗したレコードの数が表示されます。

また、失敗したバッチは、バッチの処理中に発生したエラーの詳細を提供します。次の例では、_experience の不明なフィールドを使用したため、取得したバッチでエラーが発生しています。

このページ