認証

概要

この Edge Network Server API は、イベントのソースと API 収集ドメインに応じて、認証済みと未認証の両方のデータ収集を処理します。

リクエストごとに、 Server API データストリームを検証します。 access type 設定。 この設定を使用すると、お客様は認証済みデータを受け入れるか、認証済みデータと未認証データの両方を受け入れるようにデータストリームを設定できます。 デフォルトでは、両方のタイプのデータが受け入れられます。

データストリームアクセスタイプの設定について詳しくは、 データストリームの作成と設定.

以下に、データストリームに基づく動作の概要を示します Access Type 設定およびリクエストを受信したエンドポイント。

Access Type edge.adobedc.net server.adobedc.net
mixed (デフォルト) リクエストを認証しません 要求を認証します
認証済み 要求を認証します 要求を認証します

のプライベートサーバーからの API 呼び出し server.adobedc.net は常に認証される必要があります。

前提条件

を呼び出す前に、 Server APIを使用する場合は、次の前提条件を満たしていることを確認します。

  • Adobe Experience Platformへのアクセス権を持つ IMS 組織アカウントがある。
  • Experience Platformアカウントに developer および user 役割がAdobe Experience Platform API 製品プロファイルで有効になっていること お問い合わせ Admin Console 管理者:アカウントに対してこれらのロールを有効にします。
  • あなたはAdobe IDを持っている。 Adobe IDがない場合は、 Adobe Developer Console 新しいアカウントを作成します。

資格情報の収集

Platform API への呼び出しを実行する前に、認証に関するチュートリアルを完了する必要があります。認証に関するチュートリアルを完了すると、すべての Experience Platform API 呼び出しで使用する、以下のような各必須ヘッダーの値が提供されます。

  • Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}
  • x-api-key: {API_KEY}
  • x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}

Experience Platform のリソースは、特定の仮想サンドボックスに分離することができます。Platform API へのリクエストでは、操作を実行するサンドボックスの名前と ID を指定できます。次に、オプションのパラメーターを示します。

  • x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}
メモ

Experience Platform のサンドボックスについて詳しくは、サンドボックスの概要ドキュメ ントを参照してください。

ペイロード(POST、PUT、PATCH)を含むすべてのリクエストには、メディアのタイプを指定する以下のような追加ヘッダーが必要です。

  • Content-Type: application/json

データセット書き込み権限の設定

データセットの書き込み権限を設定するには、 Admin Consoleで、API キーに関連付けられている製品プロファイルを探し、次の権限を設定します。

  • 内 サンドボックス 「 」セクションで、データストリームサンドボックスを選択します。
  • 内 データ管理 セクションで、 データセットの管理 権限。

認証エラーのトラブルシューティング

エラーコード エラーメッセージ 説明
EXEG-0500-401 無効な認証トークン このエラーメッセージは、次のいずれかの状況で表示されます。
  • この authorization ヘッダー値がありません。
  • この authorization ヘッダーの値に必要な値が含まれていません Bearer トークン。
  • 指定された認証トークンの形式が無効です。
  • データストリームには認証が必要ですが、リクエストには必須ヘッダーがありません。
EXEG-0501-401 無効なユーザー認証トークン このエラーメッセージは、次のいずれかの状況で表示されます。
  • API 呼び出しに必要ながありません x-user-token ヘッダー。
  • 指定されたユーザートークンの形式が無効です。
EXEG-0502-401 無効な認証トークン このエラーメッセージは、指定された認証トークンの形式 (JWT) が有効で、署名が無効な場合に表示されます。 次を確認します。 認証チュートリアル 有効な JWT トークンの取得方法を参照してください。
EXEG-0503-401 無効な認証トークン このエラーメッセージは、指定された認証トークンの有効期限が切れると表示されます。 詳しくは、 認証チュートリアル をクリックして新しいトークンを生成します。
EXEG-0504-401 必要な製品コンテキストがありません このエラーメッセージは、次のいずれかの状況で表示されます。
  • 開発者アカウントはAdobe Experience Platform製品コンテキストにアクセスできません。
  • この会社アカウントには、まだ Experience Platform をAdobeする資格がありません。
EXEG-0505-401 必要な認証トークンスコープがありません このエラーは、サービスアカウント認証にのみ適用されます。 このエラーメッセージは、呼び出しに含まれるサービス認証トークンが、 acp.foundation IMS スコープ。
EXEG-0506-401 書き込み用のサンドボックスにアクセスできません このエラーメッセージは、開発者アカウントに WRITE datastream が定義されているExperience Platformサンドボックスへのアクセス

このページ