プロファイル選定履歴

最終更新日: 2023-11-07
  • トピック:
  • Destinations
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer
    User
    Admin
    Leader

Destination SDK を通じて作成したすべての宛先は、デフォルトでプロファイル選定履歴をサポートしています。つまり、ユーザーが最初に宛先に対するアクティベーションデータフローを設定すると、最初の書き出しには、これまでにそのセグメントに選定されたことのある、オーディエンスのすべてのメンバーが含まれます。

この動作は、宛先設定の "backfillHistoricalProfileData":true パラメーターで定義されます。

重要

プロファイル選定履歴は、Destination SDK で作成されたすべての宛先で有効になっており、ユーザーは backfillHistoricalProfileData パラメーターを設定できません。

サポートされる統合タイプ

このページで説明される機能をサポートする統合のタイプについて詳しくは、以下の表を参照してください。

統合タイプ 機能のサポート
リアルタイム(ストリーミング)統合
ファイルベースの(バッチ)統合

次の手順

この記事では、Experience Platform では、最初にオーディエンスを宛先に書き出す際に、これまでにアクティブ化されたオーディエンスに選定されたことのあるすべてのプロファイルの母集団履歴が自動的に書き出されることを学びました。このオプションは、Destination SDK や Experience Platform UI では設定できません。

その他の宛先コンポーネントについて詳しくは、以下の記事を参照してください。

このページ