宛先設定の更新

最終更新日: 2023-11-07
  • トピック:
  • Destinations
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer
    User
    Admin
    Leader

このページでは、/authoring/destinations API エンドポイントを使用して、既存の宛先設定を更新するために使用できる API リクエストおよびペイロードの例を示します。

ヒント

製品化された宛先や公開されている宛先に対する更新操作は、公開 API を使用してアドビレビュー用に更新を送信した後でのみ、表示されます。

宛先設定の機能について詳しくは、以下の記事を参照してください。

重要

Destination SDK でサポートされているすべてのパラメーター名および値は、大文字と小文字が区別​されます。大文字と小文字を区別することに関するエラーを避けるために、ドキュメントに示すように、パラメーター名および値を正確に使用してください。

宛先設定 API 操作の概要

続行する前に、「はじめる前に」を参照し、API の呼び出しを正常に行うために必要となる重要な情報(必要な宛先オーサリング権限および必要なヘッダーの取得方法など)を確認してください。

宛先設定の更新

更新されたペイロードで /authoring/destinations エンドポイントに PUT リクエストを行うことで、既存の宛先設定を更新できます。

ヒント

API エンドポイント:platform.adobe.io/data/core/activation/authoring/destinations

既存の宛先設定およびその関連する {INSTANCE_ID} を取得するには、宛先設定の取得に関する記事を参照してください。

API 形式

PUT /authoring/destinations/{INSTANCE_ID}
パラメーター 説明
{INSTANCE_ID} 更新する宛先設定の ID。既存の宛先設定およびその関連する {INSTANCE_ID} を取得するには、宛先設定の取得を参照してください。
 リクエスト

以下のリクエストは、この例で作成した宛先を別の filenameConfig オプションで更新します。

curl -X POST https://platform.adobe.io/data/core/activation/authoring/destinations/{INSTANCE_ID} \
 -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
 -H 'Content-Type: application/json' \
 -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
 -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
 -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
 -d '
{
   "name":"Amazon S3 destination with predefined CSV formatting options",
   "description":"Amazon S3 destination with predefined CSV formatting options",
   "status":"TEST",
   "customerAuthenticationConfigurations":[
      {
         "authType":"S3"
      }
   ],
   "customerEncryptionConfigurations":[

   ],
   "customerDataFields":[
      {
         "name":"bucket",
         "title":"Enter the name of your Amazon S3 bucket",
         "description":"Amazon S3 bucket name",
         "type":"string",
         "isRequired":true,
         "readOnly":false,
         "hidden":false
      },
      {
         "name":"path",
         "title":"Enter the path to your S3 bucket folder",
         "description":"Enter the path to your S3 bucket folder",
         "type":"string",
         "isRequired":true,
         "pattern":"^[A-Za-z]+$",
         "readOnly":false,
         "hidden":false
      },
      {
         "name":"compression",
         "title":"Compression format",
         "description":"Select the desired file compression format.",
         "type":"string",
         "isRequired":true,
         "readOnly":false,
         "enum":[
            "SNAPPY",
            "GZIP",
            "DEFLATE",
            "NONE"
         ]
      },
      {
         "name":"fileType",
         "title":"File type",
         "description":"Select the exported file type.",
         "type":"string",
         "isRequired":true,
         "readOnly":false,
         "hidden":false,
         "enum":[
            "csv",
            "json",
            "parquet"
         ],
         "default":"csv"
      }
   ],
   "uiAttributes":{
      "documentationLink":"https://www.adobe.com/go/destinations-amazon-s3-en",
      "category":"cloudStorage",
      "icon":{
         "key":"amazonS3"
      },
      "connectionType":"S3",
      "frequency":"Batch"
   },
   "destinationDelivery":[
      {
         "deliveryMatchers":[
            {
               "type":"SOURCE",
               "value":[
                  "batch"
               ]
            }
         ],
         "authenticationRule":"CUSTOMER_AUTHENTICATION",
         "destinationServerId":"{{destinationServerId}}"
      }
   ],
   "schemaConfig":{
      "profileRequired":true,
      "segmentRequired":true,
      "identityRequired":true
   },
   "batchConfig":{
      "allowMandatoryFieldSelection":true,
      "allowDedupeKeyFieldSelection":true,
      "defaultExportMode":"DAILY_FULL_EXPORT",
      "allowedExportMode":[
         "DAILY_FULL_EXPORT",
         "FIRST_FULL_THEN_INCREMENTAL"
      ],
      "allowedScheduleFrequency":[
         "DAILY",
         "EVERY_3_HOURS",
         "EVERY_6_HOURS",
         "ONCE"
      ],
      "defaultFrequency":"DAILY",
      "defaultStartTime":"00:00",
      "filenameConfig":{
         "allowedFilenameAppendOptions":[
            "SEGMENT_NAME",
            "DESTINATION_INSTANCE_NAME",
            "ORGANIZATION_NAME",
            "SANDBOX_NAME",
            "DATETIME",
            "CUSTOM_TEXT"
         ],
         "defaultFilenameAppendOptions":[
            "DATETIME"
         ],
         "defaultFilename":"%DESTINATION%_%SEGMENT_ID%_%DESTINATION_INSTANCE_ID%,"
      },
      "backfillHistoricalProfileData":true
   }
}'
 応答

応答が成功すると、HTTP ステータス 200 が、更新された宛先設定の詳細と共に返されます。

API エラー処理

Destination SDK API エンドポイントは、一般的な Experience Platform API エラーメッセージの原則に従います。Platform トラブルシューティングガイドの API ステータスコードおよびリクエストヘッダーエラーを参照してください。

次の手順

このドキュメントでは、Destination SDK /authoring/destinations API エンドポイントを使用した、宛先設定の更新方法を確認しました。

このエンドポイントでできることについて詳しくは、以下の記事を参照してください。

このページ