Adobe Experience Platformのタグ拡張

Adobe Experience Platformは、次世代のタグ管理機能をAdobeから提供します。 Platformは、顧客体験の実現に必要なすべての分析、マーケティングおよび広告のタグをデプロイおよび管理するためのシンプルな手段を提供します。 タグは、Adobe Experience Cloudのお客様に、付属の付加価値機能として提供されます。

タグの概要については、以下のリソースを参照してください。

Platformインターフェイスでタグ拡張を見つける方法

Platformインターフェイスで拡張機能を見つけるには、宛先 / カタログ​を参照し、タイプ​フィルターで​拡張機能​を選択します。

インターフェイスの「拡張機能」フィルター

タグ拡張の仕組み

拡張機能は、イベントの生データを複数のタイプの宛先に転送します。 この拡張機能は、イベント転送​タイプの宛先であると考えることができます。これは、宛先プラットフォームと単純に統合された機能で、イベントの生データを転送するだけです。例としては、Gainsight パーソナライズ機能拡張機能Confirmit Voice of the Customer 拡張機能などがあります。

Adobe Experience Platformのプロファイル/セ グメントの書き出し先は、イベントデータをキャプチャし、他のデータソースと組み合わせ、セグメント化を適用し、セグメントと絞り込まれたプロファイルを宛先に書き出します。例としては、Amazon S3 クラウドストレージの宛先Google Display & Video 360 の広告の宛先などがあります。

他の宛先とのタグ拡張

タグ拡張機能を使用するメリット

既存のプラットフォームのお客様は、Platformのタグ機能を無料でExperience Cloudできます。 このシステムは、使いやすい拡張機能を使用して、Webサイト上にタグを簡単に導入できるようにします。拡張機能は、インストール、設定、更新、削除が可能です。 タグを使用すると、Webサイトに小さな足跡が残り、ページをすばやく読み込むことができます。

セグメントをアクティブ化して拡張タグを付けることはできませんが、特定の状況でのみイベントデータを転送するルールを設定できます。 この強力な機能により、すべてのインタラクションでイベントデータを送信するのではなく、特定の状況でのみイベントデータを転送できます。詳しくは、タグのドキュメントのルールに関するページを参照してください。

の拡張機能の使用事例

拡張機能を使用すると、様々な顧客の使用例に対応できます。 の拡張機能の使用事例を以下に示します。

  • Facebook ピクセル拡張機能を使用して、web サイトまたはネイティブのアプリケーションデータを Facebook に送信できます。Facebook ピクセルでは、訪問者がサイトまたはアプリケーションのどの部分にアクセスしたかを把握したり、その情報を Facebook に転送したりすることができます。また、Facebook を介して、訪問者を再ターゲティングすることができます。
  • web サイトやアプリケーションのイベントデータを Google Analytics に転送してそのデータを分析し、それに基づいて決定を下すことができます。
  • 設定したルールに従って、ユーザーがページとどのようにやり取りしているかに基づいて、適切なタイミングでクライアント側のChatboxアプリをオンにすることができます。

拡張機能のカテゴリ

拡張機能は、プラットフォームで次のカテゴリに該当する可能性があります。

このページ