Sensei Machine Learning API ガイド

Sensei Machine Learning API は、アルゴリズムのオンボーディングから実験まで、およびサービスの導入まで、データサイエンティストが機械学習サービスを整理および管理するためのメカニズムを提供します。

この開発者ガイドは、Sensei 機械学習 API の使用を開始する際に役立つ手順を提供し、様々な Data Science Workspace リソースに対して CRUD 操作を実行するための API 呼び出しの例を示します。

はじめに

次のリクエストヘッダーにアクセスして API を呼び出すには、認証チュートリアルを完了しておく必要があります。Adobe Experience Platform

  • Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}
  • x-api-key: {API_KEY}
  • x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}

Experience Platform のすべてのリソースは、特定の仮想サンドボックスに分離されています。Platform API へのすべてのリクエストには、操作がおこなわれるサンドボックスの名前を指定するヘッダーが必要です。

  • x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}

Platform のサンドボックスについて詳しくは、サンドボックスの概要に関するドキュメントを参照してください。

ペイロード(POST、PUT、PATCH)を含むすべてのリクエストには、以下のような追加ヘッダーが必要です。

  • Content-Type: application/json

次の手順

必要な認証資格情報を収集したら、この開発者ガイドの後続の節に進んで、次のエンドポイントグループに属するサンプル API 呼び出しを参照することができます。

このページ