検証エディタービュー

最終更新日: 2023-05-10
  • トピック:
  • Assurance
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer

検証エディターを使用すると、Adobe Experience Platform Assurance セッションでイベントを検証する JavaScript 関数をすばやく簡単に管理できます。 各関数は、アシュランスセッションでイベントを受け取ります。 関数を記述して、クライアントの設定、イベント条件、テストおよび使用例を検証できます。

検証エディターの概要

アシュランスの設定ホーム 表示、選択 検証エディター.

Validation-Editor-Screen-Shot

検証関数を作成する

この機能を使用すると、Adobe Experience Platform Assurance セッションの検証機能を作成、編集または削除できます。

  1. 選択 新しい検証の作成.
  2. を入力します。 名前 検証を識別するには、 カテゴリ および 説明.
  3. エディターでコードを編集し、アシュランスセッションのイベントを検証します。

関数のテストが完了したら、「 」を選択します。 公開 検証を保存します。

イベント定義

キー タイプ 説明
uuid 文字列 イベントの汎用的に一意の識別子。
timestamp 数値 イベントが Assurance に送信された際のクライアントからのタイムスタンプ。
eventNumber 数値 イベントが送信された際に注文に使用されます。 このキーは、イベントのタイムスタンプが同じ場合に役立ちます。
vendor 文字列 逆ドメイン名フォーマットのベンダー識別文字列(例:com.adobe.assurance)。
type 文字列 イベントのタイプを示すために使用されます。
payload オブジェクト イベントのデータを定義し、一意の共通プロパティを含みます。 一般的なプロパティには次のものがあります。 ACPExtensionEventSource および ACPExtensionEventType.
annotations 配列 注釈オブジェクトの配列。

注釈定義

キー タイプ 説明
uuid 文字列 注釈の汎用的な一意の識別子。
type 文字列 注釈のタイプを示すために使用され、通常はプラグインの名前です(例:analytics)。
payload オブジェクト イベントを補完する必要があるデータを定義します。 Adobe Analyticsの場合、後処理されたヒットデータはここに格納されます。

検証結果

検証関数は、次の値を含むオブジェクトを返す必要があります。

キー タイプ 説明
message 文字列 概要結果に表示する検証メッセージ。
events 配列 一致としてレポートされる、または一致しないとレポートされるイベント UID の配列。
links 配列 の配列 ValidationResultLink ドキュメントおよびその他のリソースを参照するオブジェクト `{( type: ‘doc’
result 文字列 これは検証結果で、列挙された文字列の 1 つと見なされます。"matched"、"not matched"、"unknown"

検証結果の表示

関数の結果は、コードエディターの下の結果セクションに表示されます。 検証結果が unknown または not matched そして events 配列に 1 つ以上の値が含まれています uuidsを指定した場合、イベントはタイムライン内で次の色でハイライト表示されます。

  • 緑 — 一致
  • オレンジ — 不明
  • 赤 — 一致なし

Timeling-Validation-Highlights-Screen-Shot

トラブルシューティング

次の項目を追加できます。 console.log() 関数内で開発者コンソールに項目を印刷します。 または、結果オブジェクトの message プロパティを使用して、結果パネルにメッセージをデバッグできます。

JavaScript コードエディターでエラーが発生した場合は、エラーステータスと理由が表示されます。

検証の詳細については、 Adobe Experience Platform Assurance の検証 GitHub。 次に、Adobeが所有する検証の例を示します。 詳しくは、 wiki を参照してください。

このページ