このガイドについて

最終更新日: 2022-04-29
  • トピック:
  • Content
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • User

AEM Screens ベストプラクティスガイドは、AEM Screens プロジェクトの計画と実行を成功に導く方法に関するガイダンスを提供することを目的としています。

このドキュメントの対象読者は次のとおりです。

  • AEM 実装担当者
  • AV インテグレーター
  • ビジネスストラテジスト
  • プロジェクトマネージャー
  • コンサルタント

ただし、このガイドに目を通すことは、他の多くの役割の方にとっても有益です。

AEM Screens は Adobe Experience Manager(AEM)の新しい拡張機能です。ツールは新しく、その潜在的なアプリケーションは様々なので、AEM Screens の開発と導入に関わる重要な検討事項と一般的なリスク要因を特定することが非常に重要です。

本ガイドでは、意図したとおりにカスタマーエクスペリエンスを想像し、デザインし、デジタルサイネージの実装に導くための包括的なインサイトと実践的なアドバイスを提供します。また、それだけでなく、AEM Screens でのデジタルサイネージプロジェクトの導入時に従ったベストプラクティスの一部を使用して、ビジネスに良い影響を与える方法についても説明します。

重要

このガイドは、AEM Screens プロジェクトの実装時によくある落とし穴を特定できるような内容になっており、主に次のトピックに重点を置いています。

メモ

本ガイド(AEM Screens のコンテキスト内)で使用される次の用語について補足します。

  • UX は、エンドユーザーに提供されるデジタルサイネージエクスペリエンスを意味します。
  • UI は、Screens でプロジェクトを作成および管理するためのユーザーインターフェイスを意味します。

このページ