以前のドキュメント更新

このページでは、以前おこなわれた Adobe Experience Manager ドキュメントの重要な変更と更新の一覧を示します。最近のドキュメント更新については、こちらを参照してください。

Adobe Experience Manager 6.5

日付 トピック 変更内容
2019年12月12日(PT) 3D アセットのプレビュー

AEM では、オーサリングプロセスの一環として、3D アセットのアップロード、配信、インタラクティブプレビューをサポートしています。AEM のアセットの詳細ページから、インタラクティブ 3D ビューアを使用できます。このビューアには、3D アセットをオービット、ズームおよびパンできるインタラクティブなカメラコントロールのコレクションが含まれます。

詳しくは、3D アセットのプレビューを参照してください。

2019年12月12日(PT) AEM 6.5 サービスパック 3
AEM 6.5 サービスパック 3 が入手可能になりました。
2019年12月5日(PT) コアコンポーネント
多数の修正を含んだコアコンポーネントリリース 2.8.0 が、GitHub で入手できる開発者向け詳細およびプロジェクトのダウンロードと共に、使用可能になりました。
2019年11月20日(PT) AEM プロジェクトアーキタイプ
AEM プロジェクトアーキタイプは、AEM プロジェクトのフロントエンド開発を容易にする便利で柔軟なツールです。
2019年10月18日(PT)
AEM プロジェクトアーキタイプ
AEM プロジェクトアーキタイプは、独自の AEM プロジェクトの出発点として、ベストプラクティスにもとづいた Adobe Experience Manager プロジェクトを作成します。
2019年10月18日(PT)
ヘッドレスエクスペリエンス管理
単一ページアプリケーションのサーバー側レンダリングに使用される、リモートコンテンツレンダラー機能のドキュメントが作成されました。
2019年10月11日(PT) Activity Map

Adobe Analytics API 内のセキュリティ変更により、AEM に含まれているバージョンの Activity Map は使用できなくなりました。今後は、Adobe Analytics で提供される ActivityMap プラグインを使用してください。

2019年10月10日(PT) Cloud Manager

Cloud Manager バージョン 2019.10.0 は、2019年10月10日(PT)にリリースされました。

新機能のハイライトや、デプロイメント手順と Maven プロジェクトのバージョン処理についてのアップデートに関する 2019.10.0 のリリースノートを参照してください。

2019年10月8日(PT) AEM Screens

AEM Screens は、AEM 6.4.6 機能パック 6 および AEM 6.5.2 機能パック 2 をリリースしました。

詳しくは、機能パック 201909 のリリースノートを参照してください。

2019年10月1日(PT) JEE 上の AEM Forms インストール

Oracle 18c データベースドライバーの AEM Forms サポートが追加されました。

Platform マトリックス:https://helpx.adobe.com/content/dam/help/en/experience-manager/6-5/forms/pdf/prepare-install-single-server.pdf

https://helpx.adobe.com/content/dam/help/en/experience-manager/6-5/forms/pdf/install-cluster-websphere.pdf

https://helpx.adobe.com/content/dam/help/en/experience-manager/6-5/forms/pdf/install-single-server-websphere.pdf

2019年10月1日(PT) AEM Screens プロジェクトのベストプラクティスガイド

この新しいガイドは、意図したとおりにカスタマーエクスペリエンスを想像し、デザインし、デジタルサイネージの実装を導入するための包括的なインサイトと実用的なアドバイスを提供します。また、AEM Screens でデジタルサイネージプロジェクトをデプロイするときに従ったいくつかのベストプラクティスを使用して、ビジネスにプラスの影響をもたらす方法についても説明します。

詳しくは、AEM Screens プロジェクトのベストプラクティスガイドを参照してください。

2019年9月25日(PT) コアコンポーネント 埋め込みコンポーネントを導入したコアコンポーネントリリース 2.7.0 が、GitHub で入手できる開発者向け詳細およびプロジェクトのダウンロードと共に、使用可能になりました。
2019年9月25日(PT) AEM Assets 検索
アセットの検索と検出に関する最新のコンテンツは、使用、構成、トラブルシューティング、制限、およびヒントに関する情報のワンストップショップです。詳しくは、アセットの検索を参照してください。
2019年9月25日(PT) Scene7:アセット再処理ワークフロー

後で変更した既存の処理プロファイルがあるフォルダー内のアセットを再処理できるようになりました。

詳しくは、フォルダー内のアセットの再処理を参照してください。

2019年9月25日(PT) Dynamic Media ビューアと Adobe Analytics および Adobe Launch の統合

Dynamic Media ビューア 5.13 のリリースと共に、Adobe Launch の Dynamic Media ビューア拡張機能を使用すると、Dynamic Media、Adobe Analytics、Adobe Launch のユーザーは、Adobe Launch 設定で Dynamic Media ビューア固有のイベントとデータを使用できます。

詳しくは、Dynamic Media ビューアと Adobe Analytics および Adobe Launch の統合を参照してください。

2019年9月19日(PT) AEM 6.5 サービスパック 2 AEM 6.5 サービスパック 2(6.5.2.0)が入手可能になりました。
2019年9月9日(PT) AEM デスクトップアプリケーション AEM デスクトップアプリケーション v2.0 は、AEM Assets で作業するクリエイティブ、マーケティング担当者、および事業部門ユーザー向けに公開されています。詳しくは、リリースノートを参照してください。
2019年9月9日(PT) コアコンポーネント
コアコンポーネントのローカライズ機能と AEM テンプレートとの連携方法については、こちらの例
を参照してください。
2019年9月6日(PT) コアコンポーネント エクスペリエンスフラグメントコンポーネントを導入したコアコンポーネントリリース 2.6.0 が、GitHub で入手できる開発者向け詳細およびプロジェクトのダウンロードと共に、使用可能になりました。
2019年8月21日(PT) AEM 6.5 Screens ユーザーガイド ネットワークデプロイメントの基本に関する新しいセクションが公開されました。詳しくは、ユーザーガイドを参照してください。
2019年8月20日(PT) AEM Assets のスマートタグ
有効期限が切れた後の証明書のアップデート方法について説明しています。
2019年8月2日(PT) 新しい PDF ラスタライザーパッケージ
AEM Assets が重い AI/PDF ファイルを処理し、プレビューとサムネイルを生成するのに役立つ、新しいパッケージが利用可能です
2019年7月25日(PT) 異なるライセンスの AEM Assets 機能 スタンドアロン DAM ライセンスと AEM MediaLibrary で使用可能な AEM Assets の機能の一覧が AEM 6.5 リリース向けに更新されました。
2019年7月12日(PT) Dynamic Media Classic でのファイルのアップロード Dynamic Media Classic のアップロードオプションを設定ダイアログボックスのトピックが書き直され、更新されました。
2019年7月8日(PT) タッチ対応 UI への移行 タッチ対応 UI への移行に関する情報とリソースの一覧を示すランディングページです。
2019年7月3日(PT) エクスペリエンスフラグメント エクスペリエンスフラグメント Link Rewriter Provider - HTML
2019年7月3日(PT) AEM 6.5 サービスパック 1 AEM 6.5 サービスパック 1(6.5.1.0)が入手可能になりました。
2019年6月25日(PT) コアコンポーネント
新しいアコーディオン、ボタン、コンテナ、ダウンロードの各コンポーネントを含んだコアコンポーネントリリース 2.5.0 が、開発者向け詳細およびプロジェクトのダウンロードと共に GitHub で入手できるようなりました。
2019年6月17日(PT)
AEM Assets と Creative Cloud の統合 ベストプラクティスが、ビジネス要件の明確なマッピング、アドビのソリューションオファリング、およびカスタマー事例で更新されました。視覚に訴えるインフォグラフィックが追加されています。AEM Creative Cloud 統合のベストプラクティスを参照してください。
2019年6月3日(PT) リッチテキストエディター(RTE)

複合マルチフィールドコンポーネントを作成するサンプルにパッケージを追加しました。

お客様からのフィードバックに基づいて、トラブルシューティング FAQ を作成しました。

2019年5月31日(PT) AEM と Magento の統合 コマース統合フレームワーク
2019年5月24日(PT) AEM 6.5 のタッチ対応 UI 機能ステータス
AEM 6.5 のタッチ対応 UI 機能ステータスページを公開しました
2019年5月14日(PT) ビューアリファレンスガイド ビデオビューアや Video360 ビューアにおけるビデオプレーヤーの修飾子 preload に関するドキュメントを追加しました。
2019年5月14日(PT) Dynamic Media Classic Adobe Scene7 ユーザーガイドは、Adobe Dynamic Media Classic というブランドになりました。詳しくは、Dynamic Media Classic のドキュメントを参照してください。
2019年5月13日(PT) IS/IR API 画像カタログ属性リファレンスセクションに新しい BFC(ブラウザフォーマット変換)値を追加しました。
2019年5月08日(PT) コアコンポーネント
新しいコンテンツフラグメントリストコンポーネントを含んだコアコンポーネントリリース 2.4.0 が、開発者向け詳細およびプロジェクトのダウンロードと共に GitHub で入手できるようなりました。
2019年5月01日(PT) ビューアリファレンスガイド

360/VR ビデオに関するドキュメントを新しく追加しました。

2019年4月18日(PT) AEM 6.5 の参考資料

入手可能な参考資料は次のとおりです。

  • Adobe AEM 6.5.0 API
  • Granite UI(タッチ対応 UI )API ドキュメント
  • Coral UI ガイド
  • ウィジェット API(クラシック UI)ドキュメント
  • UI テストフレームワーク
  • JavaScript API リファレンス
  • 単一ページアプリケーションの JavaScript API リファレンス
2019年4月12日(PT) AEM 6.5 Screens ユーザーガイド

詳しくは、Windows 10 プレーヤーの実装を参照してください。

2019年4月08日(PT) AEM Assets フォルダー共有機能は廃止されました。詳しくは、フォルダー共有のベストプラクティスを参照してください。

Adobe Experience Manager 6.4

日付 トピック 変更内容
2019年12月12日(PT) AEM 6.4 サービスパック 7 AEM 6.4 サービスパック 7 が入手可能になりました。
2019年10月11日(PT) Activity Map

Adobe Analytics API 内のセキュリティ変更により、AEM に含まれているバージョンの Activity Map は使用できなくなりました。今後は、Adobe Analytics で提供される ActivityMap プラグインを使用してください。

2019年9月25日(PT) Scene7:アセット再処理ワークフロー

後で変更した既存の処理プロファイルがあるフォルダー内のアセットを再処理できるようになりました。

詳しくは、フォルダー内のアセットの再処理を参照してください。

2019年9月19日(PT) AEM 6.4 サービスパック 6
AEM 6.4 サービスパック 6(6.4.6.0)が入手可能になりました。
2019年9月9日(PT)
AEM デスクトップアプリケーション AEM デスクトップアプリケーション v2.0 は、AEM Assets で作業するクリエイティブ、マーケティング担当者、および事業部門ユーザー向けに公開されています。詳しくは、リリースノートを参照してください。
2019年9月6日(PT) AEM 6.4 ドキュメントのオープンソース

AEM 6.4 ドキュメントは、現在 GitHub から公開されています。ページを評価したり、問題を記録したりするだけでなく、投稿を通じてドキュメント作成に協力することもできます。投稿するには、行動規範と投稿者ガイド(https://github.com/AdobeDocs/experience-manager-64.en)をお読みください。

アップデートは、AEM ドキュメントへのプルリクエスト、および承認と公開を監視する製品チームを介して入手できます。

2019年8月20日(PT) AEM Assets のスマートタグ 有効期限が切れた後の証明書のアップデート方法について説明しています。
2019年8月2日(PT)
新しい PDF ラスタライザーパッケージ AEM Assets が重い AI/PDF ファイルを処理し、プレビューとサムネイルを生成するのに役立つ、新しいパッケージが利用可能です
2019年7月3日(PT) AEM 6.4 サービスパック 5 AEM 6.4 サービスパック 5(6.4.5.0)が入手可能になりました。
2019年6月17日(PT) AEM Assets と Creative Cloud の統合 ベストプラクティスが、ビジネス要件の明確なマッピング、アドビのソリューションオファリング、およびカスタマー事例で更新されました。視覚に訴えるインフォグラフィックが追加されています。AEM Creative Cloud 統合のベストプラクティスを参照してください。
2019年6月3日(PT) リッチテキストエディター(RTE)
設定記事に、すべてのプラグインを有効にした、サンプル設定として使用されるパッケージを追加しました。コミュニティのメンバーが、マルチフィールドコンポーネントを作成する方法に関するチュートリアルを投稿しました。
2019年4月4日(PT) install-aem-forms-add-on-package AEM 6.4 サービスパック 4(6.4.4.0)が入手可能になりました。
2019年2月22日(PT) ヘッドレスエクスペリエンス管理

高度にカスタマイズされたオムニチャネルエクスペリエンスの場合、AEM のヘッドレス実装は、カスタムフロントエンドアプリケーションと接続するための望ましい代替手段となります。

新しいヘッドレスエクスペリエンス管理ガイドは、コンテンツサービス、SPA、コンテンツフラグメント、エクスペリエンスフラグメント、HTTP API を含む、あらゆる AEM ヘッドレストピックの中心的な場所です。

2019年2月11日(PT) コラボレーションドキュメント

次の AEM ドキュメントセットは、新しいコラボレーションドキュメントプラットフォームに移行しました。

コンテンツは同じですが、表示方法が改善されました。さらにエキサイティングなのは、プルリクエストを介してドキュメントの提案を投稿したり、すべてのページにある Edit this pageLog an issue リンクを介して GitHub に問題を投稿できることです。皆さまからの投稿をお待ちしています。

2019年2月11日(PT) コアコンポーネント 区切り文字コンポーネントのリリース 2.3.0 が使用可能になりました。また、コンポーネントライブラリの改良により、コンポーネントの実験がさらに容易になりました。
2019年1月10日(PT) エクスペリエンスフラグメント Target に書き出し済みのエクスペリエンスフラグメントの削除に関するドキュメントを追加しました。
2019年1月9日(PT) 統合に関する問題のトラブルシューティング 新しい統合に関する問題のトラブルシューティングページが追加されました。
2018年12月20日(PT) AEM 6.4 サービスパック 3 AEM 6.4 サービスパック 3(6.4.3.0)が入手可能になりました。
2018年12月17日(PT) エクスペリエンスフラグメント - 構築ブロック 1 つ以上のコンポーネントを選択して、エクスペリエンスフラグメント内で再利用するための構築ブロックを作成できます。
2018年12月11日(PT) 使用可能なテンプレート 使用可能なテンプレートを定義する際の推奨事項を更新しました。
2018年12月11日(PT) 単一ページアプリケーション
Angular フレームワークの入門ガイドが利用可能になりました。
2018年12月07日(PT) AEM Livefyre のレシピ Adobe Experience Manager Livefyre の一般的なユースケースについての手順の説明。
2018年11月28日(PT) 単一ページアプリケーション AEM での SPA の開発原則設計モデルに関する記述を追加しました。
2018年11月28日(PT) 単一ページアプリケーション SPA のサーバーサイドレンダリング機能の技術的プレビューに関するドキュメントを公開しました。
2018年11月28日(PT) コアコンポーネント
コアコンポーネントのドキュメントを適宜更新しました。
2018年11月19日(PT) エクスペリエンスフラグメント 開発者向けのクイックスタートページで、We.Retail でのエクスペリエンスフラグメントの使用方法を重点的に説明しました。
2018年11月02日(PT) AEM Screens AEM Screens のドキュメントを、Sites ブランチから Screens 専用ブランチに移動しました。完全な統合ドキュメントについては、AEM Screens ユーザーガイドを参照してください。
2018年11月01日(PT) Cloud Manager Cloud Manager 2018.9.0 リリースでは、Cloud Manager の CI/CD パイプラインを他のシステムと統合するための Adobe I/O ベースの API(Adobe I/O Events など)をサポートするようになりました。また、React の UI レイヤーの書き直しにも着手しました。詳しくは、リリースノート(2018.9.0)を参照してください。
2018年10月25日(PT) Dynamic Media でのホットリンク保護 詳しくは、Dynamic Media でのホットリンク保護の有効化を参照してください。
2018年10月16日(PT) コアコンポーネント
タブコンポーネントとカルーセルコンポーネントのリリース 2.2.0 が使用可能になりました。また、画像、タイトル、ページの各コンポーネントの改善に加え、多数のバグ修正もおこなわれました。
2018年10月10日(PT)
単一ページアプリケーション AEM SPA エディター SDK フレームワークが AEM 6.4.2.0 の一部として使用できるようになり、ドキュメントも更新されました。
2018年10月03日(PT) 静的テンプレート
静的テンプレートへのデザインの適用方法を詳細に説明しました。
2018年10月03日(PT) AEM 6.4 サービスパック 2 AEM 6.4 サービスパック 2(6.4.2.0)が入手可能になりました。
2018年9月18日(PT) AEM Screens 動的埋め込みシーケンスを使用するには、チャネルロール別にチャネルを割り当てます。動的埋め込みシーケンスの使用により、ユーザーは階層に従うことができます。つまり、あるチャネルに対しておこなわれた変更/更新が、関連する他のチャネルにも反映されます。動的埋め込みシーケンスは、親子階層に従い、その中には画像やビデオなどのアセットも含まれます。
2018年9月12日(PT) Cloud Manager 自動スケーリングは、実稼動環境での Dispatcher/パブリッシュセグメントの水平方向スケールアウトによって有効になり、負荷、ボリューム、アクセスなどの定義済み監視対象指標の増加に対応できます。詳しくは、リリースノート(2018.7.0)を参照してください。
2018年8月29日(PT)
AEM Assets OAuth 統合を設定するために、AEM Assets 統合の設定AEM Assets と Brand Portal の連携の設定の記事で Adobe I/O ゲートウェイサービスについて説明しました。
2018年8月24日(PT) リッチテキストエディター
リッチテキストエディターの設定の記事を改訂しました。構成を見直し、足りない情報を補い、ワークフローのイラストを追加し、長文の記事を分割しました。
2018年8月24日(PT) 単一ページアプリケーション
AEM SPA エディター向けの単一ページアプリケーション(SPA)の開発に関するドキュメントが更新および拡張されました。
2018年8月16日(PT) Livefyre 統合 機能パック 2.0.6 リリース機能パックページを更新しました。
2018年7月19日(PT) コアコンポーネントリリース 2.1.0 リリース 2.1.0 では、画像コンポーネントの改善、新しいティーザーコンポーネントの導入、多数のバグ修正がおこなわれました。
2018年7月19日(PT) 画像サービングおよび画像レンダリング API

画像サービング 6.6.1 および画像レンダリング 6.6.1 が AEM の Dynamic Media と Dynamic Media Classic で利用できるようになりました。

詳しくは、このリリースについてを参照してください。

2018年7月17日(PT) ビューアリファレンスガイド

AEM の Dynamic Media と Dynamic Media Classic でビューア 5.10.1 が利用できるようになりました。

詳しくは、ビューアリリースノート(5.10.1)を参照してください。

2018年7月13日(PT) ビデオレポート

AEM Dynamic Media - ハイブリッドモードの複数のインストールにわたるビデオレポートを設定できるようになりました。

詳しくは、ビデオレポートの設定を参照してください。

2018年7月11日(PT) 画像の機能強化
機能パック 24267
2018年7月05日(PT) MC と CC の統合
Experience Cloud および Creative Cloud との AEM Assets 統合の設定の記事でバグの修正と編集上の改善をおこないました。
2018年7月05日(PT) アセットのスマートタグ
スマートタグの設定の記事を改訂して、構成の改善、バグの修正、関連記事とのクロスリンクの設定をおこないました。
2018年7月05日(PT) Adobe Analytics との統合
Adobe Analytics との統合ページに対して、様々な更新をおこないました。
2018年6月29日(PT) AEM 6.4.1.0 AEM 6.4.1.0 が使用可能になりました。
2018年6月25日(PT) タッチ UI タッチ操作対応 UI 機能のステータスページを 6.4 向けに更新しました。
2018年6月22日(PT) 単一ページアプリケーション

AEM SPA エディター内での SPA の動作、AEM での SPA のアーキテクチャ、AEM SPA と連携するように独自のコンポーネントを改良する例について説明する SPA コンテンツが追加されました。

2018年6月14日(PT) 拡張スマートタグ スマートコンテンツサービスを使用したアセットのタグ付けの設定方法に関するドキュメントを改訂しました。
2018年6月04日(PT) Cloud Manager AEM 6.4 での Cloud Manager の使用方法に関するドキュメントを公開しました。
2018年5月30日(PT)
パッケージ検証 パッケージの操作方法に関するドキュメントを更新し、ACL の検証を含む新しいパッケージ検証機能の詳細を追加しました。
2018年5月30日(PT) Activity Map 公開済みページの Activity Map 機能がページエディターで使用可能です。使用方法の説明。
2018年5月25日(PT)
GDPR 対応 AEM での GDPR 対応の説明。
2018年5月04日(PT) AEM 6.4 の参考資料

入手可能な参考資料は次のとおりです。

  • Adobe AEM 6.4.0 API
  • API の違い
  • Granite UI(タッチ操作向け UI)API ドキュメント
  • Coral UI ガイド
  • ウィジェット API(クラシック UI)ドキュメント
  • UI テストフレームワーク
  • JavaScript API リファレンス
  • Editor Core JavaScript API リファレンス
  • 単一ページアプリケーションの JavaScript API リファレンス
2018年4月25日(PT) Dynamic Media:カルーセルビューア Dynamic Media の新しいカルーセルビューアには、クリック可能なホットスポットまたは領域のあるズームできないバナー画像のカルーセルが表示されます。このビューアの目的は、「ショッパブルカルーセル」エクスペリエンスを実装することです。つまり、バナー画像上のホットスポットまたは領域を選択すると、顧客の Web サイトのクイックビューまたは製品詳細ページにリダイレクトされるようにすることです。デスクトップおよびモバイルデバイスで機能するよう設計されています。
2018年4月24日(PT)
単一ページアプリケーション

単一ページアプリケーション(SPA)により、Web サイトのユーザーに魅力的なエクスペリエンスを提供することができます。開発者にとっては、SPA フレームワークを使用してサイトを構築できると都合がよく。また、作成者にとっては、SPA として構築されたサイトのコンテンツを AEM 内でシームレスに編集できると便利です。

SPA オーサリング機能(現在は技術プレビューの段階)には、AEM 内で SPA をサポートするための包括的なソリューションが用意されています。

2018年4月04日(PT) AEM 6.4 リリース

Adobe Experience Manager 6.4 は、Adobe Experience Manager 6.3 コードベースのアップグレードリリースです。新機能と強化された機能、お客様向けの重要な修正、お客様向けの優先順位の高い機能強化、製品の安定性向上のための全般的なバグ修正が加えられています。また、すべての Adobe Experience Manager 6.3 機能パック、ホットフィックスおよびサービスパックリリースが含まれています。

以下を参照してください。

以前のコンテンツ

2017年10月24日(PT)をもって、レガシーバージョンの AEM ドキュメントは、新規の場所 Adobe Experience Manager、CQ、CRX の以前のバージョンに移行しました。

次のバージョンを移行しました。

  • AEM 6.3
  • AEM 6.2
  • AEM 6.1
  • AEM 6.0
  • AEM 5.6.1
  • AEM 5.6
  • CQ 5.5
  • CQ 5.4
  • CQ 5.3
  • CRX 2.3
  • CRX 2.2
  • CRX 2.1
  • CRX 2.0

一般的な更新

日付 トピック 変更内容
2018年2月14日(PT) AEM のリリースとアップデート

使用可能なすべての AEM リリースおよびアップデートのワンストップハブを公開しました。AEM 6.4、AEM 6.3、AEM 6.2、AEM 6.1 の最新の累積修正パック、サービスパック、機能パック、ホットフィックスにリンクしています。

詳しくは、AEM のリリースとアップデートを参照してください。

このページ