Adobe Experience Manager(AEM)as a Cloud Service の主な変更点

AEM as a Cloud Service は、AEM プロジェクトを管理するための様々な新機能と可能性を提供します。ただし、AEM as a Cloud Service と、オンプレミスまたは Adobe Managed Services の AEM Sites を比較すると、両者には数々の違いがあります。ここでは、重要な相違点について重点的に説明します。

主な違いは次の点にあります。

/apps と /libs が実行時に不変

/apps および /libs 内のコンテンツとサブフォルダーはすべて読み取り専用です。それらの変更が必要な機能やカスタムコードは、変更に失敗します。コンテンツが読み取り専用である、または書き込み操作を完了できなかったというエラーが返されます。これは、次のように、AEM の様々な領域に影響を及ぼします。

  • /libs では変更は一切できません。
    • これは新しいルールではありませんが、以前のオンプレミスバージョンの AEM では適用されていませんでした。
  • /libs 内のオーバーレイ可能な領域のオーバーレイについては、/apps 内では引き続き可能です。
    • このようなオーバーレイは、CI/CD パイプラインを通じて Git から取得する必要があります。
  • /apps に保存されている静的テンプレートデザイン情報は、UI では編集できません。
    • 代わりに、編集可能なテンプレートを利用することをお勧めします。
    • 静的テンプレートが引き続き必要な場合は、CI/CD パイプラインを通じて Git から設定情報を取得する必要があります。
  • MSM ブループリントおよびカスタム MSM ロールアウト設定は、CI/CD パイプラインを通じて Git からインストールする必要があります。
  • 多言語翻訳の変更は、CI/CD パイプラインを通じて Git から提供される必要があります。

OSGi バンドルおよび設定はリポジトリーベース

以前のバージョンの AEM で OSGi 設定の変更に使用されていた Web コンソールは、AEM as a Cloud Service では使用できません。したがって、OSGi の変更は CI/CD パイプラインを通じて導入する必要があります。

  • OSGi 設定の変更は、JCR ベースの OSGi 設定として Git 永続性機能を通じてのみ取得できます。
  • 新規または更新済みの OSGi バンドルは、CI/CD パイプラインのビルドプロセスの一環として Git を通じて導入する必要があります。

パブリッシュリポジトリーに対する変更は禁止

パブリッシュ層の /home フォルダー下での変更を除き、AEM Cloud Service では、パブリッシュリポジトリーを直接変更することはできません。オンプレミス AEM または AMS 上の AEM の以前のバージョンでは、パブリッシュリポジトリー内のコードを直接変更することができました。一部の制限は、次の方法で緩和することができます。

  • コンテンツおよびコンテンツベースの設定については、オーサーインスタンス上で変更を行って公開します。
  • コードと設定については、Git リポジトリー内で変更を行い、CI/CD パイプラインを実行して変更をロールアウトします。

カスタム実行モードは禁止

AEM as a Cloud Service には、次の実行モードが標準で用意されています。

  • author
  • publish
  • prod
  • author.prod
  • publish.prod
  • stage
  • author.stage
  • publish.stage
  • dev
  • author.dev
  • publish.dev

AEM as a Cloud Service では、追加またはカスタムの実行モードは使用できません。

レプリケーションエージェントの削除

AEM as a Cloud Service では、Sling コンテンツ配布を使用してコンテンツが公開されます。以前のバージョンの AEM で使用されていたレプリケーションエージェントは、使用も提供もされなくなりました。その結果、既存の AEM プロジェクトの次の領域に影響が出る可能性があります。

  • 例えば、プレビューサーバーのレプリケーションエージェントにコンテンツをプッシュするカスタムワークフロー。
  • レプリケーションエージェントのカスタマイズによるコンテンツの変換
  • リバースレプリケーションを使用した、パブリッシュからオーサーへのコンテンツの返却

クラシック UI の削除

AEM as a Cloud Service ではクラシック UI が使用できなくなりました。

パブリッシュ側の配信

AEM as a Cloud Service では、CDN やオーサーおよびパブリッシュサービスのトラフィック管理などの HTTP アクセラレーションがデフォルトで提供されます。

AMS 上やオンプレミスでのインストールからプロジェクトを移行する場合は、組み込みの CDN を利用することを強くお勧めします。AEM as a Cloud Service の機能は標準提供の CDN に最適化されているからです。

アセットの操作と配信

Experience Manager Assetsでは、アセットのアップロード、処理、ダウンロードがCloud Serviceとして最適化されています。 Assets がより効率的になり、より大きな拡大・縮小が可能になり、アップロードとダウンロードが大幅に高速化されました。また、既存のカスタムコードや一部の操作にも影響します。 変更点のリストとExperience Manager 6.5の機能と同等性については、 Assetsの変更点を参照してください。

このページ