翻訳統合フレームワークの設定

翻訳統合フレームワークは、AEM コンテンツの翻訳を組織化するためにサードパーティの翻訳サービスと統合されます。これには 3 つの基本的な手順が必要です。

  1. 翻訳サービスプロバイダーに接続します。
  2. 翻訳統合フレームワーク設定を作成します。
  3. クラウド設定をページに関連付けます。

AEM のコンテンツ翻訳機能の概要については、多言語サイトのコンテンツの翻訳を参照してください。

ヒント

コンテンツを翻訳することを初めておこなう場合は、 サイト翻訳ジャーニー、 AEMの強力な翻訳ツールを使用してAEM Sitesのコンテンツを翻訳する手順を示すガイド付きのツールです。AEMや翻訳の経験がないユーザーに最適です。

翻訳サービスプロバイダーへの接続

AEM を翻訳サービスプロバイダーに接続するためのクラウド設定を作成します。AEM には、Microsoft Translator にデフォルトで接続する機能が用意されています。

次の翻訳ベンダーは翻訳プロジェクト用の AEM API の実装を提供します。

コネクタパッケージをインストールしたら、コネクタ用のクラウド設定を作成できます。通常は、翻訳サービスで認証を行うための資格情報を指定する必要があります。Microsft Translator コネクタ用のクラウド設定の追加については、Microsoft Translator との統合を参照してください。

必要に応じて、同じコネクタに対して複数のクラウド設定を作成できます。例えば、同じベンダーを持つアカウントまたはプロジェクトごとに 1 つの設定を作成します。

接続を設定したら、それを使用する翻訳統合フレームワーク設定を作成できます。

翻訳統合フレームワーク設定の作成

翻訳統合フレームワーク設定を作成して、コンテンツの翻訳方法を指定します。 この設定には以下の情報が含まれます。

  • 使用する翻訳サービスプロバイダー
  • 人間による翻訳と機械翻訳のどちらを実行するか
  • ページまたはアセットに関連付けられている他のコンテンツ(タグなど)を翻訳するかどうか

フレームワーク設定を作成したら、設定に従って翻訳するページにクラウド設定を関連付けます。 翻訳プロセスが開始されると、関連するフレームワーク設定に従って翻訳ワークフローが進行します。

Web サイトのセクションが異なると、翻訳要件が異なる場合は、それに応じて複数のフレームワーク設定を作成します。 例えば、多言語の Web サイトに英語、スペイン語、日本語の言語コピーが含まれているとします。サイトの所有者は、スペイン語と日本語の翻訳に、2 種類の翻訳サービスプロバイダーを使用します。 したがって、フレームワークの 2 つの設定が設定されます。 設定ごとに異なる翻訳サービスプロバイダーが使用されます。

翻訳統合フレームワークの設定が完了したら、その設定を使用するページに関連付けることができます。

ヒント

AEM のコンテンツ翻訳機能の概要については、多言語サイトのコンテンツの翻訳を参照してください。

フレームワークの単一の設定によって、ページコンテンツとアセットの翻訳方法が制御されます。新しい翻訳設定を作成するには:

  1. グローバルナビゲーションメニューで、ツール/Cloud Services/Translation Cloud Services をクリックまたはタップします。
  2. コンテンツ構造内で設定を作成する場所に移動します。この場所は多くの場合、特定のサイトに基づいている場合もあれば、グローバルな場合もあります。
  3. フィールドに次の情報を入力し、「作成」をクリックまたはタップします。
    1. ドロップダウンで「設定タイプ」を選択します。
    2. 設定の​タイトル​を入力します。The タイトル は、 Cloud Service コンソールおよびページプロパティのドロップダウンリスト
    3. オプションとして、設定を格納するリポジトリーノードに使用する​名前​を入力します。
  4. 設定の編集​ウィンドウで、「Sites」タブと「Assets」タブのプロパティを設定し、「保存して閉じる」をクリックまたはタップします。

「Sites」の設定プロパティ

Sites 」タブは、ページのコンテンツの翻訳を実行する方法を制御します。

Sites の翻訳設定

プロパティ 説明
翻訳方法 このプロパティは、フレームワークがサイトコンテンツに対して実行する翻訳方法を定義します。
- 機械翻訳:翻訳プロバイダーは、リアルタイムに機械翻訳を用いて翻訳を行います。
- 人間による翻訳:コンテンツが翻訳プロバイダーに送信され、翻訳者によって翻訳されます。
- 翻訳しない:コンテンツは翻訳のために送信されません。これは、翻訳されないが最新のコンテンツで更新される可能性のある特定のコンテンツブランチをスキップするためです。
翻訳プロバイダー このプロパティは、翻訳を実行する翻訳プロバイダーを定義します。対応するコネクタがインストールされている場合は、プロバイダーがリストに表示されます。
コンテンツのカテゴリ (機械翻訳の場合のみ)翻訳するコンテンツを示すカテゴリです。カテゴリは、コンテンツを翻訳する際の用語や言葉遣いの選択を左右します。
タグを翻訳 このオプションを選択すると、ページに関連付けられているタグを翻訳できます。
ページのアセットを翻訳 このプロパティは、ファイルシステムからコンポーネントに追加されたアセットや、アセットから参照されたアセットを変換する方法を定義します。
- 変換しない:ページアセットは翻訳されません。
- サイト翻訳ワークフローの使用:「Sites」タブの設定プロパティに従ってアセットが処理されます。
- アセット翻訳ワークフローの使用:「Assets」タブのプロパティの設定に従ってアセットが処理されます。
翻訳を自動実行 翻訳プロジェクトの作成後に翻訳ジョブを自動的に実行する場合、このプロパティを有効にします。このオプションを選択すると、翻訳ジョブのレビューやスコーピングを行う機会はなくなります。
更新のみの翻訳を無効にする このオプションをオンにすると、翻訳プロジェクトを更新すると、前回の翻訳以降に変更されたフィールドだけでなく、翻訳用のすべての翻訳可能なフィールドが送信されます。

アセットの設定プロパティ

アセットのプロパティは、アセットを設定する方法を制御します。アセットの翻訳について詳しくは、アセット用の言語コピーの作成を参照してください。

Sites の翻訳設定

プロパティ 説明
翻訳方法 このプロパティは、フレームワークがアセットに対して実行する翻訳の種類を選択します。
- 機械翻訳:翻訳プロバイダーは、機械翻訳を用いて直ちに翻訳を行います。
- 人間による翻訳:コンテンツが自動的に翻訳プロバイダーに送信され、手動で翻訳されます。
- 翻訳しない:アセットは翻訳のために送信されません。
翻訳プロバイダー このプロパティは、翻訳を実行する翻訳プロバイダーを定義します。対応するコネクタがインストールされている場合は、プロバイダーがリストに表示されます。
コンテンツのカテゴリ (機械翻訳の場合のみ)翻訳するコンテンツを示すプロパティです。カテゴリは、コンテンツを翻訳する際の用語や言葉遣いの選択を左右します。
アセットを翻訳 翻訳プロジェクトにアセットを含めるには、このプロパティをアクティブにします。
メタデータを翻訳 アセットのメタデータを変換するには、このプロパティをアクティブにします。
タグを翻訳 アセットに関連付けられているタグを翻訳する場合は、このプロパティをアクティブにします。
翻訳を自動実行 翻訳プロジェクトの作成後に翻訳ジョブを自動的に実行する場合、このプロパティを選択します。このオプションを選択すると、翻訳ジョブのレビューやスコーピングを行う機会はなくなります。
更新のみの翻訳を無効にする このオプションをオンにすると、翻訳プロジェクトを更新すると、前回の翻訳以降に変更されたフィールドだけでなく、翻訳用のすべての翻訳可能なフィールドが送信されます。
翻訳用にコンテンツモデルフィールドを有効にする このオプションを有効にすると、コンテンツフラグメントモデルの​翻訳可能​フィールドを使用して、そのフィールドが翻訳されるかどうかを判断し、それに応じて自動的に翻訳ルールを作成します。このオプションは、作成済みの翻訳ルールより優先されます。

翻訳するページの設定

ソースページの他の言語への翻訳を設定するには、ページを次のクラウド設定に関連付けます。

  • AEMを翻訳プロバイダーに接続するクラウド設定。
  • 翻訳の詳細を設定する翻訳統合フレームワークです。

翻訳統合フレームワークのクラウド設定によって、サービスプロバイダーへの接続に使用するクラウド設定が識別されます。 ソースページをフレームワーククラウド設定に関連付ける場合、そのページは、フレームワーククラウド設定で使用されるサービスプロバイダークラウド設定に関連付ける必要があります。

ページをクラウド設定に関連付けると、そのページの子孫が関連付けを継承します。 例えば、/content/wknd/language-masters/en/magazine ページを翻訳統合フレームワークに関連付けると、magazine ページとその下にある子のページがフレームワークに従って翻訳されます。

必要に応じて、子ページの関連付けを上書きできます。例えば、Web サイトのコンテンツがほとんど旅行とライフスタイルに関するものだとします。しかし、ページの 1 つのブランチには企業の説明が記述されています。この場合、サイトのルートページは、ライフスタイルカテゴリを使用して機械翻訳を指定する翻訳統合フレームワークと関連付けられ、会社を説明する分岐は、一般カテゴリを使用して機械翻訳を実行するフレームワークを使用します。

翻訳プロバイダーへのページの関連付け

ページおよび子ページの翻訳に使用する翻訳プロバイダーにページを関連付けます。

  1. Sites コンソールで、設定するページを選択して、「プロパティを表示」をクリックまたはタップします。
  2. Cloud Services」タブをクリックまたはタップします。
  3. 設定を追加​ドロップダウンで、設定を選択します。
  4. 保存して閉じる」をクリックまたはタップします。

翻訳統合フレームワークへのページの関連付け

ページおよび子ページの翻訳を実行する方法を定義する翻訳統合フレームワークにページを関連付けます。

  1. Sites コンソールで、設定するページを選択して、「プロパティを表示」をクリックまたはタップします。
  2. Cloud Services」タブをクリックまたはタップします。
  3. 設定を追加​ドロップダウンで、設定を選択します。
  4. 保存して閉じる」をクリックまたはタップします。

このページ