アセットインサイト

アセットインサイトの機能を使用すると、サードパーティの Web サイト、マーケティングキャンペーン、アドビのクリエイティブソリューションで使用される画像のユーザー評価と使用状況統計を追跡できます。これにより、画像のパフォーマンスと人気に関するインサイトが提供されます。

アセットインサイトでは、画像の評価回数、クリック数、インプレッション数(画像が Web サイトに読み込まれた回数)など、ユーザーのアクティビティの詳細を取得します。これらの統計情報に基づいて画像にスコアを割り当てます。スコアとパフォーマンス統計を使用して、人気が高い画像を選び、カタログやマーケティングキャンペーンなどに含めることができます。このような統計に基づいて、アーカイブやライセンス更新のポリシーを策定することさえできます。

アセットインサイトが画像の使用状況統計を Web サイトから取得するためには、画像の埋め込みコードを Web サイトのコードに組み込む必要があります。

アセットインサイトでアセットの使用状況統計を表示できるようにするには、最初に Adobe Analytics からのレポートデータをフェッチするようにこの機能を設定します。詳しくは、アセットインサイトの設定を参照してください。この機能を使用するには、Adobe Analytics ライセンスを別途購入してください。

メモ

インサイトは画像に対してのみサポートされており、提供されています。

画像の統計情報の表示

メタデータページでアセットインサイトのスコアを確認できます。

  1. Assets ユーザーインターフェイスから、画像を選択し、ツールバーの「プロパティ」をクリックします。

  2. プロパティページで、「インサイト」をクリックします。

  3. インサイト」タブで、アセットの使用状況の詳細を確認します。「スコア」セクションには、アセットの全体的な使用状況とパフォーマンスのスコアが表示されます。

    使用状況のスコアは、アセットが様々なソリューションで使用された回数です。

    インプレッション数」のスコアは、アセットが Web サイトに読み込まれた回数です。「クリック数」の下に表示される数値は、アセットがクリックされた回数です。

  4. 使用状況の統計」セクションを見て、アセットが含まれているエンティティや最近使用されたクリエイティブソリューションを確認します。使用率が高いほど、ユーザーの間で人気のあるアセットであることを意味します。使用状況データは、次の見出しの下に表示されます。

    • アセット:アセットが、コレクションまたは複合アセットに含まれた回数
    • Web およびモバイル:アセットが Web サイトまたはアプリに含まれた回数
    • ソーシャル:アセットが Adobe Campaign などの他のソリューションで使用された回数。
    • 電子メール:アセットが電子メールキャンペーンで使用された回数

    usage_statistics

    メモ

    アセットインサイト機能は、通常 Adobe Analytics のソリューションデータを定期的にフェッチするので、「ソリューション」セクションには最新データが表示されていない場合があります。表示されるデータが対応する期間は、アセットインサイトが Analytics のデータを取得するために実行するフェッチ操作のスケジュールによって決まります。

  5. 特定の期間のアセットのパフォーマンス統計をグラフィカルに表示するには、「パフォーマンス統計」セクションで期間を選択します。クリック数やインプレッション数などの詳細がグラフの傾向線として表示されます。

    chlimage_1-3

    メモ

    「ソリューション」セクションのデータとは異なり、「パフォーマンス統計」セクションには最新データが表示されます。

  6. パフォーマンスデータを得るために Web サイトに組み込んだアセットの埋め込みコードを取得するには、アセットのサムネールの下の「埋め込みコードの取得」をクリックします。

    chlimage_1-98

画像の総統計の表示

インサイト表示​を使用すると、フォルダー内のすべてのアセットのスコアを同時に表示できます。

  1. Assets ユーザーインターフェイスで、インサイトを表示するアセットを含むフォルダーに移動します。
  2. ツールバーの「レイアウト」オプションをクリックして、「インサイト表示」を選択します。
  3. このページには、アセットの使用状況スコアが表示されます。様々なアセットのレーティングを比較して、洞察を導きます。

アセットインサイトの設定

Experience Manager Assets では、サードパーティ Web サイトで使用されているデジタルアセットの使用状況データを Adobe Analytics から取得します。アセットインサイトでこのようなデータを取得して洞察を得るためには、まず、Adobe Analytics と連携するようにこの機能を設定します。

メモ

インサイトのサポートおよび提供が行われるのは、画像に対してのみです。

  1. Experience Manager で​ツールアセット​をクリックします。

    chlimage_1-73

  2. Insights 設定」カードをクリックします。

  3. Analytics web サービスのアクセス情報については、 Analytics管理管理ツール会社設定web サービス に移動し、 共有された秘密鍵 をコピーします。

    ウィザードで、 データセンター を選択し、 会社 の表示名、web サービスの ユーザー名 を入力して、 共有暗号鍵 を貼り付けます。

    認証」をクリックします。

    Experience Managerのアセットインサイトに Adobe Analytics を設定する

    図:Experience Manager​のアセットインサイトに Adobe Analytics を設定する

  4. 認証が成功すると、ドロップダウンにレポートスイートが表示されます。Assets Insights でデータを取得する場所から Adobe Analytics レポートスイート を選択します。「追加」をクリックします。

  5. Experience Manager でレポートスイートが設定されたら、「完了」をタップします。

詳しくは、 Adobe Analytics web サービス を参照してください。

ページトラッカー

Adobe Analytics アカウントを設定すると、ページトラッカーコードが生成されます。サードパーティの Web サイトで使用されている Experience Manager アセットをアセットインサイトで追跡できるようにするには、Web サイトコードにトラッカーコードを組み込みます。Assets のページトラッカーユーティリティを使用してページトラッカーコードを生成してください。

  1. Experience Manager で​ツールアセット​をクリックします。

    chlimage_1-73

  2. ナビゲーション​ページで、「インサイトページトラッカー」カードをクリックします。

  3. ダウンロード」をクリックして、ページトラッカーコードをダウンロードします。

次のサンプルコードスニペットは、サンプル Web ページに組み込まれたページトラッカーコードです。

 <head>
            <script type="text/javascript" src="http://localhost:4502/xxxx/etc.clientlibs/dam/clientlibs/sitecatalyst/appmeasurement.js"></script>
            <script type="text/javascript" src="http://localhost:4502/xxxx/etc.clientlibs/dam/clientlibs/foundation/assetinsights/pagetracker.js"></script>
            <script type="text/javascript">
                                assetAnalytics.attrTrackable = 'trackable';
                assetAnalytics.defaultTrackable = false;
                assetAnalytics.attrAssetID = 'aem-asset-id';
                assetAnalytics.assetImpressionPollInterval = 200; // interval in millis
                assetAnalytics.charsLimitForGET = 2000; // bytes
                assetAnalytics.dispatcher.init("assetstesting","abc.net","bee","list1","eVar3","event8","event7");
            </script>

 </head>

このページ