Adobe WorkfrontとExperience Manager Assetsの間でのアセットメタデータマッピングの設定

アセットメタデータフィールドは、Adobe Workfrontと Assetas a Cloud Serviceアプリケーションの間でExperience Managerをマッピングできます。 メタデータフィールドのマッピングの結果、WorkfrontからExperience Manager Assetsにアセットを送信する際に、マッピングされたアセットメタデータをExperience Manager Assetsで表示できます。

例えば、画像をExperience Manager Assetsに送信する際に、画像の名前、説明、画像が属するプロジェクトのメタデータフィールドをWorkfrontで保持する必要がある場合は、これらのフィールドを設定してExperience Manager Assetsプロパティにマッピングします。

ユースケース

画像 add-users-workfront.pngMetadata Syncs プロジェクトをAdobe Workfrontアプリケーションで使用します。 次のメタデータを使用して、その画像をExperience Manager Assetsas a Cloud Serviceに送信する必要があります。

  • プロジェクト名

  • Document Name

  • ドキュメントの説明

前提条件

Workfrontでのメタデータマッピングの設定

Workfrontの「プロジェクト名」、「ドキュメント名」および「ドキュメントの説明」フィールドのメタデータマッピングを設定するには、次の手順に従います。

  1. メインメニューアイコンをクリックします。 メニューを表示 Adobe Workfrontアプリケーションの右上隅にある「 」をクリックし、 設定.

  2. 選択 ドキュメント 左のパネルで、「 Experience Manager Assets.

  3. Experience Manager Assets統合を選択し、 編集.

  4. クリック メタデータ. 内 Assets タブ、マップ プロジェクト > 名前 Workfrontフィールドから wm:projectName Experience Manager Assetsフィールド。 完全一致が見つからない場合、Adobeでは、WorkfrontとExperience Manager Assetsのフィールドをマッピングするうえで最適な一致を探すことをお勧めします。 様々なデータタイプのフィールドをマッピングするのを避けることができます。 例えば、日付のWorkfrontフィールドを説明の Assets フィールドにマッピングするとします。

  5. を 文書 > 名前 Workfrontフィールドから wm:documentName Experience Manager Assetsフィールド。

    Workfrontでのマッピング

  6. を 文書 > 説明 Workfrontフィールドから dc:description Experience Manager Assetsフィールド。

WorkfrontからExperience Manager Assetsに画像を送信

WorkfrontからExperience Manager Assetsに画像を送信するには:

  1. メインメニューアイコンをクリックします。 メニューを表示 Adobe Workfrontアプリケーションの右上隅にある「 」をクリックし、 プロジェクト.

  2. クリック 新規プロジェクト をクリックして、新しいプロジェクトを作成します。

  3. クリック ドキュメント 「 」オプションが左側のウィンドウに表示されている場合は、ドラッグして、Experience Manager Assetsに送信する必要のある画像を選択します。

  4. クリック 送信先」で、「 Experience Manager Assets Essentials 統合名」を選択します。

    AEMに送信

  5. アセットの保存先フォルダーを選択し、「 フォルダーを選択.

  6. 保存」をクリックします。

アセットメタデータマッピングのExperience Manageras a Cloud Service

Adobe Workfrontでのアセットメタデータマッピングの設定を使用する場合、Experience Manager Assets as a Cloud Serviceアプリケーションで同じマッピングを使用して、画像に適したメタデータの結果を表示する必要があります。

メタデータのマッピングは、Experience Manager Assetsのメタデータスキーマを使用して実行されます。 新しく追加したメタデータスキーマフォームまたは既存のメタデータスキーマフォームを編集できます。メタデータスキーマフォームには、タブとタブ内のフォーム項目が含まれています。これらのフォーム項目を CRX リポジトリーのメタデータノード内のフィールドにマップしたり、フォーム項目を設定したりできます。タブまたはフォーム項目をメタデータスキーマフォームに追加できます。詳しくは、 メタデータスキーマ.

Experience Manager Assets as a Cloud Serviceで新しいメタデータフォームを使用してメタデータマッピングを設定するには:

  1. ツールAssetsメタデータスキーマ​に移動します。

  2. ツールバーから「作成」をクリックします。ダイアログで、スキーマフォームのタイトルを入力し、「作成」をクリックして、フォーム作成プロセスを完了します。

  3. スキーマフォームを選択し、 編集.

  4. (オプション)メタデータスキーマフォームエディターで、 + をクリックして、Workfrontフィールド用の新しいタブを作成します。

  5. 次をクリック: フォームを作成 タブをクリックし、 1 行のテキスト コンポーネントをフォームに追加します。 フォームのコンポーネントをクリックします。 内 フォームを作成 タブ:

    1. 指定 Project Nameフィールドラベル フィールドに入力します。

    2. 指定 ./jcr:content/metadata/wm:projectNameプロパティにマッピング フィールドに入力します。 ガイドラインとして、次のテンプレートを使用して Experience Manager Assets のフィールドマッピングを定義します。

      ./jcr:content/metadata/<mapping defined for the field in workfront>

      Workfrontでマッピングを設定する際に、マッピングをおこないました wm:projectName 「Experience Manager Assets」フィールドから「プロジェクト/Workfrontに名前を付ける」フィールドに移動します。

      wm は名前空間名を参照し、 projectName は、プロパティのタイトルを指します。 以下を使用: namespace:propertyTitle 形式を使用して、メタデータフィールドのマッピングを定義します。

      AEMに送信

  6. 次をクリック: フォームを作成 タブをクリックし、 1 行のテキスト コンポーネントをフォームに追加します。 フォームのコンポーネントをクリックします。 内 フォームを作成 タブ:

    1. 指定 Document Nameフィールドラベル フィールドに入力します。

    2. 指定 ./jcr:content/metadata/wm:documentNameプロパティにマッピング フィールドに入力します。
      Workfrontでマッピングを設定する際に、マッピングをおこないました wm:documentName 「Experience Manager Assets」フィールドから「ドキュメント/Workfrontに名前を付ける」フィールドに移動します。

  7. 次をクリック: フォームを作成 タブをクリックし、 複数行テキスト コンポーネントをフォームに追加します。 フォームのコンポーネントをクリックします。 内 フォームを作成 タブ:

    1. 指定 Document Descriptionフィールドラベル フィールドに入力します。

    2. 指定 ./jcr:content/metadata/dc:descriptionプロパティにマッピング フィールドに入力します。
      Workfrontでマッピングを設定する際に、マッピングをおこないました dc:description 「Experience Manager Assets」フィールドから「ドキュメント/説明Workfront」フィールドに移動します。

  8. 保存」をクリックして、変更を保存します。

画像フォルダーへのメタデータ設定の適用

as a Cloud ServiceのExperience Managerでメタデータ設定を行った後、 Workfrontアプリケーションから送信された画像を含むフォルダー.

画像フォルダーにメタデータ設定を適用するには:

  1. ツールAssetsメタデータスキーマ​に移動します。

  2. 使用可能なリストからメタデータスキーマを選択し、「 フォルダーに適用.

  3. 保存先フォルダを選択 画像はAdobe Workfrontアプリケーションから送信されます をクリックし、 適用.

Experience Manager Assetsの画像に移動して、その画像に関連付けられているメタデータを表示できます。 画像を選択し、 プロパティ をクリックして、画像のメタデータを表示します。

このページ