ユーザー、グループ、ユーザーの役割の管理

管理者は、 Adobe Admin Consoleを使用して、Experience ManagerのAssets Brand Portalユーザーと製品プロファイルを作成し、Brand Portalユーザーインターフェイスを使用してその役割を管理できます。 これは閲覧者と編集者にはない権限です。

Admin Console には、組織に関連するあらゆる製品が表示されます。Adobe Analytics、Adobe Target、Experience ManagerAssets Brand Portalなど、任意のExperience Cloudソリューションが製品になります。 AEM Brand Portal 製品を選択し、製品プロファイルを作成する必要があります。

製品プロファイルは、8 時間おきに Brand Portal ユーザーインターフェイスと同期され、Brand Portal にグループとして表示されます。ユーザーを追加して製品プロファイルを作成し、それらの製品プロファイルにユーザーを追加したら、Brand Portal でユーザーとグループに役割を割り当てることができます。

メモ

Brand Portal でグループを作成するには、Adobe Admin Console から、ユーザー/ユーザーグループ​ではなく、製品/製品プロファイル​を使用します。Adobe Admin Console の製品プロファイルは、Brand Portal でグループを作成するために使用されます。

ユーザーの追加

製品管理者は、Adobe Admin Console を使用してユーザーを作成し、それらのユーザーを製品プロファイル(旧称:製品設定)に割り当てることができます。製品プロファイルは Brand Portal にグループとして表示されます。これにより、グループを使用して役割の管理やアセットの共有などの操作を一括して実行できます。

メモ

Brand Portal へのアクセス権がない新しいユーザーは、Brand Portal のログイン画面からアクセス権を申請できます。詳しくは、Brand Portal へのアクセス権の申請を参照してください。管理者は、通知領域にアクセス権申請の通知が届いたら、関連する通知をクリックして「アクセス権を付与」をクリックします。または、アクセス権申請の電子メールが届いたら、そこに記載されているリンクをクリックします。その後、Adobe Admin Console からユーザーを追加するには、以下の手順 4~7 をおこないます。

メモ

Adobe Admin Console には、直接または Brand Portal からログインできます。直接ログインした場合は、以下の手順 4~7 に従って、ユーザーを追加します。

  1. 上部の AEM ツールバーでアドビのロゴをクリックして、管理ツールにアクセスします。

    AEM ロゴ

  2. 管理ツールパネルの「ユーザー」をクリックします。

    管理ツールパネル

  3. ユーザーの役割ページで、「管理」タブをクリックし、「Admin Console を起動」をクリックします。

    ユーザーの役割で Admin Console を起動

  4. Admin Console で、以下のいずれかの手順を実行して、新しいユーザーを作成します。

    • 上部のツールバーの「概要」をクリックします。概要ページで、「Brand Portal」製品カードの「ユーザーを割り当て」をクリックします。

    Admin Console の概要

    • 上部のツールバーの「ユーザー」をクリックします。ユーザーページでは、左パネルの「ユーザー」がデフォルトで選択されています。「ユーザーを追加」をクリックします。

    Admin Console でユーザーを追加

  5. ユーザーを追加ダイアログで、追加するユーザーの電子メール ID を入力するか、入力中に表示される候補リストからユーザーを選択します。

    Brand Portal へのユーザーの追加

  6. 1 つ以上の製品プロファイル(旧称:製品設定)にユーザーを割り当てます。製品プロファイルに割り当てられたユーザーは、Brand Portal にアクセスできます。「この製品のプロファイルを選択してください」フィールドから、適切な製品プロファイルを選択します。

  7. 保存」をクリックします。新しく追加されたユーザーに「ようこそ」のメールが送信されます。招待されたユーザーは、「ようこそ」のメールに記載されているリンクをクリックして、Brand Portal にアクセスできます。ユーザーは、Admin Console で設定されたメール ID(Adobe ID、Enterprise ID、またはフィードID)を使用してログインできます。詳しくは、初回のログイン操作を参照してください。

    メモ

    ユーザーが Brand Portal にログオンできない場合は、組織の管理者が Adobe Admin Console にアクセスして、そのユーザーが存在しており、1 つ以上の製品プロファイルに追加されていることを確認してください。

    管理者権限の付与について詳しくは、ユーザーへの管理者権限の付与を参照してください。

製品プロファイルの追加

Admin Console の製品プロファイル(旧称:製品設定)は、Brand Portal でグループを作成するために使用されます。これにより、Brand Portal 内で役割の管理やアセットの共有などを一括して実行できます。Brand Portal は、デフォルトで使用可能な製品プロファイルです。これとは別の製品プロファイルを作成し、その新しい製品プロファイルにユーザーを追加することもできます。

メモ

Admin Console には、直接または Brand Portal からログインできます。Admin Console に直接ログインした場合は、以下の手順 4~7 に従って、製品プロファイルを追加します。

  1. 上部の AEM ツールバーでアドビのロゴをクリックして、管理ツールにアクセスします。

    AEM ロゴ

  2. 管理ツールパネルの「ユーザー」をクリックします。

    管理ツールパネル

  3. ユーザーの役割ページで、「管理」タブをクリックし、「Admin Console を起動」をクリックします。

    Admin Console の起動

  4. 上部のツールバーの「製品」をクリックします。

  5. 製品ページでは、「製品プロファイル」がデフォルトで選択されています。「新しいプロファイル」をクリックします。

    新しい製品プロファイルの追加

  6. 新しいプロファイルを作成ページで、プロファイル名、表示名およびプロファイルの説明を入力します。また、ユーザーがプロファイルに追加された場合やプロファイルから削除された場合に電子メールで通知するかどうかも選択します。

    製品プロファイルの作成

  7. 完了」をクリックします。例えば、次の例では、製品設定グループ「Sales group」が Brand Portal に追加されています。

    製品プロファイル

製品プロファイルへのユーザーの追加

Brand Portal グループにユーザーを追加するには、Admin Console で、対応する製品プロファイル(旧称:製品設定)にユーザーを追加します。ユーザーは個別に追加することも、一括で追加することもできます。

メモ

Admin Console には、直接または Brand Portal からログインできます。Admin Console に直接ログインした場合は、以下の手順 4~7 に従って、製品プロファイルにユーザーを追加します。

  1. 上部のツールバーのExperience Managerロゴをクリックして、管理ツールにアクセスします。

    AEM ロゴ

  2. 管理ツールパネルの「ユーザー」をクリックします。

    管理ツールパネル

  3. ユーザーの役割ページで、「管理」タブをクリックし、「Admin Console を起動」をクリックします。

    Admin Console の起動

  4. 上部のツールバーの「製品」をクリックします。

  5. 製品ページでは、「製品プロファイル」がデフォルトで選択されています。ユーザーを追加する製品プロファイル(例:Sales group)を開きます。

    製品プロファイル

  6. 製品プロファイルにユーザーを個別に追加するには、以下の手順を実行します。

    • ユーザーを追加」をクリックします。

    Brand Portal で製品プロファイルをマッピングするためのグループ

    • Sales group にユーザーを追加ページで、追加するユーザーの電子メール ID を入力するか、入力中に表示される候補リストからユーザーを選択します。

    グループへのユーザーの追加

    • 保存」をクリックします。
  7. 製品プロファイルにユーザーを一括で追加するには、以下の手順を実行します。

    • 省略記号(…)/CSV を利用してユーザーを一括追加​を選択します。

    ユーザーの一括追加

    • CSV を利用してユーザーを一括追加​ページで、CSV テンプレートをダウンロードするか、CSV ファイルをドラッグ&ドロップします。

    CSV でのユーザーの追加

    • アップロード」をクリックします。

    デフォルトの製品プロファイル Brand Portal にユーザーを追加した場合は、追加したユーザーの電子メール ID 宛に、「ようこそ」の電子メールが送信されます。招待されたユーザーは、「ようこそ」の電子メールに記載されているリンクをクリックし、Adobe ID を使用してサインインすることで、Brand Portal にアクセスできます。詳しくは、初回のログイン操作を参照してください。

    ユーザーをカスタム製品プロファイルや新しい製品プロファイルに追加したときに、そのユーザーに電子メール通知が送信されることはありません。

ユーザーへの管理者権限の付与

システム管理者または製品管理者の権限を Brand Portal ユーザーに付与することができます。Admin Console で使用可能なその他の管理権限(製品プロファイル管理者、ユーザーグループ管理者、サポート管理者などの権限)は付与しないでください。これらの役割について詳しくは、管理ロールを参照してください。

メモ

Admin Console には、直接または Brand Portal からログインできます。Admin Console に直接ログインした場合は、以下の手順 4~8 に従って、製品プロファイルにユーザーを追加します。

  1. 上部の AEM ツールバーでアドビのロゴをクリックして、管理ツールにアクセスします。

    AEM ロゴ

  2. 管理ツールパネルの「ユーザー」をクリックします。

    管理ツールパネル

  3. ユーザーの役割ページで、「管理」タブをクリックし、「Admin Console を起動」をクリックします。

    Admin Console の起動

  4. 上部のツールバーの「ユーザー」をクリックします。

  5. ユーザーページでは、左パネルの「ユーザー」がデフォルトで選択されています。管理者権限を付与するユーザーの名前をクリックします。

    Admin Console でのユーザーの追加

  6. ユーザープロファイルページ下部の「管理権限」セクションで、省略記号(…)/管理者権限を編集 を選択します。
    Admin Console の管理者権限

  7. 管理者を編集ページで、「システム管理者」または「製品管理者」を選択します。

    Admin Console での管理者権限の編集

    メモ

    Brand Portal では、システム管理者と製品管理者の役割のみをサポートしています。

    システム管理者の役割は使用しないことをお勧めします。なぜなら、システム管理者の役割は、組織のすべての製品に対する組織レベルの管理者権限を付与することになるからです。例えば、3 つのマーケティングクラウド製品を扱う組織のシステム管理者は、これら 3 つの製品に対するすべての権限を保有します。Experience ManagerAssets からBrand Portalにアセットを公開できるようにシステム管理者のみがExperience ManagerAssets を設定できます。 詳しくは、Brand Portal でのExperience Managerアセットの設定を参照してください。

    それに対して、製品管理者の役割は、特定の製品に対する管理者権限のみを付与します。Brand Portal 内で、より詳細なアクセス制御を適用する場合は、製品管理者の役割を使用して、製品を「Brand Portal」として選択します。

    メモ

    Brand Portal は、製品プロファイル管理者(旧称:設定管理者)の権限をサポートしていません。ユーザーに製品プロファイル管理者の権限を割り当てることは避けてください。

  8. 管理者タイプの選択を確認し、「保存」をクリックします。

    メモ

    ユーザーの管理者権限を失効するには、管理者を編集​ページで適切な変更をおこない、「保存」をクリックします。

ユーザーの役割の管理

管理者は、Brand Portal でユーザーの役割を変更できます。

管理者の役割以外にも、Brand Portal は、次の役割をサポートしています。

  • 閲覧者:この役割を持つユーザーは、管理者から共有されたファイルやフォルダーを表示できます。また、アセットの検索とダウンロードも可能です。ただし、他のユーザーとコンテンツ(ファイル、フォルダー、コレクション)を共有することはできません。
  • エディター:この役割を持つユーザーは、閲覧者の権限をすべて保有します。さらに、他のユーザーとコンテンツ(フォルダー、コレクション、リンク)を共有できます。
  1. 上部の AEM ツールバーでアドビのロゴをクリックして、管理ツールにアクセスします。

    AEM ロゴ

  2. 管理ツールパネルの「ユーザー」をクリックします。

    管理ツールパネル

  3. ユーザー役割ページでは、「ユーザー」タブがデフォルトで選択されています。役割を変更するユーザーの​役割​ドロップダウンから、「エディター」または「閲覧者」を選択します。

    ユーザーの役割の変更

    複数のユーザーの役割を同時に変更するには、ユーザーを選択し、役割​ドロップダウンから適切な役割を選択します。

    メモ

    管理者ユーザーの役割リストは無効になっています。管理者ユーザーを選択して、役割を変更することはできません。

    メモ

    ユーザーがエディターグループのメンバーの場合は、ユーザーの役割も無効になっています。ユーザーの編集権限を失効するには、エディターグループからそのユーザーを削除するか、グループ全体の役割を「閲覧者」に変更します。

  4. 保存」をクリックします。対応するユーザーの役割が変更されます。複数のユーザーを選択している場合は、すべてのユーザーの役割が同時に変更されます。

    メモ

    ユーザー権限の変更は、ユーザーが Brand Portal に再ログインするまで、ユーザー役割​ページに反映されません。

グループの役割および権限の管理

管理者は、Brand Portal で特定の権限をユーザーグループに関連付けることができます。ユーザーの役割​ページの「グループ」タブでは、管理者は次の操作をおこなうことができます。

  • ユーザーグループに役割を割り当てる
  • ユーザーグループが Brand Portal から画像ファイル(.jpeg、.tiff、.png、.bmp、.gif、.pjpeg、x-portable-anymap、x-portable-bitmap、x-portable-graymap、x-portable-pixmap、x-rgb、x-xbitmap、x-xpixmap、x-icon、image/photoshop、image/x-photoshop、.psd、image/vnd.adobe.photoshop)のオリジナルのレンディションをダウンロードすることを制限する
メモ

リンクとして共有されたアセットの場合、画像ファイルのオリジナルのレンディションへのアクセス権限は、アセットを共有しているユーザーの権限に基づいて適用されます。

特定のグループメンバーがオリジナルのレンディションにアクセスするための役割および権限を変更するには、次の手順に従います。

  1. ユーザーの役割​ページで、「グループ」タブに移動します。

  2. 役割を変更するグループを選択します。

  3. 役割​ドロップダウンリストから、適切な役割を選択します。

    グループのメンバーに対し、ポータルまたは共有リンクからダウンロードした画像ファイル(.jpeg、.tiff、.png、.bmp、.gif、.pjpeg、x-portable-anymap、x-portable-bitmap、x-portable-graymap、x-portable-pixmap、x-rgb、x-xbitmap、x-xpixmap、x-icon、image/photoshop、image/x-photoshop、.psd、image/vnd.adobe.photoshop)のオリジナルレンディションへのアクセスを許可するには、そのグループの「オリジナルへのアクセス」オプションを選択したままにします。デフォルトでは、「オリジナルへのアクセス」オプションはすべてのユーザーで選択されています。ユーザーグループがオリジナルのレンディションにアクセスできないようにするには、そのグループに対応するオプションの選択を解除します。

    ユーザーグループの役割

    メモ

    ユーザーが複数のグループに追加されていて、そのいずれかのグループが制約を受ける場合、そのユーザーにはこの制約が適用されます。

    また、管理者は、画像ファイルのオリジナルのレンディションへのアクセスに関する制約を受けません(その管理者が制約対象となるグループのメンバーである場合も、制約は適用されません)。

  4. 保存」をクリックします。対応するグループの役割が変更されます。

    メモ

    ユーザーとグループの関連付け、またはユーザーのグループメンバーシップは、8 時間おきに Brand Portal と同期されます。ユーザーまたはグループの役割の変更は、次回の同期ジョブの実行後に反映されます。

このページ