Adobe Experience Manager 6.5.5.0

Adobe Experience Manager 6.5.5.0 は、2019年4月​に 6.5 リリースが一般公開されて以降にリリースされた新機能や、お客様からリクエストされた主な機能強化をはじめ、パフォーマンス、安定性、セキュリティの改善を含む重要な更新プログラムです。Adobe Experience Manager 6.5 にインストールできます。

Adobe Experience Manager 6.5.5.0 で導入された主な機能および機能強化は、次のとおりです。

  • 匿名での CRXDE Lite へのアクセスは許可されていません。 そのため、ユーザーにはログイン画面が表示されます。CRXDE Lite を利用した開発を参照してください。

  • Experience Manager インボックスはカスタマイズすることができます。例えば、列のデフォルトタイトルを変更したり、列の位置を並べ替えたり、さらにはワークフローのデータに基づいて追加の列を表示したりすることが可能です。administrators または workflow-administrators グループのメンバーは、列をカスタマイズできます。詳しくは、 管理者コントロールを参照してください。

Experience Manager インボックス列のカスタマイズ

  • ページエディター、コアコンポーネント、RTE、管理者ユーザーインターフェイスなど、Experience Manager の web コンテンツ管理(WCM)の様々な領域におけるアクセシビリティが向上しました。

  • エージェント UI を使用すれば、各インタラクティブ通信の 1 つ以上のドラフトを保存し、後でそのドラフトを取得して作業を続行できます。それぞれのドラフトに異なる名前を指定して、区別することもできます。詳しくは、インタラクティブ通信をドラフトとして保存を参照してください。

ドラフトとして保存

  • JEE における Experience Manager Forms での Oracle WebLogic 12 のサポート。

  • Adobe Experience Manager Assets ユーザーインターフェイスのフローでの例外処理の改善。

  • Dynamic Media Scene7 の公開 URL を取得するために、新しいメソッド getRemoteAssetPublishURLcom.day.cq.dam.api.s7dam.scene7.ImageUrlApi インターフェイスに追加されました。

  • Web コンテンツアクセシビリティのガイドライン(WCAG)に準拠するために、Adobe Experience Manager Assets で アクセシビリティが強化されました。

  • Adobe Experience Manager 内からパッケージ共有の統合を削除しました。

  • 組み込み型のリポジトリー(Apache Jackrabbit Oak)をバージョン 1.22.3 に更新しました。

以下は、 Experience Manager 6.5.5.0 リリースで提供される修正のリストです。

Sites

  • Experience Manager Sites には、エイリアスからページを公開または非公開にするオプションが用意されている。このオプションが機能しない(NPR-33415)。
  • 複数のテンプレートを含むテンプレートからレイアウトコンテナを削除すると、そのテンプレートが正しくレンダリングされない(NPR-33347)。
  • Experience Manager Sites ページが、複数のライブコピーを含む大きなコンテンツセットに含まれている場合、ページバージョン履歴プレビューの読み込みに失敗する(NPR-33311)。
  • 「移動」コマンドを使用して Experience Manager Sites ページの名前を変更すると、ページタイトルが更新されない(NPR-33264)。
  • 列表示内でページを移動すると、列が消える(NPR-33216)。
  • 言語コピーのローカルコンポーネントの名前がブループリント内のコンポーネントの名前と同じで、そのコンポーネントがブループリントからロールアウトされる場合、_msm_moved という用語がローカルコンポーネントの名前に追加されない(NPR-33208)。
  • ResourceType が cq:Page でない場合、ページリダイレクトサーブレットによって Experience Manager Sites の URL に .html が追加される(NPR-33176)。
  • サブツリーを貼り付ける場合、対応するサブページを貼り付けるかどうかを決定するオプションがない(NPR-33149)。
  • コンポーネントのライブ使用の結果数は、49 個に制限される(NPR-33058)。
  • スキーマをベースにしたコンテンツフラグメントに、必須のテキスト領域またはパスフィールドが含まれている場合、そのコンテンツフラグメントの保存に失敗する(NPR-33007)。
  • デフォルトのエクスペリエンスフラグメントコンポーネントを使用してカスタムコンポーネントを作成し、Experience Manager Sites ページで使用すると、Experience Manager にカスタムコンポーネントの参照(使用状況)が表示される(NPR-32852)。
  • 多数の参照を含むフォルダーの名前を変更すると、そのフォルダーへの参照の多くが更新されない(NPR-32765)。
  • ソース編集オプションを有効にすると、インラインフルスクリーンオプションで使用できるようになりますが、リッチテキストエディターの編集ダイアログやフルスクリーンオプションでは表示される(NPR-32763)。
  • 複数のフィールドに、ブループリントのページプロパティの必須フィールド(ドロップダウンやパスフィールドなど)が含まれている場合、そのような複数フィールドを含むページがロールアウトされると、ライブコピーのページプロパティが保存されない(NPR-32751)。
  • スクリーンリーダーで、見出し構造を使用してページを移動できない。また、「コンポーネント」タブに間違ったラベルが付けられる(NPR-32648)。
  • ページネーションが始まると、エクスペリエンスフラグメントピッカーが一部の項目を読み込みむ(NPR-32605)。
  • ライブコピーの読み取り、変更、作成、削除を行う作成者権限が取り消されます。 各作成者は、ブループリント内でページを移動するために、読み取りおよび変更の権限を明示する必要があった(NPR-32550)。
  • コンテンツ作成者が、Adobe Analytics とっ統合されたページのローンチの作成に失敗する(NPR-32548)。
  • ユーザーが同期を使用して継承を再開すると、親ページのライブコピーがブループリントと同期されず、誤ったステータスが表示される(NPR-32500)。
  • Experience Manager Sites エディターページの読み込みに 15 秒以上かかる(NPR-32413)。
  • 一部のフィールドで、「継承をキャンセル」オプションが表示される(NPR-32362)。
  • エクスペリエンスフラグメントコンポーネントのパスを選択し、「選択ダイアログを開く」チェックボックスを選択した場合、パスブラウザーで選択されたパスに移動しない (NPR-32308)。
  • Experience Manager 6.2 から Experience Manager 6.5 にアップグレードすると、静的テンプレートの Parsys コンポーネントが正しく表示されない。 Parsys コンポーネントの高さが 0 に設定され、その中のコンポーネントが表示されない(NPR-33663)。
  • ユーザーがレイアウトコンテナを同じページにコピーして貼り付けると、レイアウトコンテナ内のコンポーネントが表示されない(NPR-33648)。
  • Dispatcher ヘルスチェックでログファイルに Invalid cookie header 警告メッセージが表示される(NPR-33629)。
  • PreferencesServlet に XSS が反映される (NPR-33438)。
  • 匿名ユーザーが CRXDE Lite 機能にアクセスできる (GRANITE-27790)。

アクセシビリティの改善 (6.5.5.0)

  • テキスト情報を追加することでエラーレポートを改善しました。

  • キーボードナビゲーション中のユーザーインターフェイスのフォーカスを改善しました。

  • 様々なユーザーインターフェイス要素のコントラスト比を改善しました。

  • ページ画像の alt 属性の一貫性を改善しました。

  • アクセス可能なリッチインターネットアプリケーション (ARIA) ラベルの一貫性を改善しました。

  • 非ビジュアルデスクトップアクセス (NVDA) 機能を改善しました。

  • スクリーンリーダーのサポートを改善。

Sites のその他の主な機能強化

  • ページツリーをコピーまたは貼り付ける際に、ルートページを貼り付けるか、ルートページをツリーのサブページと共に貼り付けるかのいずれかのオプションが追加されました。

  • Adobe Target ワークスペースに書き出された Adobe Experience Manager Experience Fragments フラグメントは、Target で一意のオファータイプおよびオファーソースとして表示されるようになりました。

  • マルチサイトマネージャー - コンポーネントがソースページから削除された場合、公開トリガーにより、公開されたページからコンポーネントが削除されるようになりました。

  • マルチサイトマネージャー - ライブコピー内のローカルコンポーネントの名前がブループリント内のコンポーネントの名前と同じで、コンポーネントがブループリントからロールアウトされる場合、_msm_moved という用語がローカルコンポーネントの名前に追加されるようになりました。

Assets

重要

Experience Manager desktop app の Windows ユーザーは、Adobe Experience Manager 6.5.5.0 インスタンスの DAM リポジトリーにアクセスするために、デスクトップアプリバージョン 2.0.3.2 にアップグレードすることをお勧めします。デスクトップアプリバージョン 2.0.2 を使用して Adobe Experience Manager 6.5.5.0 インスタンスの DAM リポジトリーにアクセスすると、問題が発生する可能性があるためです。

Experience Manager Assets でのアクセシビリティの機能強化

  • アセットのタイムラインパネルで、「新しいバージョンを作成」の下にあるコメントリストと、バージョンコメントを作成できるクリック可能なオプションにキーボードでフォーカスできるようになった(NPR-33424)。

  • アセットの「表示設定」オプションにアクセスし、キーボードのキーを使用して表示設定ダイアログで設定を変更できるようになった(NPR-33420)。

  • コンボボックスの(異なるページの様々なフィールドの)リストボックスポップアップに、スクリーンリーダーによって読み上げられるオプションのリストとしてエントリが表示されるようになった(NPR-33516)。

  • 並べ替え可能なヘッダーの並べ替え機能(リスト表示ではタイムライン 表示、および公開を管理ページ)がスクリーンリーダーによって読み上げられ、キーボードを使用して列ヘッダーの並べ替えコントロールにアクセスできるようになった(NPR-32979)。

  • コメントカード、バージョン更新、コンボボックス、メニューの山形アイコンなどのクリック可能な要素にフォーカスを設定し、キーボードを使用して操作できるようになった(NPR-33514)。

  • インサイトビューで(使用状況、インプレッションおよびクリック数に関する)インサイトアイコンの機能(またはアクションの目的)がスクリーンリーダーによって正しく読み上げられるようになった(NPR-33513)。

  • 読み取り専用フォームフィールド(例えば、アセットのプロパティの「基本」タブの無効なフィールド)が、キーボードを使用してフォーカスできるようになった(NPR-33493、CQ-4273031)。

  • 様々な入力フィールドのラベルが、テキストを入力すると消えた、プレースホルダーラベルだけでなく、永続的なラベル(したがってアクセス可能)になった (NPR-33475)。

  • スクリーンリーダーのユーザーが、異なる見出しレベル(ページタイトルやセクション見出しなど)を異なるレベルの見出しとして認識できるようになった(NPR-33471)。

  • リンクやオプションなどのインタラクティブなユーザーインターフェイス要素(アセットページのヘッダーとズームオプション、フォルダーナビゲーション)が、キーボードを使用してアクセスできるようになった(NPR-33468、CQ-4271412)。

  • 公開を管理ページの「オプション」、「範囲」、「ワークフロー」の進行状況インジケーターが、スクリーンリーダーによってタブではなく進行状況インジケーターとして正しく読み上げられるようになった(NPR-33416)。

  • 視覚や色覚に障害のあるユーザーにもわかりやすいよう、星評価アイコンの色(アセットのプロパティの「詳細」タブの「評価」セクションやカード表示など)が適切なコントラストを変更(NPR-33414)。

  • アセットの詳細ページの「コメント」フィールドの横にある山形の上向き矢印に、キーボードのキーを使用してアクセスできるようになった(NPR-33397)。

  • アセットのプロパティと左側のパネルのナビゲーション(アセットのユーザーインターフェイス上)のタグダイアログの展開状態と折りたたみ状態が、スクリーンリーダーによって正しく通知されるようになった(NPR-33396)。

  • Adobe Experience Manager Assets 上のすべての参照済みページのタイトルが一意になった(NPR-33343)。

  • ツリー構造をナビゲートする際に、ツリービューコントロールの様々な要素がスクリーンリーダーによって正しく読み上げられるようになった(NPR-33304)。

  • アセットの詳細ページのタイムラインビューにある異なるバージョンのアセットに、キーボードのキーを使用してアクセスできるようになった(NPR-33283)。

  • オムニサーチコンボボックスに表示される検索候補の名前が、検索機能を使用する際にスクリーンリーダーによって通知されるようになった(NPR-33280)。

  • 参照レールのクリック可能な要素と「リンクに移動」が、スクリーンリーダーによってクリック可能な要素として読み上げられるようになった(NPR-33278)。

  • リンクを共有ダイアログが開いたときに、ダイアログのテーブル構造情報(行 1、セル 1、テーブルなど)がスクリーンリーダーによって読み上げられるようになった(NPR-33268)。

  • 様々なコンボボックス要素の目的(アセットプロパティの「基本」タブの「パス」フィールドや「選択ダイアログを開く」オプションなど)が、スクリーンリーダーによって正しく読み上げられるようになった(NPR-33235)。

  • リストビューテーブルの行が選択可能であるという情報が、キーボードフォーカスを合わせたときにスクリーンリーダーのユーザーに伝わるようになった。ポインターが行に合わさると、スクリーンリーダーが情報をアナウンスする (NPR-33234)。

  • プロパティの「基本」タブの「タグ」フィールドで選択した、各タグを削除するオプション(x)に、スクリーンリーダーからアクセスできるようになった(NPR-33206)。

  • スクリーンリーダーのユーザーと目の見えるキーボードユーザーが、キーボードを使用してカレンダーの日付選択をフォーカスおよび操作できるようになった(NPR-33200)。

  • リストビューとカードビューを切り替えるトグルで、その機能(表示の調整)がスクリーンリーダーに正しく表示されるようになった(NPR-33069)。

  • 左側のパネルのメニューにアクセスできるようになった。メニューを展開する機能と目的は、スクリーンリーダーによって適切にアナウンスされる (NPR-33068)。

  • 目の見えないスクリーンリーダーユーザーがリストボックスやその他の多くのユーザーインターフェイス要素にアクセスできるようになり、それらに関する次の情報がスクリーンリーダーによって読み上げられるようになった(NPR-33040)。

    • フォームを送信する前に、ユーザーが要素を入力する必要があるかどうか。
    • 要素が編集できないかどうか。
    • ウィジェットが選択されているかどうか。
  • フィルターのサイドバーを開くオプションに、キーボードを使用してアクセスできるようになった(NPR-32842、CQ-4273018)。

  • リストビューの列ヘッダーのチェックボックスコントロールがアクセシブルになり、コントロールを使用する目的がスクリーンリーダーによって読み上げられるようになった(NPR-32722、NPR-33005)。

  • カレンダー日付選択の時間 (HH) および分 (mm) フィールドのラベルが、プレースホルダーラベルではなく永続的なラベルになり、ユーザーがこれらのフィールドにテキストを入力すると表示されなくなった (NPR-32720)。

  • 通知のリンクテキスト(ベルのアイコンをクリックすると表示される)が、タブを使用して各リンクにアクセスできるスクリーンリーダーユーザーに対して読み上げられるようになった(NPR-32645)。

  • インサイトビューのアセットカードの「選択」、「ダウンロード」、「プロパティ」、「その他のアクション」オプションにキーボードを使用してアクセスできるようになった(NPR-32609)。

  • キーボードを使用してアクセスした際、スクリーンリーダーによって非表示のコンテンツ(検索結果のヘッダーメニューバーのコンテンツなど)が通知されなくなった(NPR-32606)。

  • カレンダー日付選択で次の月と前の月に移動するコントロールのラベルの目的が、スクリーンリーダーによって読み上げられるようになった(NPR-32604)。

  • キーボードキーを使用して星評価アイコンをフォーカスし、操作できるようになった (NPR-32513)。

  • ビデオボリュームを制御する機能に、キーボードの(ボリュームスライダーにフォーカスする)タブと(ボリュームを調整する)矢印キーでアクセスできるようになった(NPR-32065)。

  • 下限(送信者)および上限(宛先)ファイルサイズフィルターの入力フィールドが、目の見えないスクリーンリーダーユーザーに対して読み上げられるようになった(NPR-32064)。

  • 作成と翻訳フォームの言語メニューに、スクリーンリーダーが参照モードでアクセスできるようになった(CQ-4293906)。

  • 参照パネルに次の機能強化を追加し、アクセシビリティを実現(NPR-33261、CQ-4293798)。

    • 参照モードで、スクリーンリーダーのフォーカスが、「サイト参照」、「アセット参照」、「コピー」、「フォーム参照」セクションの下の非表示の複数行編集フィールドに移動しなくなった。

    • スクリーンリーダーで、サイト参照および言語コピー要素の役割が読み上げられるようになった。

    • 参照モードでのスクリーンリーダーのフォーカスが、意味のある順序で様々な要素に切り替わる。

  • メタデータスキーマエディターページとその要素がキーボードを使用してアクセスできるようになり、スクリーンリーダー対応になった(CQ-4290962、CQ-4272953)。

  • X シンボルの目的は、選択したタグの数と共にスクリーンリーダーによって読み上げられるようになった(CQ-4273017)。

  • スクリーンリーダーを使用する目の見えないユーザーが混乱しないよう、スクリーンリーダーで装飾用のアイコンと画像が無視されるようになった(CQ-4272944)。

Experience Manager Assets で修正された問題

Adobe Experience Manager 6.5.5.0 Assets では、次の問題が修正されました。

  • コレクション内のアセットのワークフローの作成ダイアログの「開始」オプションが無効になっているため、ワークフローがトリガーされない(NPR-32471)。

  • メタデータスキーマでカスケードポップアップを使用する場合、(子ドロップダウンから)アポストロフィを含むドロップダウンオプションを選択して保存すると、アセットのプロパティを再度開いた後、選択したアポストロフィオプションが表示されなくなる(NPR-32649)。

  • アセットインサイト同期ジョブが停止し、次のエントリに移動する代わりに(Analytics 側で)無効なエントリが検出された場合に失敗する(NPR-32674)。

  • パノラマビューアのモバイルブラウザーでは、モーションセンサーがデフォルトで無効になっているので、ジャイロスコープが機能しない(CQ-4272937)。

  • 6.5.1 に 6.5.3 をインストールすると、Connected Assets 設定ウィザードが 404 エラーで動作しなくなる(NPR-32730)。

  • XMP の書き戻しプロセス中に、すべてのカスタム名前空間メタデータプロパティが、設定された名前空間プレフィックスとは異なり、カスタム名前空間プレフィックスを ns2 に変更する(NPR-32748)。

  • 遅延読み込みはトリガーされず、通知インボックスからタスクを確認するために選択すると、100 個のアセットのみが表示される(NPR-32750)。

  • NullPointerException が新しく作成されたユーザープロファイル(SAML/SSO)でノードの環境設定が見つからないために表示される。このエラーにより、新しくログインしたユーザーは Adobe Experience Manager Stock 統合を使用できない(NPR-32777)。

  • 10,000 個を超えるアセットを含むスマートコレクションを開くと、ログにトラバーサルの警告が表示される(NPR-32980)。

  • Dynamic Media Scene7 実行モードで動作している Adobe Experience Manager でアセットをフォルダー間で移動すると、アセット名が小文字に変更される(NPR-32995)。

  • 検索結果からアセットのプロパティに移動し、検索結果に戻って削除した後に検索されたアセットを削除できない(NPR-32998)。

  • アセットを移動インターフェイスで宛先フォルダーを選択しても、「次へ」オプションが無効のままになる(NPR-33356)。

  • 親ノード(単一の子フォルダーが表示される)を選択した後で子フォルダーを選択すると、「次へ」オプションが有効にならない(NPR-33275)。

  • 読み取り、作成、変更などの他の権限が付与されている場合でも、削除権限を持つ Adobe Asset Link(AAL)でのチェックインおよびチェックアウトの権限が無効になる(NPR-33272)。

  • スマート切り抜きレンディションがアセットのダウンロードダイアログで使用できない(NPR-33167)。

  • スマート切り抜きプロファイルを持つフォルダーの下で PDF のレンディションパネルを開くとログに例外が表示される (CQ-4294201)。

  • Dynamic Media Scene7 実行モードの Experience Manager で Dynamic Media 同期モードがデフォルトで無効になっている場合、画像プリセットが公開されない(CQ-4294200)。

  • バルクアップロード中のアセット処理が停止し、ワークフローインスタンスに DAM 更新アセットのスタックインスタンスが表示される(CQ-4293916)。

  • Experience Manager での Dynamic Media 設定の作成は機能するが、ユーザーインターフェイスで「保存」を選択しても何も起こらない(CQ-4292442)。

  • Safari/Mac でのプログレッシブ再生で、F4V ビデオアセットのプレビューが機能しない (CQ-4289844)。

  • 名前にドット . 文字が含まれる親フォルダー内にあるアセットをスマート切り抜きするときに追加フォルダーが作成される(CQ-4289337)。

  • サムネールが壊れ、ビデオのコピー時にビデオ処理バナーが表示されない (CQ-4284125)。

  • ディメンショナルビューアで、空のカメラビューを持つ一部のモデルについて、Firefox で誤って空のサムネールが表示される(CQ-4283447)。

  • 6.5.5.0 で修正されたパフォーマンスの問題は次のとおりです(CQ-4279206)。

    • 大きなバイナリを Dynamic Media Image Processing Server にアップロードする際、非常に時間がかかる。

    • Dynamic Media Scene7 アーキテクチャが原因で、Experience Manager でのサムネール生成時間が長くなる。

  • 多数のアセットを持つ顧客の場合、Dynamic Media Scene7 の移行に関する問題が失敗する(CQ-4279206)。

  • setVideo を使用すると 360 ビデオビューアのレイアウトが崩れ、video= modifier の使用時にビデオが下に移動する(CQ-4263201)。

  • Experience Manager SDL パッケージのインストール中にエラーメッセージが表示される(NPR-33175)。

  • Experience Manager に SSRF に関連する脆弱性がある(NPR-33435)。

Dynamic Media(6.5.5.0)での 3D アセットのサポート

Dynamic Media で 3D 画像がサポートされるようになり、顧客は web ページやアプリケーションに 3D コンテンツを公開したり追加したりできます。サポートには以下が含まれます。

  • 一般的な 3D アセット形式を公開し、web ページなどのアプリケーションで使用できるアセット URL を生成します。

  • Adobe Dimension を活用した 3D web ビューアを使用して、公開した 3D アセットをインタラクティブに表示できます。

  • Sites WCM コンポーネントを使用して、Experience Manager Sites ページに一般的な 3D アセットを公開し表示します。

Platform

  • sling:match マップエントリが /etc/maps の下に作成されている場合、Sling フィルターが呼び出されない(NPR-33362)。
  • Apache Lucene でのセグメント化エラーが原因で Experience Manager がクラッシュする(NPR-32988)。
  • Jackson コアパッケージが Experience Manager の uberjar ファイルに見つからない(NPR-32848)。
  • CRXDE Lite は、ノードの jcr:primaryType プロパティに関する読み取り権限を持っていないユーザーのコンテンツを読み込まない(NPR-32611)。
  • Experience Manager のデプロイメント中、Granite メンテナンスタスクスケジューラーによって頻繁に再初期化が行われる(CQ-4294627)。
  • SQL クエリが長時間(例えば 7 時間)実行されると、Experience Manager が応答を停止する(NPR-33044)。

ユーザーインターフェイス

  • ラジオボタンの選択が Multifield で保持されない(NPR-33309)。
  • リスト表示で遅延読み込み制限が機能しない(NPR-33124)。
  • 一致する結果がない場合に、オムニサーチの結果ページにメッセージが表示されない(NPR-32974)。
  • オムニサーチフィルターが、選択された場所を無視して、/content ノード下にある一致するすべての結果を返す(NPR-32849)。

統合

  • Adobe Target コンポーネントを含むページが公開されると、内部キャッシュがクリアされる(NPR-33162)。
  • Adobe Target との統合が Windows Internet Explorer 11 で機能しない(NPR-33111)。
  • Adobe Target を設定する際、レポートソースを選択したときに、会社フィールドおよびレポートスイートフィールドが表示されない(NPR-32502)。
  • Adobe I/O を使用して Experience Fragments をエクスポートするとき、ソース製品などのメタデータが Adobe Target にエクスポートされない(NPR-32159)。
  • ローカルの Experience Manager 管理者グループの承認済み IMS ユーザーが、IMS 設定を作成または変更できない(NPR-33045)。
  • Adobe Launch 設定ページに、一部のレコードが表示されない(NPR-33011)。
  • JavaScript エラーにより、content-authors グループのユーザーが Adobe Target コンポーネントのプロパティを編集できない(NPR-32996)。
  • JSON のクロスサイトスクリプティング(NPR-32744)。

翻訳プロジェクト

  • 翻訳されたタグが、サードパーティの翻訳サービスから Experience Manager にインポートされない(NPR-33154)。
  • 翻訳設定ページに、翻訳に使用したものとは異なる翻訳プロバイダーが表示される(NPR-32971)。
  • 既存の翻訳プロジェクトにエクスペリエンスフラグメントフォルダーを追加すると、新しいプロジェクトが作成される(NPR-32843)。
  • 翻訳ジョブの実行時にログに NullPointerException エラーが表示される(NPR-32628)。

WCM

  • ページエディター - Sites ページエディターでは、キーボードのみのユーザーが、ヘッダーで使用可能なすべてのオプションに対してタブでフォーカスを移動せずに、メインコンテンツにスキップできない(CQ-4293883)。
  • ページエディター - Chrome および Firefox のバージョンが更新されたので、Well コンポーネントを使用し保存済みデータを含んだパネルが表示されない(CQ-4292995)。
  • MSM - ページからコンポーネントを削除しても、ページの公開済みバージョンからコンポーネントが削除されない(CQ-4292360)。

Brand Portal

  • 公開済みのメタデータスキーマを Brand Portal から削除すると、エラーが発生する(CQ-4292063)。
  • 管理者が Adobe 開発者コンソールで Experience Manager Assets 6.5.4 と Brand Portal の連携を設定した場合、Brand Portal ユーザーが投稿フォルダーのアセットを Brand Portal から Experience Manager に公開できない(NPR-33046)。
  • 親フォルダーの重複レプリケーションが原因で競合が発生する(NPR-33001)。

Communities

  • モデレートコンソールでクイック編集メニューオプションを使用してカードを削除できない(NPR-33117)。
  • アクティビティストリームページへのアクセス時にエラーが発生する(NPR-33146)。
  • オーサーインスタンスで削除されたグループが、必ずしもすべてのパブリッシュインスタンスから削除されない(NPR-33199)。
  • Internet Explorer 11 で、新しいグループを作成した後、作成者が「コミュニティグループ」セクションにリダイレクトされない(NPR-33205)。
  • Experience Manager インボックス内のメッセージにアクセスしても、メッセージのステータスが読み取り済みに変更されない(NPR-32764)。
  • Communities グループを編集してサムネール画像を変更しても、グループのサムネール画像が更新されない(NPR-32599)。
  • ユーザーがコミュニティ内の別のユーザーに電子メールを送信できない(NPR-32598)。
  • 送信されたブログが、ユーザーがページを更新するまで表示されない(NPR-32391)。
  • ユーザー生成コンテンツ(UGC) の通知および購読のバージョンを作成する際に、ソースページの誤った ID が保存される(CQ-4279355、CQ-4289703)。
  • クロスサイトスクリプティングの問題(NPR-33203)。

ワークフロー

  • 左パネルの「タイムライン」オプションで、読み込みに予想以上の時間がかかる(NPR-32851)。
  • Experience Manager インスタンスを再起動した後、コレクションのレビュータスクの電子メールに、誤ったペイロードリンクが含まれる(NPR-32774)。

Forms

メモ

Experience Manager サービスパックには、Forms の修正が含まれていません。別の Forms アドオンパッケージを使用して配布されます。さらに、JEE 上の AEM Forms の修正を含む累積インストーラーがリリースされています。詳しくは、JEE 上の Experience Manager Forms のインストールを参照してください。

  • Correspondence Management:ターゲット領域内のアセットの順序が、レターの送信後に入れ替わる(NPR-33359、NPR-33153)。
  • アダプティブフォーム:ユーザーがアダプティブフォームを編集すると、ページ情報メニューの「ワークフローを開始」オプションが機能しない(NPR-33004)。
  • アダプティブフォーム:複数の添付ファイルを含むアダプティブフォームをユーザーが保存できない(NPR-32997)。
  • アダプティブフォーム:アダプティブフォームでパネルレイアウトを変更すると、エラーが発生する(CQ-4293880)。
  • アダプティブフォーム:アダプティブフォームディクショナリの文字列に新しい行を追加すると、ディクショナリに 
 文字が追加される(NPR-33266)。
  • アダプティブフォームのアクセシビリティ:ユーザーがアダプティブフォームを HTML フォームとしてプレビューする場合、「手書き署名」フィールドがタブフォーカスを保持できない(NPR-33159)。
  • アダプティブフォームのアクセシビリティ:アダプティブフォームの送信時に表示されるエラーメッセージが aria-describedBy属性にリンクしていない(NPR-33071)。
  • アダプティブフォームのアクセシビリティ:アダプティブフォームで必須とマークされたフィールドの ARIA アクセシビリティスキーマで必須属性が「True」に設定されていない(NPR-33070)。
  • PDFG サービス:ユーザーがテキストファイルを PDF に変換すると、日本語の文字が正しく表示されない(NPR-33238)。
  • PDFG サービス:CreatePDF 操作で、PDF ファイルを PDF OCR 形式に変換できない(NPR-32994)。
  • PDFG サービス:OpenOffice ドキュメントの 200 番目のインスタンスの PDF 変換が失敗する(NPR-32766)。
  • BackendIntegration:非アクティブな状態が正しくないことが原因で更新トークンの有効期限が切れると、フォームデータモデルのリクエストが失敗する(NPR-33169)。
  • Designer:スクリーンリーダーは、XDP ファイルで定義されたカスタムのタブ順序の代わりに、デフォルトの地理的順序に基づいてタブ順序を実行する (NPR-32160)。
  • Designer:タグ付けオプションが有効になっている場合、生成された PDF 出力にはサブフォームの境界線が表示されない(NPR-32778)。
  • GuideSOMProviderServlet を使用して XSS を格納する(NPR-32700)。
  • JEE Document Security における Experience Manager 6.5 Forms は、Apache Struts 2 に基づいています。
  • Oracle Real Applications Cluster (RAC) 19c のサポートを追加。
  • フォームデータモデルでは、SOAP Web サービスをデータソースとして使用する際、X-509 証明書ベースの認証がサポートされるようになりました。詳しくは、SOAP web サービスの設定を参照してください。

UberJar

UberJar for Experience Manager 6.5.5.0 は、Maven Central リポジトリーで入手できます。

Maven プロジェクトで UberJar を使用するには、UberJar の使用方法を参照し、プロジェクト POM に次の依存関係を含めます。

<dependency>
     <groupId>com.adobe.aem</groupId>
     <artifactId>uber-jar</artifactId>
     <version>6.5.5</version>
     <scope>provided</scope>
</dependency>
メモ

UberJar およびその他の関連アーティファクトは、Adobe のパブリック Maven リポジトリー (repo.maven.apache.org) ではなく、Maven Central リポジトリーで入手できます。 メインの UberJar ファイルの名前は、「uber-jar-<version>.jar」に変更されます。そのため classifier が存在せず、apis が値として dependency タグに使用されます。

このページ