Adobe Experience Manager 6.5.11.0

Adobe Experience Manager 6.5.11.0 には、2019年4月に 6.5 が一般リリースされた後にリリースされた新機能、お客様から要望のあった主な機能強化、パフォーマンスや安定性、セキュリティの改善が含まれています。サービスパックは Adobe Experience Manager 6.5 にインストールされます。

Adobe Experience Manager 6.5.11.0 で導入された主な機能と機能強化は次のとおりです。

  • 複数行テキストデータタイプのマルチフィールドサポートを追加しました。

  • ユーザーがバックグラウンドで現在実行中の非同期ジョブを認識し、同じパスで複数の非同期操作をトリガーしないようにする機能強化。

  • SEO インデックスパッケージを使用すると、SEO 用のサイトマップの自動生成が可能です。Core Components でサイトマップ、代替 URL、ロボットメタタグなどをサポートします。

  • ユーザーエクスペリエンスが改善され、フォルダー内に存在するアセットの数が表示されます。1 つのフォルダー内のアセットが 1000 個を超える場合、Assets には「1000+」と表示されます。

    フォルダー内のアセット数

  • ビジネスプロファイルは Adobe Asset Link に対応しています。

  • Dynamic Media Classic デスクトップアプリケーションを経由する代わりに、Dynamic Media を使用して一般設定を設定できるようになりました。詳しくは、Dynamic Media の一般設定を参照してください。

    DM の一般設定

  • Dynamic Media Classic デスクトップアプリケーションを経由する代わりに、Dynamic Media を使用して公開設定を設定できるようになりました詳しくは、Dynamic Media の公開設定を参照してください。

    DM 公開設定

  • 組み込み型のリポジトリ(Apache Jackrabbit Oak)を 1.22.9 に更新しました。

Experience Manager 6.5.11.0 リリースで提供される修正のリストは次のとおりです。

Sites

次の問題は Sites で修正されています。

  • コンテンツフラグメントを作成するためのテンプレートが、コンテンツフラグメントの作成時に表示されません(SITES-3365)。

  • 正規表現と「一意」フィールドのオプションが、コンテンツフラグメントエディターの appsUrl モデルで機能しません(SITES-1823)。

  • 以前のサービスパックをインストールすると、設定が /libs ではなく /apps/system ノードに追加されます(SITES-3203)。

  • 以前のサービスパックをインストールすると、コンテンツフラグメントを利用する機能が通常どおり機能しなくなります(SITES-3151)。

  • コンテンツフラグメントモデルコンソールで並べ替えが機能しません(SITES-2722)。

  • GraphiQL はモデル(スキーマ)を読み込んでおらず、エンドポイント JSON でエラーが発生している (SITES-2428)。

  • コンテンツフラグメントモデルに追加された列挙フィールドタイプが、コンテンツフラグメントモデルエディターに表示されません(SITES-2391)。

  • タグのデータ型が特定のデータ型をサポートしていません(SITES-2390)。

  • コンテンツフラグメント REST API が古いタグ値を書き出します(SITES-2386)。

  • パンくずの矢印がコンテンツフラグメントエディターで正しく配置されません(SITES-2341)。

  • 大きなデータセットでは、コンテンツフラグメント参照の検索が遅い(SITES-2147)。

  • 「CopyUrl」オプションはコンテンツフラグメントエディターでは不適切です(SITES-2007)。

  • 関連するモデルと共にコンテンツフラグメントが公開された場合、モデルに重大な変更が導入されても、警告が表示されません(SITES-1988)。

  • コンテンツフラグメントモデルの URL の編集が、コンテンツフラグメントモデルを編集するユースケースごとに異なります(SITES-1980)。

  • インラインの新しいコンテンツフラグメントアクションを使用して同じタイトルの 2 つのコンテンツフラグメントを作成すると、ウィザードが同じフラグメントパスを返します(SITES-1978)。

  • コンテンツフラグメントモデルの検索ファセットでオートコンプリートが機能しません(SITES-1976)。

  • コンテンツフラグメントにネストされたフラグメントの巨大な階層が含まれている場合、サイドパネルを読み込むと、コンテンツフラグメントエディターが応答しなくなります(SITES-1974)。

  • フラグメントピッカーパスのグローバル検索が機能しません(SITES-1973)。

  • コンテンツフラグメントの移動時に参照が更新されます(SITES-1897)。

  • ページを作成するオプションがカード表示と列表示に表示されない (NPR-37549)。

  • ローンチページ上のコンポーネントを並べ替える際に、ローンチの昇格時にコンポーネントの並べ替えが保持されません(NPR-3753)。

  • リスト内のすべての項目を選択するオプションがロールアウトページで機能しません(NPR-37443)。

  • 複数のページをスケジュールに沿ってアクティベートすると、wcm-workflow-service ユーザーの新しい JCR セッションが開きます(NPR-37417)。

  • Sites コンソールのフォルダーの移動操作が失敗し、「選択した項目のローンチ情報を取得できませんでした」というエラーメッセージが表示されます(NPR-37340)。

  • ブループリントのサムネールを生成し、ライブコピーにロールアウトすると、ライブコピーのサムネール後のタブの継承が壊れます(NPR-37190)。

  • ライブコピーを表示するフィルターの述語で、すべてのライブコピーが表示されません(NPR-37126)。

  • レプリケーションイベントハンドラーが作成者で呼び出されたときに、削除の対象としてマークされたすべての親ページと子ページのリストをレプリケーションイベントが返しません(NPR-37123)。

  • 複数の値を持つプロパティをバルクエディターで保存する場合、コンマ区切りの文字列が配列の最初の要素として保存されます(NPR-37089)。

  • コンポーネントのレイアウトのサイズ変更がモバイルレイアウトで機能しない (NPR-37086)。

  • ロールアウト設定を追加した後、ページプロパティを保存すると、ライブコピーレベルで新しいノードが誤って作成されます(NPR-37084)。

  • ユーザーが、新しいマスターページのページプロパティを使用してライブコピーを作成したり、ロールアウトしたりすることができません(SITES-3442)。

  • タグがタイトルでなくタグ名を表示し、プロパティレベルで継承がキャンセルされた場合にタグプロパティが正しく機能しないので、クローズオプションでタグが完全に削除されません(NPR-36831)。

  • すべての項目の選択を解除するオプションが機能せず、ライブコピーのリストが表示されるページのテーブルの最初の行とヘッダーが重なります(NPR-37070)。

  • ワークフローで使用されるカスタムダイアログで、ダイアログの検証を試みると、Experience Manager が失敗し、ブラウザーコンソールにエラーが表示されます(GRANITE-35049)。

Adobe Experience Manager Sites では、アクセシビリティが次のように強化されました。

  • スクリーンリーダーが、「サイト参照」オプションと「言語コピー」オプションの役割をアナウンスするようになりました(SITES-1791)。

  • ブラウザーモードのフォーカスの順序が、ユーザーインターフェイスの様々なオプションで順番に移動するようになりました(SITES-1791)。

  • スクリーンリーダーが、選択されたツリー項目が選択された状態であるかどうかを読み上げ、また、アクション領域が表示されたことをユーザーにアナウンスするようになりました(SITES-2109)。

  • スクリーンリーダーが、フィルターの選択またはページの検索時に読み込みインジケーターがある場合にアナウンスするようになった (SITES-1790)。

  • 「フィルター」オプションが左側のパネルに検索結果を返さない場合に、スクリーンリーダーがアナウンスするようになりました(SITES-1599)。

  • 参照モードで移動する場合、Enter キーが押されたときに、スクリーンリーダーが、コンテンツページの役割と、ページの選択状態を読み上げます(SITES-1579)。

  • 「メモの追加」オプションが選択されている場合、スクリーンリーダーが読み上げるようになりました(SITES-1573)。

  • フォームフィールドにプレースホルダーとは別の視覚的なラベルが追加され、スクリーンリーダーユーザーがフィールド値の入力時に適切にガイドされるようになりました(SITES-1258)。

Assets

Assets では、アクセシビリティが次のように強化されました。

  • Assets リポジトリーのカード表示で、フォーカス時にクイックアクションを開く最初の項目に Tab キーを使用してフォーカスを移動すると、スクリーンリーダーはフォーカスされた項目の名前を読み上げます。

  • Dynamic Media ビューアプリセットエディターで、シャドウの色と境界線の色が設定されていない場合、無効プロパティを使用して入力が無効になります。キーボードユーザーは入力にフォーカスできず、スクリーンリーダーがコントロールの状態を無効と読み上げません。

  • Dynamic Media では、新しいビデオエンコーディングプロファイルを作成するためのインターフェイスにある「スマート切り抜き率」オプションに、アクセシビリティ対応のラベルが付いているので、スクリーンリーダーが適切に読み上げます。

  • これで、キーボードを使用して Experience Manager Assets のリファレンスリストコントロールにアクセスすることができます。

Assets では、以下の問題が修正されました。

  • contributor グループのユーザーが DAM アセットリポジトリーに移動すると、コレクションの作成を求める POST 例外リクエストがトリガーされます。この POST リクエストが失敗し、ログにエラーが反映されます(NPR-37171)。

  • ネストされたフォルダー構造を持つブループリントのライブコピーを作成する場合に、ソースフォルダーの変更されたプロパティがライブコピーフォルダーで更新されません(NPR-37449)。

  • 複数のアセットを選択し、メタデータフィールドの値を変更してそのアセットを保存しても、値が保持されません。また、メタデータの変更内容が適用されません(NPR-37341)。

  • 複数のアセットを選択してプロパティを変更すると、カスタムプロパティ(ドロップダウン)の値がデフォルト値によって上書きされます(NPR-36437)。

  • パンフレット、チラシおよび InDesign テンプレートに対して誤った PDF レンディションが生成されます(NPR-36433)。

  • Adobe Analytics のレポート指標が参照されている場合、Experience Manager ターゲットモードでの Adobe Target アクティビティの保存が失敗します(NPR-37167)。

  • 大文字と小文字が混在するドメイン名のメールアドレスを持つユーザーがアセットをチェックアウトすると、Asset Link において、ユーザーがチェックアウトしたアセットにそのアセットが表示されません(CQ-4329266)。

  • アップロード時に生成されたカスタムメタデータを含むビデオをページに追加すると、名前空間が登録されている場合でも、その名前空間は不明であると伝えるエラーが表示されます(CQ-4331471)。

  • Assets で、Launcher が無効になっていて手動でトリガーした場合、メタデータの書き戻しが機能しません(CQ-4329082)。

Dynamic Media

Dynamic Media では、以下のバグ修正が利用可能です。

  • Experience Manager でアセットのバージョンを復元した際に、Dynamic Media のアセットが更新されません(NPR-37421)。

  • PDF ファイルを公開時に ECatalog が公開されません(CQ-4329886)。

  • コンポーネントが標準のプリセットを使用している場合に、公開したページを開いても 3D アセットが読み込まれません(CQ-4329205)。

  • リポジトリーの容量が大きい場合、PDF アセット処理で問題が発生します(CQ-4328711)。

  • Scene7 で問題が発生したときに、PDF 処理エラーが Experience Manager に伝わりません(CQ-4331145)。

  • ユーザーが、.MOV アセットに関するデフォルトのメタデータプロパティを表示できません(CQ-4332546)。

  • Experience Manager を使用して .MXF ビデオファイルを Dynamic Media にアップロードできません(CQ-4329709)。

  • 会社のルートをカスタム設定している場合に、アップロードに関する問題が発生します(CQ-4332800)。

  • ActivationModel をワークフローとして使用するカスタムランチャーを含む Experience Manager 設定において、PDF ファイルのアップロード時にメモリに関する問題が発生して Experience Manager がクラッシュします。(CQ-4330512)。

  • DamEventRecorder でパフォーマンスに関する問題が発生します(CQ-4334072)。

  • ショッパブルビデオのハイパーリンク(リンク付き URL)に特殊文字が含まれている場合、ターゲット URL はビューアによってエンコードされ、本来とは異なる製品ページが表示されます(CQ-4331639)。

  • ビデオプロファイルページで、ページを読み込んだ直後にユーザーがビデオプロファイルを選択すると、ツールバーのオプションが表示されなくなります(CQ-4308521)。

  • JCR の同時書き込みが原因で、DM アセット処理が失敗します(CQ-4333489)。

  • ユーザーのビデオプロファイルルートにビデオプロファイルのルートノードで定義されたカスタムアクセスポリシーがある場合、ビデオプロファイルページへのアクセスに失敗します(CQ-4332941)。

  • ズーム可能な画像で、ショートカットキー(「+」、「-」)または「Esc」キーを使用すると、スクリーンリーダーのフォーカスが正常に動作しなくなります(CQ-4290719)。

  • ユーザーがフォームモードのショートカットキー(「F」)をクリックしても、スクリーンリーダーは、「埋め込みコードの取得」ダイアログボックスで使用可能な「埋め込みサイズ」メニューボタンのラベルをマップしません(CQ-4290929)。

  • キーボードナビゲーションを使用してメールリンクのポップアップウィンドウを開く場合、「宛先」フィールドと「送信者」フィールドのユーザーインターフェイスに表示されるエラー候補が説明的ではありません(CQ-4290930)。

  • メールリンクダイアログボックスに移動する際、下向き矢印とフォームモードのショートカットキー(「F」)を使用して移動しても、新しく追加された編集フィールドのラベル情報をスクリーンリーダーが読み上げません(CQ-4290934)。

  • メールリンクのダイアログボックスに移動する際に、「宛先」フィールドと「送信者」フィールドが必須であることを示す視覚的なアスタリスク(*)記号をスクリーンリーダーが読み上げません(CQ-4290935)。

  • ショートカットキー(「D」、「R」)が正常に機能せず、ユーザーがランドマークと地域を識別できません(CQ-4312118)。

コマース

  • 「後で公開」オプションを使用したとき、ユーザーインターフェイスに公開保留というステータスが反映されません(CQ-4334229)。

  • フォルダーを非公開にしても、そのフォルダーの製品は完全には非公開になりません。製品は公開者から削除されますが、オーサーインスタンスには存在したままになります(CQ-4332731)。

プラットフォーム

  • ユーザーが multifield オプションの並べ替えアイコンをクリックすると、スクロールバーがユーザーインターフェイスに表示されなくなります(CQ-4331100)。

  • アップグレード後、ユーザーがワークスペースログインコンテナコンポーネントを開くと、ダイアログボックスのヘッダーがユーザーインターフェイスに表示されなくなります(CQ-4316173)。

統合

  • Adobe Analytics のレポート指標が参照されている場合、Experience Manager ターゲットモードでの Adobe Target アクティビティの保存が失敗します(NPR-37167)。

プロジェクト

  • Experience Manager 6.5.8.0 からバージョン 6.5.9.0 へアップグレードする場合、インストールプログラムは /content/dam/projects のプロパティを上書きします。フォルダーに割り当て済みのメタデータスキーマとプロパティはデフォルトにリセットされます(NPR-37124)。

ユーザーインターフェイス

  • モデルを表すフォルダーアイコンが正しくありません(NPR-37176)。

  • ユーザーがパスフィールドブラウザーを使用して検索または閲覧すると、誤ったノードが表示されます(NPR-37175)。

  • パブリッシュインスタンスで、受信リクエストが数分間ブロックされます(NPR-37169)。

  • カスタムワークフローにおいて、ダイアログボックスで multifield プロパティを追加すると、ダイアログボックスの処理が続行できなくなり、ユーザーがダイアログボックスを閉じることができなくなります(NPR-37075)。

翻訳プロジェクト

  • 翻訳ローンチの自動昇格で例外が発生して失敗します(NPR-37528)。

  • エクスペリエンスフラグメントの翻訳で、URL の言語コピーへの参照が更新されません(NPR-37522)。

  • 言語ルート構造のパスとは異なるパスにエクスペリエンスフラグメントが作成された場合、そのページを翻訳プロジェクトに追加すると、空白のエラーメッセージが表示されます(NPR-37425)。

  • エクスペリエンスフラグメントを含むページ(英語)が変更され、翻訳用に送信されると、翻訳済みのエクスペリエンスフラグメントが英語コンテンツで上書きされます(NPR-37283)。

  • 翻訳プロバイダーフィルターが適切に機能しません(NPR-37186)。

  • エクスペリエンスフラグメントコンポーネントとアコーディオンコンポーネントが、サンプルサイトコンテンツ用に標準で翻訳されません(NPR-37170)。

  • Experience Manager 6.5.9.0 へのアップグレード後、翻訳プロジェクトにページを追加すると、空のエラーメッセージが表示されます(NPR-37105)。

  • ローンチ内にページを追加する場合、類似の名前を持つ翻訳ページがプロジェクトに追加されません(NPR-37082)。

  • トランスレーターインターフェイスを使用してフォーム辞書を .xliff ファイルとして書き出すと、書き出したファイルのフィールドが正しい順序になりません(NPR-37048)。

  • 翻訳プロジェクトから親ページをロールアウトすると、言語別の子ページが削除されます(NPR-36998)。

  • 翻訳プロジェクトを作成する際に、ページを反復的に参照するとローンチがトリガーされ、それによりエラーが発生します(CQ-4332982)。

  • 翻訳されたエクスペリエンスフラグメントとページ内にある、エクスペリエンスフラグメントのリンクに、ローンチ参照が含まれます(NPR-37649)。

Sling

  • 新しいパッケージをアップロードすると、MapEntries マップ内のメモリエイリアスが削除されます(NPR-37067)。

ワークフロー

  • InboxOmniSearchHandlerDeactivate メソッドで Null ポインター例外が表示されます(NPR-37533)。

Communities

  • ユーザーがページにコメントを追加できずに、Post 操作が失敗しエラーコード 500 が表示されます(NPR-37156)。

  • アプリケーションをデプロイする際に、SyncManager のセッションの実行に長時間かかるので、セグメントが見つからない例外が発生します(NPR-37351)。

  • ユーザーがフォーラム討論の投稿でスレッドの返信を表示できません(NPR-37083)。

Forms

メモ
  • Experience Manager Forms では、予定されている Experience Manager サービスパックリリース日の 1 週間後にアドオンパッケージをリリースします。

アダプティブフォーム

  • アクセシビリティ - アダプティブフォームのパネルの Wizard レイアウトを設定する際に、ナビゲーションボタンに ARIA のラベルとロールが組み込まれません(NPR-37613)。

  • アダプティブフォームの日付フィールドでの検証が、期待どおりに動作しません(NPR-37556)。

  • チェックボックスコンポーネントとラジオボタンコンポーネントのラベルテキストが長い場合、テキストが適切に収まりません(NPR-37294)。

  • AEM Forms コンテナコンポーネントの感謝のメッセージにスタイル設定の変更を適用した場合、その変更内容がソースアダプティブフォームにレプリケートされません(NPR-37284)。

  • ユーザーインターフェイスとバックエンドとで、Switch コンポーネントの値が異なります(NPR-37268)。

  • キーボードキーを使用して Submit オプションに移動し、Enter キーを押すと、アダプティブフォームを複数回送信できます(CQ-4333993)。

  • ファイル添付コンポーネントの削除操作が期待どおりに動作しません(NPR-37376)。

  • 各種言語に翻訳されるアダプティブフォームで、フィールドのラベルが 1,000 文字を超えると、辞書はラベルの翻訳を取得できません(CQ-4329290)。

Document Services

  • Assembler サービスの使用中にエラーが表示されます(NPR-37606)。

      500 Internal Server Error
    
  • ドキュメントの添付ファイルが Assembler サービスに渡されると、次の例外が表示されます(NPR-37582)。

      com.adobe.livecycle.assembler.client.ProcessingException: : Failed to execute the DDX
    
  • PDF ドキュメントを PDF-A/1B PDF ドキュメントに変換した後、データから閉じ丸括弧が欠落します(NPR-37608)。

HTML5 フォーム

  • AEM 6.5.10.0 をインストールした環境で、XDP フォームの HTML プレビューが機能しません(NPR-37503、CQ-4331926)。

  • 様々な言語で PDF forms を HTML5 フォームに移行すると、テキストが重なる問題が発生します(NPR-37173)。

レター

  • レターを送信し、HTML ビューで再度開くと、テキストドキュメントフラグメントの位置が変わります(NPR-37307)。

Forms Workflow

  • 埋め込みコンテナワークフローの場合、 Notify on Complete of Container Workflow オプションを選択しても、複数のワークフロー完了メールが送信されます(NPR-37280)。

Foundation JEE

  • AEM 6.5 Forms サービスパック 9 のインストール後、CRX リポジトリーの URL が使用できなくなります(NPR-37592)。

AEM Forms 6.5.11.1 で修正された問題

メモ

AEM 6.5.11.0 Formsにアップグレードしていない場合は、AEM Forms 6.5.11.1 アドオンパッケージを直接インストールします。AEM 6.5.11.0 Forms をインストール済みの場合、AEM 6.5.11.1 Forms にアップグレードすることをお勧めします。

  • 「送信アクション」、「電子メールの送信」および「AEM ワークフローを起動」は、Forms 6.5.11.0 アドオンパッケージのインストール後、機能しなくなります。
  • Forms 6.5.11.0 アドオンパッケージをインストールした後、CreatePDF 操作で Microsoft Word ドキュメントの PDF ドキュメントへの変換ができなくなります。
  • (JEE のみ)Apache Log4j2 に対して報告された重大なセキュリティ脆弱性(CVE-2021-44228 および CVE-2021-45046)。
  • (JEE のみ)6.5.11.0 パッチの Assembler DSC に、仕様バージョンや impl バージョンなどの誤った metainfo が含まれています。

セキュリティアップデートについて詳しくは、 Experience Manager セキュリティ情報ページを参照してください。

6.5.11.0 のインストール

設定要件と詳細情報

  • Experience Manager 6.5.11.0 には Experience Manager 6.5 が必要です。詳しくは、アップグレードドキュメントを参照してください。
  • サービスパックは、アドビのソフトウェア配布からダウンロードできます。
  • MongoDB と複数のインスタンスを含むデプロイメントでは、パッケージマネージャーを使用して、オーサーインスタンスの 1 つに Experience Manager 6.5.11.0 をインストールしてください。
メモ

アドビは、Adobe Experience Manager 6.5.11.0 パッケージを削除またはアンインストールすることはお勧めしません。

サービスパックのインストール

Adobe Experience Manager 6.5 インスタンスにサービスパックをインストールするには、次の手順に従ってください。

  1. インスタンスが更新モードの場合(インスタンスが以前のバージョンから更新された場合)、インストール前にインスタンスを再起動します。インスタンスの現在の稼動時間が長い場合、アドビは再起動することを推奨します。

  2. インストールする前に、Experience Manager インスタンスのスナップショットまたは新しいバックアップを作成します。

  3. ソフトウェア配布からサービスパックをダウンロードします。

  4. パッケージマネージャーを開き、「パッケージをアップロード」をクリックしてパッケージをアップロードします。詳しくは、 パッケージマネージャーを参照してください。

  5. パッケージを選択して、「インストール」をクリックします。

  6. S3 コネクタを更新するには、サービスパックのインストール後にインスタンスを停止し、既存のコネクタをインストールフォルダーに用意されている新しいバイナリファイルに置き換えて、インスタンスを再起動します。Amazon S3 データストアを参照してください。

メモ

サービスパックのインストール中に、パッケージマネージャー UI のダイアログが終了することがあります。Adobeでは、エラーログが安定するのを待ってから、デプロイメントにアクセスすることをお勧めします。アップデーターバンドルのアンインストールに関連する特定のログが表示されるのを待ってから、インストールが成功したことを確認してください。この問題は、通常 Safari ブラウザーで発生しますが、どのブラウザーでもときどき発生する場合があります。

自動インストール

実行中のインスタンスに Experience Manager 6.5.11.0 を自動的にインストールするには、次の 2 つの方法があります。

A. サーバーがオンラインで使用可能な場合、パッケージを ../crx-quickstart/install フォルダーに配置します。パッケージが自動的にインストールされます。

B. パッケージマネージャーの HTTP API を使用します。ネストされたパッケージがインストールされるように、cmd=install&recursive=true を使用します。

メモ

Adobe Experience Manager 6.5.11.0では、Bootstrap のインストールをサポートしていません。

インストールの検証

  1. 製品情報ページ(/system/console/productinfo)のインストール済み製品に、更新されたバージョン文字列 Adobe Experience Manager (6.5.11.0) が表示されます。

  2. すべての OSGi バンドルは、OSGi コンソールで アクティブ または フラグメント です(web コンソールを使用:/system/console/bundles)。

  3. OSGi バンドル org.apache.jackrabbit.oak-core はバージョン 1.22.3 以降です(web コンソールを使用:/system/console/bundles)。

このリリースでの動作が認定されたプラットフォームについては、 技術要件を参照してください。

UberJar

Experience Manager 6.5.11.0 の UberJar は、Maven 中央リポジトリから入手できます。

Maven プロジェクトで UberJar を使用するには、UberJar の使用方法 を参照して、プロジェクト POM に以下の依存関係を追加します。

<dependency>
     <groupId>com.adobe.aem</groupId>
     <artifactId>uber-jar</artifactId>
     <version>6.5.11</version>
     <scope>provided</scope>
</dependency>
メモ

UberJar およびその他の関連アーティファクトは、Adobe のパブリック Maven リポジトリー (repo.adobe.com) ではなく、Maven Central リポジトリーで入手できます。メインの UberJar ファイルの名前は、「uber-jar-<version>.jar」に変更されます。ですので classifier がなく、値として apisdependency タグに使用します。

非推奨(廃止予定)の機能

Experience Manager 6.5.7.0 で非推奨(廃止予定)とマークされた特徴と機能のリストは次のとおりです。 これらの機能は、最初は非推奨とマークされ、将来のリリースでは削除されます。別のオプションが提供されます。

デプロイメントでその特徴または機能を使用しているかどうかを確認します。また、別のオプションを使用するように、実装の変更を計画します。

領域 機能 代替手段
統合 Experience Manager 6.5 で Experience Manager と Adobe Target の統合が更新されたことにより、AEM クラウドサービスのオプトイン​画面は非推奨になりました。この統合では、Adobe Target Standard API をサポートしています。この API は、Adobe IMS と Adobe I/O による認証を使用し、Adobe Launch の高まる役割をサポートして、分析とパーソナライズ機能のために Experience Manager のページを構築できるようにします。オプトインウィザードは機能的に無関係です。 システム接続、Adobe IMS 認証、 Adobe I/O 統合を各 Experience Manager クラウドサービスを通じて設定します。
コネクタ Microsoft® SharePoint 2010 および Microsoft® SharePoint 2013 用の Adobe JCR Connector は、Experience Manager 6.5 で非推奨になりました。 該当なし

既知の問題

  • AEM 6.5 と Service Pack 11 をインストールし、ステータス ZIP ファイルをダウンロードしようとすると、Experience Managerは破損したファイルをダウンロードします。 問題を解決するには、ZIP ファイルをダウンロードする前に、AEM Sites SEO インデックスパッケージを AEM インスタンスにダウンロードしてインストールしてください。

  • コンテンツフラグメントと GraphQL を使用している場合は、6.5.12.0 にアップグレードして、適切なパッケージをインストールすることをお勧めします。

    • 6.5.12.0 へのアップグレードが選択肢にない場合は、サポートに連絡して、対応策が実装可能かどうかを評価してください。
  • Microsoft Windows Server 2019 は MySQL 5.7 および JBoss EAP 7.1 をサポートしていないので、Microsoft Windows Server 2019 は AEM Forms 6.5.10.0 の自動インストールをサポートしていません。

  • Experience Manager インスタンスを 6.5 から 6.5.10.0 バージョンにアップグレードする場合は、error.log ファイルで RRD4JReporter の例外を表示できます。この問題を解決するには、インスタンスを再起動します。

  • Experience Manager 6.5 Service Pack 10 または以前の Service Pack を Experience Manager 6.5 にインストールすると、アセットのカスタムワークフローモデル(/var/workflow/models/dam に作成)のランタイムコピーが削除されます。
    ランタイムコピーを取得するには、HTTP API を使用して、カスタムワークフローモデルの設計時コピーとランタイムコピーを同期させることをお勧めします。
    <designModelPath>/jcr:content.generate.json

  • ユーザーは、Assets の階層内のフォルダーの名前を変更し、ネストされたフォルダーを Brand Portal に公開できます。ただし、ルートフォルダーが再公開されるまで、Brand Portal でフォルダーのタイトルは更新されません。

  • アダプティブフォームでユーザーが初めてフィールドを設定する場合、設定を保存するオプションはプロパティブラウザーに表示されません。同じエディターでアダプティブフォームの他のフィールドを設定するように選択すると、問題が解決します。

  • Experience Manager 6.5.x.x のインストール中に、次のエラーや警告メッセージが表示される場合があります。

    • Target Standard API(IMS 認証)を使用して Experience Manager に Adobe Target 統合を設定する場合、エクスペリエンスフラグメントを Target に書き出すと、間違ったオファータイプが作成されます。Target では、「エクスペリエンスフラグメント」/ ソース「Adobe Experience Manager」タイプではなく、「HTML」/ ソース「Adobe Target Classic」タイプのオファーをいくつか作成します。
    • com.adobe.granite.maintenance.impl.TaskScheduler : granite/operations/maintenance にメンテナンスウィンドウが見つかりません。
    • SUM、MAX、MIN などの集計関数が使用される場合、アダプティブフォームのサーバー側検証が失敗します (CQ-4274424)。
    • com.adobe.granite.maintenance.impl.TaskScheduler - granite/operations/maintenance にメンテナンスウィンドウが見つかりません。
    • ショッパブルバナービューアでアセットをプレビューしている間、Dynamic Media インタラクティブ画像のホットスポットは表示されません。
    • com.adobe.cq.social.cq-social-jcr-provider bundle com.adobe.cq.social.cq-social-jcr-provider:1.3.5 (395)[com.adobe.cq.social.provider.jcr.impl.SpiSocialJcrResourceProviderImpl(2302)]:登録が変更されて解除されるまでにタイムアウトが発生しました。
  • コンテンツフラグメントまたはサイトやページを移動/削除/公開しようとすると、コンテンツフラグメントの参照を取得する際にバックグラウンドクエリが失敗し、機能が動作しなくなるという問題があります。
    正しく動作させるには、インデックス定義ノード /oak:index/damAssetLucene に次のプロパティを追加する必要があります(インデックスの再作成は不要です)。

    "tags": [
        "visualSimilaritySearch"
      ]
    "refresh": true
    

含まれている OSGi バンドルとコンテンツパッケージ

次のテキストドキュメントには、Experience Manager 6.5.11.0 に含まれている OSGi バンドルとコンテンツパッケージの一覧が記載されています。

制限付き Web サイト

以下の web サイトはお客様のみが参照できます。アクセス権を必要とするお客様は、アドビのアカウントマネージャーにお問い合わせください。

Adobe Experience Manager 6.5 SP10 以降の主なリリース

2021年8月26日(PT)から 2021年11月25日(PT)までの間に、アドビは、サービスパックに加えて次の機能をリリースしました。

このページ