OSGi 上での Forms ベースのワークフローのインストールと設定

はじめに

企業は、複数のフォーム、バックエンドシステム、その他のデータソースからデータを収集して処理します。 データの処理には、レビューと承認の手順、繰り返しのタスク、データのアーカイブが含まれます。 例えば、フォームをレビューし、PDF ドキュメントに変換する場合などです。 手動でおこなうと、繰り返しタスクに多くの時間とリソースが必要になる場合があります。

OSGi 上の Forms ベースのワークフロー を使用して、アダプティブフォームベースのワークフローを迅速に構築することができます。これらのワークフローは、レビューと承認のワークフロー、ビジネスプロセスのワークフロー、その他の繰り返しタスクの自動化に役立ちます。 これらのワークフローは、ドキュメントの処理 (PDF ドキュメントの作成、アセンブリ、配布、アーカイブ、ドキュメントへのアクセスを制限するための電子署名の追加、バーコードフォームのデコードなど ) や、フォームとドキュメントと併せた Adobe Sign 署名ワークフローの使用にも役立ちます。

これらのワークフローを一度設定すると、手動でトリガーして定義済みプロセスを完了することができ、また、ユーザーによるフォームの送信やインタラクティブ通信の際に、ワークフローをプログラムで実行することもできます。これは、AEM Forms のアドオンパッケージに含まれる機能で、

AEM Forms は強力なエンタープライズクラスのプラットフォームです。OSGi 上の Forms ベースのワークフローは、AEM Forms の機能の 1 つに過ぎません。 機能の完全な一覧については、「AEM Forms の概要」を参照してください。

メモ

OSGi での Forms 中心のワークフローを使用すると、JEE スタックに本格的なプロセス管理機能をインストールしなくても、OSGi スタックで様々なタスクのワークフローを迅速に構築およびデプロイできます。OSGi 上の Forms ベースの AEM ワークフローと JEE 上のプロセスマネジメントの比較を参照して、機能の違いと類似点を学びます。

比較の後、JEE スタックにプロセス管理機能をインストールする場合は、JEE スタックとプロセス管理機能のインストールと設定の詳細について、 JEE での AEM Forms のインストールまたはアップグレード を参照してください。

デプロイメントトポロジ

AEM Forms アドオンパッケージは AEM にデプロイされるアプリケーションです。OSGi 機能上で Forms ベースのワークフローを実行するには、最小限の AEM オーサーインスタンスまたは処理インスタンス(実稼動オーサー)が必要です。 処理インスタンスは、強化された AEM オーサー インスタンスです。実稼動オーサーでは、ワークフローやアダプティブフォームの作成など、実際のオーサリングを実行しないでください。

次のトポロジは、AEM Forms のインタラクティブ通信、Correspondence Management、AEM Forms のデータ取得および OSGi 機能にあるフォーム中心のワークフローを実行するための指標トポロジです。トポロジーについて詳しくは、「AEM Forms のアーキテクチャとデプロイメントトポロジー」を参照してください。

recommended-topology

OSGi 上の AEM Forms の Forms ベースのワークフローは、AEM Form のオーサーインスタンス上で、AEM インボックスと AEM ワークフローモデルの作成 UI を実行します。

システム要件

メモ

データキャプチャ機能のインストールと設定の記事で説明したように、AEM Forms を OSGi にインストール済みであれば、ドキュメントの次の手順 に節スキップしてください。

Forms ベースのワークフローを OSGi 上でのインストールと設定を開始する前に、以下を確認してください。

  • ハードウェアとソフトウェアのインフラが正しく設定されていること。サポート対象のハードウェアおよびソフトウェアの詳細な一覧については、「技術的要件」を参照してください。

  • AEM インスタンスのインストールパスに空白が含まれていないこと。

  • AEM インスタンスが稼働していること。AEM の用語では、「インスタンス」は、サーバー上でオーサーモードまたはパブリッシュモードで実行されている AEM のコピーのことです。OSGi 上で Forms ベースのワークフローを実行するには、少なくとも 1 つの AEM インスタンス(オーサーまたは処理)が必要です。

    • 作成者:​コンテンツを作成、アップロード、編集し、Web サイトを管理する AEM インスタンス。公開する準備ができたコンテンツは、パブリッシュインスタンスにレプリケートされます。

    • 処理:​処理インスタンスは、強化された AEM オーサーインスタンスです。オーサーインスタンスを設定し、インストールを実行した後でこれを強化することができます。

    • パブリッシュ:発行されたコンテンツをインターネットまたは社内ネットワークを通じて公開する AEM インスタンス。

  • メモリ要件が満たされていること。AEM Forms アドオンパッケージには次の一時領域が必要となります。

    • Microsoft Windows ベースのインストールの場合、15 GB の一時的な空きスペースが必要です。
    • Unix ベースのインストールの場合、6 GB の一時的な空きスペースが必要です。
  • Unix ベースのシステムの追加必要システム構成:Unix ベースのオペレーティングシステムを使用する場合は、それぞれのオペレーティングシステムのインストールメディアから、次のパッケージをインストールしてください。

expat libxcb freetype libXau
libSM zlib libICE libuuid
glibc libXext

nss-softokn-freebl

fontconfig
libX11 libXrender libXrandr libXinerama

AEM Forms アドオンパッケージのインストール

AEM Forms アドオンパッケージは AEM にデプロイされるアプリケーションです。このパッケージには、OSGi 上の Forms ベースのワークフローとその他の機能が含まれます。 次の手順を実行してアドオンパッケージをインストールします。

  1. ソフトウェア配布を開きます。ソフトウェア配布にログインするには、Adobe ID が必要です。

  2. ヘッダーメニューで「Adobe Experience Manager」をタップします。

  3. フィルター」セクションで、

    1. ソリューション」ドロップダウンリストから「Forms」を選択します。
    2. パッケージのバージョンとタイプを選択します。 また、ダウンロードを検索 オプションを使用して、結果をフィルターすることもできます。
  4. お使いのオペレーティングシステムに適したパッケージの名前をタップし、EULA 利用条件に同意する を選択して、ダウンロード をタップします。

  5. パッケージマネージャーを開き「パッケージをアップロード」をクリックしてパッケージをアップロードします。

  6. パッケージを選択して、インストール をクリックします。

    AEM Forms リリース記事に記載されている直接リンクからパッケージをダウンロードすることもできます。

  7. パッケージのインストールが完了したら、AEM インスタンスを再起動するよう指示されます。すぐにはサーバーを再起動しないでください。 AEM Forms サーバーを停止する前に、ServiceEvent REGISTERED メッセージと ServiceEvent UNREGISTERED メッセージが [AEM-Installation-Directory]/crx-quickstart/logs/error.log ファイルに表示されなくなり、このログファイルが安定した状態になるまで待ってください。

  8. 手順 1 から 7 を、すべてのオーサーインスタンスとパブリッシュインスタンスで繰り返します。

インストール後の設定

AEM Forms には、いくつかの必須およびオプションの設定があります。必須の設定には、BouncyCastle ライブラリおよびシリアル化エージェントの設定が含まれます。オプションの設定には、ディスパッチャーおよび Adobe Target の設定が含まれます。

インストール後の必須の設定

RSA ライブラリと BouncyCastle ライブラリの設定

これらのライブラリを起動するには、すべてのオーサーインスタンスとパブリッシュインスタンスで次の手順を実行します。

  1. 基になる AEM インスタンスを停止します。

  2. 編集用に [AEM インストールディレクトリ ]\crx-quickstart\conf\sling.properties ファイルを開きます。

    [AEM インストールディレクトリ ]\crx-quickstart\bin\start.bat を使用して AEM を起動する場合は、[AEM ルート ]\crx-quickstart\ にある sling.properties を編集してください。

  3. 以下のプロパティを sling.properties ファイルに追加します。

    sling.bootdelegation.class.com.rsa.jsafe.provider.JsafeJCE=com.rsa.*
    
  4. ファイルを保存して閉じ、AEM インスタンスを起動します。

  5. 手順 1 から 4 を、すべてのオーサーインスタンスとパブリッシュインスタンスで繰り返します。

シリアル化エージェントの設定

このパッケージを許可リストに加えるには、オーサーインスタンスとパブリッシュインスタンスの両方で以下の手順を実行します。

  1. ブラウザーウィンドウで、AEM Configuration Manager を開きます。デフォルトの URL は https://'[server]:[port]'/system/console/configMgr です。
  2. デシリアライゼーションファイアウォール設定​を検索して開きます。
  3. sun.util.calendar パッケージを​許可リストに加える​フィールドに追加します。「保存」をクリックします。
  4. 手順 1 から 3 を、すべてのオーサーインスタンスとパブリッシュインスタンスで繰り返します。

インストール後のオプションの設定

Dispatcher の設定

ディスパッチャーは AEM のキャッシングおよびロードバランスツールです。AEM ディスパッチャーはまた、AEM サーバーを攻撃から保護することにも役立ちます。エンタープライズクラスの Web サーバーと一緒にディスパッチャーを使用することで、AEM インスタンスのセキュリティを向上できます。ディスパッチャーを使用する場合は、AEM Forms の次の設定を実行してください。

  1. AEM Forms のアクセスの設定:

    dispatcher.any ファイルを開いて編集します。フィルターセクションに移動し、次のフィルターをフィルターセクションに追加します。

    /0025 { /type "allow" /glob "* /bin/xfaforms/submitaction*" } # to enable AEM Forms submission

    ファイルを保存して閉じます。フィルターについて詳しくは、「ディスパッチャードキュメント」を参照してください。

  2. リファラーフィルターサービスの設定:

    管理者として Apache Felix Configuration Manager にログインします。Configuration Manager のデフォルト URL は https://‘server’:[port_number]/system/console/configMgr です。Configurations​メニューで「Apache Sling Referrer Filter」を選択します。「Allow Hosts」フィールドで、ディスパッチャーのホスト名を入力してそれをリファラーとして許可し、「保存」をクリックします。入力の形式は、https://'[server]:[port]' です。

キャッシュの設定

キャッシングは、データへのアクセスにかかる時間を短縮し、遅延を削減して I/O 速度を改善するメカニズムです。アダプティブフォームのキャッシュは、アダプティブフォームの HTML コンテンツと JSON の構造のみを保存し、事前入力されたデータは保存しません。これにより、アダプティブフォームのレンダリングの時間を短縮します。

  • アダプティブフォームのキャッシュを使用するときは、AEM ディスパッチャー を使用してアダプティブフォームのクライアントライブラリ(CSS および JavaScript)をキャッシュします。
  • カスタムコンポーネントの開発時には、開発に使用されるサーバー上でアダプティブフォームのキャッシュを無効にしておく必要があります。

次の手順を実行してアダプティブフォームのキャッシュを設定します。

  1. https://'[server]:[port]'/system/console/configMgr の AEM Web コンソール設定マネージャーに移動します。

  2. アダプティブフォームおよびインタラクティブ通信 Web チャネルの設定」をクリックして、設定値を編集します。「設定値を編集」ダイアログで、AEM Forms サーバーのインスタンスでキャッシュできるフォームまたはドキュメントの最大数を​アダプティブフォームの数​フィールドに指定します。デフォルト値は 100 です。「保存」をクリックします。

    メモ

    キャッシュを無効にするには、「アダプティブフォームの数」フィールドの値を 0 に設定します。キャッシュ設定を無効にしたり変更したりすると、キャッシュがリセットされ、すべてのフォームとドキュメントがキャッシュから削除されます。

Adobe Sign の設定

Adobe Sign により、アダプティブフォームの電子署名ワークフローを有効にすることができます。電子サインを使用すると、法務、販売、給与、人事管理など、様々な分野におけるドキュメント処理ワークフローが改善されます。

OSGi シナリオ上の Adobe Sign とフォームベースの一般的なワークフローでは、サービスを申し込む​ためのアダプティブフォームに、ユーザーが入力します。例えば、クレジットカードの申込フォームや住民サービスフォームなどです。ユーザーが申し込みフォームに入力、送信、署名すると、承認または却下のワークフローが開始されます。 サービスプロバイダーは、AEM インボックスでアプリケーションを確認し、Adobe Sign を使用してアプリケーションに電子署名します。 これに類似した電子署名ワークフローを有効にするには、Adobe Sign を AEM Forms に統合します。

AEM Forms で Adobe Sign を使用するには、「Adobe Sign を AEM Forms に統合する」を参照してください。

次の手順

OSGi 機能上で Forms ベースのワークフローを使用する環境を設定しました。 この機能を使用するための手順は、次のとおりです。

このページ