ドキュメントサービスのインストールと設定

AEM Forms は、PDF ドキュメントの作成、アセンブル、配布、アーカイブや、ドキュメントへのアクセスを制限するためのデジタル署名の追加、Barcoded Forms のデコードなど、様々なドキュメントレベルの操作を実現する一連の OSGi サービスを提供します。これらのサービスは、AEM Forms のアドオンパッケージに含まれており、ドキュメントサービスと総称されます。利用可能なドキュメントサービスのリストとその主な機能は次のとおりです。

  • Assembler サービス: PDF ドキュメントや XDP ドキュメントの結合、並べ替えおよび拡張と、PDF ドキュメントに関する情報の取得を実行できます。PDF ドキュメントを PDF/A 規格に変換して検証することもできます。また、PDF フォーム、XML フォームを PDF/A-1b、PDF/A-2b および PDFA/A-3b に変換することもできます。詳しくは、Assembler サービスを参照してください。

  • ConvertPDF サービス: PDF ドキュメントを PostScript ファイルまたは画像ファイル(JPEG、JPEG 2000、PNG および TIFF)に変換します。詳しくは、ConvertPDF サービスを参照してください。

  • Barcoded Forms サービス:​バーコードの電子画像からデータを抽出します。このサービスは、入力として 1 つまたは複数のバーコードを含んだ TIFF ファイルや PDF ファイルを受け取り、バーコードデータを抽出します。詳しくは、Barcoded Forms サービスを参照してください。

  • DocAssurance サービス:​ドキュメントの暗号化と復号、使用権限の追加による Adobe Reader の機能拡張、ドキュメントへのデジタル署名の追加を実行できます。DocAssurance サービスには、3 つのサービス(署名、暗号化、Reader 拡張機能)があります。詳しくは、DocAssurance サービスを参照してください。

  • Encryption サービス:​ドキュメントの暗号化と復号を実行できます。ドキュメントを暗号化すると、その内容は判読できなくなります。許可されたユーザーはドキュメントを解読して、コンテンツにアクセスできます。詳しくは、Encryption サービスを参照してください。

  • Forms サービス:​通常 Forms Designer で作成されたフォームを検証、処理、変換および配信する、インタラクティブなデータキャプチャを行うクライアントアプリケーションを作成できます。Forms サービスは、作成したあらゆるフォームデザインを PDF ドキュメントとして処理します。詳しくは、 Forms サービスを参照してください。

  • Output サービス: PDF、レーザープリンター形式、ラベルプリンター形式など、様々な形式のドキュメントを作成します。レーザープリンター形式には、PostScript と Printer Control Language(PCL)があります。詳しくは、Output サービスを参照してください。

  • PDF Generator サービス:​ネイティブファイル形式を PDF に変換する API を提供します。また、PDF を他のファイル形式に変換し、PDF ドキュメントのサイズを最適化します。詳しくは、PDF Generator サービスを参照してください。

  • Reader Extension サービス:​使用権限を追加して Adobe Reader の機能を拡張することで、組織内でインタラクティブな PDF ドキュメントを容易に共有できます。このサービスにより、PDF ドキュメントを Adobe Reader で開いた場合には使用できない機能(ドキュメントへのコメントの追加、フォームへの入力、ドキュメントの保存など)が有効になります。詳しくは、Reader Extension サービスを参照してください。

  • Signature サービス: AEM サーバーでデジタル署名とドキュメントを処理できます。例えば、通常、Signature サービスは次のような状況で使用されます。

    • Acrobat または Adobe Reader でフォームを開くユーザーにフォームが送信される前に、AEM サーバーでフォームが認証される場合。
    • Acrobat または Adobe Reader を使用してフォームに追加された署名が、AEM サーバーで検証される場合。
    • AEM サーバーが公証人に代わってフォームに署名する場合。

    Signature サービスは、Trust Store に格納されている証明書および秘密鍵証明書にアクセスします詳しくは、Signature サービスを参照してください。

AEM Forms は強力なエンタープライズクラスのプラットフォームであり、ドキュメントサービスは AEM Forms の機能の 1 つです。機能の完全な一覧については、「AEM Forms の概要」を参照してください。

デプロイメントトポロジ

AEM Forms アドオンパッケージは AEM にデプロイされるアプリケーションです。通常、AEM Forms ドキュメントサービスを実行するには、1 つの AEM インスタンス(オーサーインスタンスまたはパブリッシュインスタンス)があれば十分です。AEM Forms ドキュメントサービスを実行するには、次のトポロジをお勧めします。トポロジについて詳しくは、「AEM Forms のアーキテクチャとデプロイメントトポロジ」を参照してください。

AEM Forms のアーキテクチャとデプロイメントトポロジ

メモ

AEM Forms では設定したすべての機能を 1 台のサーバーで実行できますが、実稼働環境では、キャパシティプラニング、ロードバランシング、特定の機能の専用サーバーのセットアップを行う必要があります。例えば、PDF Generator サービスを使用して、1 日に数千のページと複数のアダプティブフォームをデータ取得用に変換する環境の場合、PDF Generator サービスとアダプティブフォームの機能を実行するための AEM Forms サーバーを別々にセットアップする必要があります。これにより、パフォーマンスが最適化され、各サーバーを個別にスケーリングできるようになります。

システム要件

AEM Forms ドキュメントサービスのインストールおよび設定に進む前に、次のことを確認する必要があります。

  • ハードウェアとソフトウェアのインフラが正しく設定されていること。サポート対象のハードウェアとソフトウェアの一覧について詳しくは、「技術要件」を参照してください。

  • AEM インスタンスのインストールパスに空白が含まれていないこと。

  • AEM インスタンスが稼働していること。AEM の用語では、「インスタンス」とは、サーバー上でオーサーモードまたはパブリッシュモードで実行されている AEM のコピーのことです。通常、AEM Forms ドキュメントサービスを実行するには、1 つの AEM インスタンス(オーサーインスタンスまたはパブリッシュインスタンス)があれば十分です。

    • オーサー:​コンテンツを作成、アップロード、編集し、Web サイトを管理する AEM インスタンス。公開する準備ができたコンテンツは、パブリッシュインスタンスにレプリケートされます。
    • パブリッシュ:​発行されたコンテンツをインターネットまたは社内ネットワークを通じて公開する AEM インスタンス。
  • メモリ要件が満たされていること。AEM Forms アドオンパッケージでは、次が必要です。

    • Microsoft® Windows ベースのインストールの場合、15 GB の一時的な空きスペースが必要です。
    • Unix ベースのインストールの場合、6 GB の一時的な空きスペースが必要です。
  • PDF Generator を使用して Microsoft® Windows や Linux® で変換を実行するには、必要なクライアントソフトウェアをインストールする必要があります。

メモ
  • Microsoft® Windows では、PDF Generator は、WebKit、Acrobat WebCapture、および PhantomJS の変換ルートをサポートし、HTML ファイルを PDF ドキュメントに変換します。
  • UNIX ベースのオペレーティングシステムでは、PDF Generator は、WebKit および PhantomJS の変換ルートをサポートし、HTML ファイルを PDF ドキュメントに変換します。

UNIX ベースのオペレーティングシステムの追加要件

Unix ベースのオペレーティングシステムを使用する場合は、それぞれのオペレーティングシステムのインストールメディアから、次のパッケージをインストールしてください。

  • expat
  • libxcb
  • freetype
  • libXau
  • libSM
  • zlib
  • libICE
  • libuuid
  • glibc
  • libXext
  • nss-softokn-freebl
  • fontconfig
  • libX11
  • libXrender
  • libXrandr
  • libXinerama
  • (PDF Generator のみ) 32 ビット版の libcurl、libcrypto および libssl ライブラリをインストールし、以下のシンボリックリンクを作成します。シンボリックリンクは、それぞれのライブラリの最新バージョンを指すようにします。

    • /usr/lib/libcurl.so
    • /usr/lib/libcrypto.so
    • /usr/lib/libssl.so
  • (PDF Generator のみ) PDF Generator サービスは、HTML ファイルを PDF ドキュメントに変換するため、WebKit および PhantomJS の各ルートをサポートしています。PhantomJS ルートの変換を有効にするには、下記の 64 ビットライブラリをインストールします。通常、これらのライブラリは既にインストールされています。不足しているライブラリがあれば、手動でインストールします。

    • linux-gate.so.1
    • libz.so.1
    • libfontconfig.so.1
    • libfreetype.so.6
    • libdl.so.2
    • librt.so.1
    • libpthread.so.0
    • libstdc++.so.6
    • libm.so.6
    • libgcc_s.so.1
    • libc.so.6
    • ld-linux.so.2
    • libexpat.so.1

プリインストール設定

「プリインストール設定」節に記載されている設定は、PDF Generator サービスにのみ適用されます。PDF Generator サービスを設定していない場合は、「プリインストール設定」節をスキップできます。

Adobe Acrobat とサードパーティ製アプリケーションのインストール

PDF Generator サービスを使用して、Microsoft® Word、Microsoft® Excel、Microsoft® PowerPoint、OpenOffice、WordPerfect X7、Adobe Acrobat などのネイティブファイル形式を PDF ドキュメントに変換する場合は、これらのアプリケーションを AEM Forms サーバーにインストールしてください。

メモ
  • AEM Forms Server がオフラインまたはセキュア環境にあり、インターネットを使用して Adobe Acrobat をアクティブ化できない場合は、オフラインアクティベーションを参照して、そのような場合に Adobe Acrobat のインスタンスをアクティブ化する手順を確認してください。
  • Adobe Acrobat、Microsoft® Word、Excel および PowerPoint は、Microsoft® Windows でのみ使用できます。UNIX ベースのオペレーティングシステムを使用している場合は、OpenOffice をインストールして、リッチテキストファイルやサポートされている Microsoft® Office ファイルを PDF ドキュメントに変換します。
  • PDF Generator サービスを使用できるすべてのユーザーに対して、Adobe Acrobat およびサードパーティソフトウェアのインストール後に表示されるすべてのダイアログボックスを閉じます。
  • インストールされているすべてのソフトウェアを少なくとも 1 回起動します。PDF Generator サービスを使用するように設定されているすべてのユーザーに対して、すべてのダイアログボックスを解除します。
  • Adobe Acrobat シリアル番号の有効期限を確認してライセンスを更新する日付を設定するか、有効期限に基づいてシリアル番号を移行します。

Acrobat をインストールしてから、Microsoft® Word を開きます。「Acrobat」タブで「PDFを作成」をクリックし、マシン上にある .doc または .docx のファイルを PDF ドキュメントに変換します。変換が成功すれば、AEM Forms が PDF Generator サービスで Acrobat を使用する準備が整います。

環境変数の設定

32 ビットおよび 64 ビットの Java Development Kit、サードパーティアプリケーション、Adobe Acrobat の環境変数を設定します。環境変数には、対応するアプリケーションを起動する際に使用する実行ファイルの絶対パスを含める必要があります。以下の表に、いくつかのアプリケーション用の環境変数を例示します。

アプリケーション

環境変数

JDK(64 ビット)

JAVA_HOME

C:¥Program Files¥Java¥jdk1.8.0_74

Adobe Acrobat

Acrobat_PATH

C:\Program Files (x86)\Adobe\Acrobat 2015\Acrobat\Acrobat.exe

メモ帳

Notepad_PATH

C:\WINDOWS\notepad.exe

OpenOffice

OpenOffice_PATH

C:¥Program Files (x86)¥OpenOffice.org4

メモ
  • すべての環境変数とそれぞれのパスでは、大文字と小文字が区別されます。
  • JAVA_HOME、JAVA_HOME_32、Acrobat_PATH(Windows のみ)は、必須の環境変数です。
  • 環境変数 OpenOffice_PATH は、実行ファイルではなく、インストールフォルダーのパスに設定します。
  • Word、PowerPoint、Excel、Project などの Microsoft® Office アプリケーション、または AutoCAD については、環境変数を設定する必要はありません。これらのアプリケーションがサーバーにインストールされている場合は、Generate PDF サービスが自動的にこれらのアプリケーションを起動します。
  • UNIX ベースのプラットフォームでは、OpenOffice を /root としてインストールします。OpenOffice が root としてインストールされていないと、PDF Generator サービスは OpenOffice ドキュメントを PDF ドキュメントに変換できません。OpenOffice を非 root ユーザーとしてインストールして実行する必要がある場合は、非 root ユーザーに sudo 権限を与えます。
  • UNIX ベースのプラットフォームで OpenOffice を使用している場合は、以下のコマンドを実行して PATH 変数を設定します。

export OpenOffice_PATH=/opt/openoffice.org4

(IBM® WebSphere® のみ)IBM® SSL ソケットプロバイダーの設定

以下の手順を実行して、IBM® SSL ソケットプロバイダーを設定します。

  1. java.security ファイルのコピーを作成します。ファイルのデフォルトの場所は次のとおりです。[WebSphere_installation_directory]\Appserver\java_[version]\jre\lib\security

  2. コピーした java.security ファイルを開いて編集します。

  3. デフォルトの SSL ソケットファクトリとして、デフォルトの IBM® WebSphere® ファクトリではなく JSSE2 ファクトリを使用するように変更します。

    デフォルトの内容:

    #ssl.SocketFactory.provider=com.ibm.jsse2.SSLSocketFactoryImpl
    #ssl.ServerSocketFactory.provider=com.ibm.jsse2.SSLServerSocketFactoryImpl
    #WebSphere socket factories (in cryptosf.jar)
    ssl.SocketFactory.provider=com.ibm.websphere.ssl.protocol.SSLSocketFactory
    ssl.ServerSocketFactory.provider=com.ibm.websphere.ssl.protocol.SSLServerSocketFactory
    

    変更後の内容:

    ssl.SocketFactory.provider=com.ibm.jsse2.SSLSocketFactoryImpl
    ssl.ServerSocketFactory.provider=com.ibm.jsse2.SSLServerSocketFactoryImpl
    
    #WebSphere socket factories (in cryptosf.jar)
    #ssl.SocketFactory.provider=com.ibm.websphere.ssl.protocol.SSLSocketFactory
    #ssl.ServerSocketFactory.provider=com.ibm.websphere.ssl.protocol.SSLServerSocketFactory
    
  4. AEM Forms サーバーが更新した java.security ファイルを使用できるようにするには、AEM Forms サーバーの開始時に次の java 引数を追加します。

    -Djava.security.properties= [path of newly created Java.security file].

(Windows のみ)Ink サービスと Handwriting サービスのインストールの設定

Microsoft® Windows Server を実行している場合、インクおよび手書きサービスを設定します。サービスを使うには、Microsoft® Office のインク機能を使用する Microsoft® PowerPoint ファイルを開くことが必要です。

  1. サーバーマネージャーを開きます。クイック起動バーの​サーバーマネージャー​アイコンをクリックします。
  2. 機能​メニューで「機能を追加」をクリックします。「インクおよび手書きサービス」のチェックボックスを選択します。
  3. 機能の選択」ダイアログボックスで「インクおよび手書きサービス」が選択されます。「インストール」をクリックしてサービスをインストールします。

(Windows のみ)Microsoft Office® のファイル制限機能の設定

Microsoft® Office のセキュリティセンターの設定を変更して、PDF Generator サービスが古いバージョンの Microsoft® Office で作成されたファイルを変換できるようにします。

  1. Microsoft® Office のアプリケーションを開きます。例えば、Microsoft® Word などです。「ファイル」/「オプション」に移動します。オプションのダイアログボックスが表示されます。

  2. セキュリティ センター」をクリックし、「セキュリティ センターの設定」をクリックします。

  3. セキュリティ センターの設定」で、「ファイル制限機能の設定」をクリックします。

  4. PDF Generator サービスで PDF ドキュメントへの変換を許可するファイルタイプについて、「ファイルタイプ」リストで「開く」チェックボックスをオフにします。

(Windows のみ)プロセスレベルのトークンを置き換える権限の付与

アプリケーションサーバーを起動したユーザーアカウントは、「プロセス レベル トークンの置き換え」権限が必要です。ローカルシステムアカウントには、デフォルトで「プロセス レベル トークンの置き換え」権限があります。ローカル管理グループのユーザーが運用しているサーバーでは、権限は明示的に付与されなければなりません。次の手順を実行して権限を付与します:

  1. Microsoft® Windows のグループポリシーエディターを開きます。グループポリシーエディターを開くには、「スタート」をクリックしてスタートの検索ボックスに gpedit.msc と入力し、「グループポリシーエディター」をクリックします。
  2. ローカル コンピューター ポリシーコンピューターの構成Windows の設定セキュリティの設定ローカル ポリシーユーザー権利の割り当て​に移動して、Administrators グループが含まれるように「プロセス レベル トークンの置き換え」ポリシーを編集します。
  3. 「プロセス レベル トークンの置き換え」エントリにユーザーを追加します。

(Windows のみ)管理者以外のユーザーに対する PDF Generator サービスの有効化

管理者以外のユーザーが PDF Generator サービスを使用できるようにすることができます。通常は、管理者権限を持つユーザーのみがこのサービスを実行できます。

  1. PDFG_NON_ADMIN_ENABLED 環境変数を作成します。
  2. 環境変数の値を TRUE に設定します。
  3. AEM Forms のインスタンスを再起動します。

(Windows のみ)ユーザーアカウント制御(UAC)の無効化

  1. システム構成ユーティリティにアクセスするには、スタート/ファイル名を指定して実行​を選択し、MSCONFIG と入力します。

  2. ツール」タブをクリックし、スクロールして「UAC 設定を変更」を選択します。「起動」をクリックして新しいウィンドウでコマンドを実行します。

  3. スライダーを「通知しない」レベルに設定します。完了したら、コマンドウィンドウを閉じ、システム構成ウィンドウを閉じます。

  4. レジストリ設定で UAC が 0(ゼロ)に設定されていることを検証します。検証するには、以下の手順を実行します。

    1. Microsoft® は、レジストリを変更する前にバックアップをとっておくことを推奨しています。詳しい手順については、「Windows でのレジストリのバックアップと復元方法」を参照してください。
    2. Microsoft® Windows のレジストリエディターを開きます。レジストリエディターを開くには、「スタート/ファイル名を指定して実行」に移動し、「regedit」と入力して「OK」をクリックします。
    3. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\policies\system\ に移動します。EnableLUA の値が 0(ゼロ)に設定されていることを確認します。
    4. EnableLUA の値が 0(ゼロ)に設定されていることを確認します。値が 0 に設定されていない場合は、0 に変更します。レジストリエディターを終了します。
  5. コンピューターを再起動します。

(Windows のみ)エラーレポートサービスの無効化

Windows Server で PDF Generator サービスを使用してドキュメントを PDF に変換しているとき、実行ファイルに問題が見つかったためファイルを閉じる必要があると Windows Server で報告される場合があります。ただし、PDF 変換はバックグラウンドで続行されるため、影響を与えません。

エラーを受信しないようにするために、Windows エラー報告を無効にすることができます。エラーレポート機能を無効にする手順について詳しくは、https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc754364.aspx を参照してください。

(Windows のみ)HTML から PDF への変換の設定

PDF Generator サービスは、HTML ファイルを PDF ドキュメントに変換するため、WebKit、WebCapture および PhantomJS の各ルートまたはメソッドを提供しています。Windows で WebKit および Acrobat WebCapture ルートの変換を有効にするには、Unicode フォントを %windir%\fonts ディレクトリにコピーします。

メモ

新しいフォントをフォントフォルダーにインストールしたときは、AEM Forms インスタンスを再起動してください。

(UNIX ベースのプラットフォームのみ)HTML から PDF への変換用の追加設定

UNIX ベースのプラットフォーム上の PDF Generator サービスは、HTML ファイルを PDF ドキュメントに変換するため、WebKit および PhantomJS の各ルートをサポートしています。HTML から PDF への変換を有効にするには、以下から目的の変換ルートに該当する設定を行います。

(UNIX ベースのプラットフォームのみ)Unicode フォントのサポートの有効化(WebKit のみ)

Unicode フォントを、使用しているシステムに応じて、次のいずれかのディレクトリにコピーします。

  • /usr/lib/X11/fonts/TrueType
  • /usr/share/fonts/default/TrueType
  • /usr/X11R6/lib/X11/fonts/ttf
  • /usr/X11R6/lib/X11/fonts/truetype
  • /usr/X11R6/lib/X11/fonts/TrueType
  • /usr/X11R6/lib/X11/fonts/TTF
  • /usr/openwin/lib/X11/fonts/TrueType(Solaris™)
メモ
  • Red Hat® Enterprise Linux® 6.x 以降で courier フォントは使用できません。courier フォントをインストールするには、font-ibm-type1-1.0.3.zip アーカイブをダウンロードしてください。/usr/share/fonts でアーカイブを抽出します。/usr/share/X11/fonts から /usr/share/fonts へのシンボリックリンクを作成します。
  • Html2PdfSvc/bin と /usr/share/fonts のディレクトリから、.lstフォントのキャッシュをすべて削除します。
  • /usr/lib/X11/fonts および /usr/share/fonts ディレクトリが存在することを確認してください。このディレクトリが存在しない場合は、ln コマンドを使用して /usr/share/X11/fonts から /usr/lib/X11/fonts へのシンボリックリンク、さらに /usr/share/fonts から /usr/share/X11/fonts への別のシンボリックリンクを作成します。また、courier フォントが使用可能であることを /usr/lib/X11/fonts で確認してください。。
  • すべてのフォント(Unicode および非 Unicode)が /usr/share/fonts または /usr/share/X11/fonts ディレクトリで使用できることを確認してください。
  • PDF Generator サービスを非 root ユーザーとして実行する場合は、すべてのフォントディレクトリへの読み取りおよび書き込みアクセス権を非 root ユーザーに与えます。
  • 新しいフォントをフォントフォルダーにインストールしたときは、AEM Forms インスタンスを再起動してください。

AEM Forms アドオンパッケージのインストール

AEM Forms アドオンパッケージは AEM にデプロイされるアプリケーションです。このパッケージには、AEM Forms ドキュメントサービスおよびその他の AEM Forms 機能が含まれています。次の手順を実行してパッケージをインストールします。

  1. ソフトウェア配布を開きます。ソフトウェア配布にログインするには、Adobe ID が必要です。

  2. ヘッダーメニューで「Adobe Experience Manager」をタップします。

  3. フィルター」セクションで、

    1. ソリューション」ドロップダウンリストから「Forms」を選択します。
    2. パッケージのバージョンとタイプを選択します。「ダウンロードを検索」オプションを使用して結果をフィルターすることもできます。
  4. お使いのオペレーティングシステムに適したパッケージの名前をタップし、「EULA 利用規約に同意する」を選択して、「ダウンロード」をタップします。

  5. パッケージマネージャーを開き、「パッケージをアップロード」をクリックしてパッケージをアップロードします。

  6. パッケージを選択して「インストール」をクリックします。

    AEM Forms リリースの記事に記載されている直接リンクからパッケージをダウンロードすることもできます。

  7. パッケージのインストールが完了したら、AEM インスタンスを再起動するよう指示されます。その際、すぐにサーバーを停止しないでください。 AEM Forms サーバーを停止する前に、ServiceEvent REGISTERED メッセージと ServiceEvent UNREGISTERED メッセージが [AEM-Installation-Directory]/crx-quickstart/logs/error.log ファイルに表示されなくなり、ログファイルが安定した状態になるまで待ちます。

インストール後の設定

RSA/BouncyCastle ライブラリ用のブート委任の設定

  1. AEM インスタンスを停止します。[AEM インストールディレクトリ]¥crx-quickstart¥conf フォルダーに移動します。sling.properties ファイルを開いて編集します。

    [AEM installation directory]\crx-quickstart\bin\start.bat を使用して AEM インスタンスを起動する場合は、[AEM_root]\crx-quickstart\ にある sling.properties 編集します。

  2. 次のプロパティを sling.properties ファイルに追加します。

    sling.bootdelegation.class.com.rsa.jsafe.provider.JsafeJCE=com.rsa.*
    
  3. (AIX® のみ)以下のプロパティを sling.properties ファイルに追加します。

    sling.bootdelegation.xerces=org.apache.xerces.*
    
  4. ファイルを保存して閉じます。

フォントマネージャーサービスの設定

  1. 管理者として「AEM Configuration Manager」にログインします。

  2. CQ-DAM-Handler-Gibson Font Managers サービスを探して開きます。システムフォント、Adobe サーバーフォント、カスタマーフォントの各ディレクトリのパスを指定します。「保存」をクリックします。

    メモ

    アドビ システムズ社以外が提供しているフォントを使用するユーザーの権利は、それらのフォントを所有する会社が提供する使用許諾契約書に拘束されるもので、アドビソフトウェアを使用するための使用許諾契約書は適用されません。アドビ以外が提供しているフォントをアドビのソフトウェアで使用する前に、適用されるすべてのアドビ以外の使用許諾契約書に準拠していることを確認してください。特に、サーバー環境でフォントを使用する際は注意が必要です。
    新しいフォントをフォントフォルダーにインストールしたときは、AEM Forms インスタンスを再起動してください。

PDF Generator サービスを実行するためのローカルユーザーアカウントの設定

PDF Generator サービスを実行するには、ローカルユーザーのアカウントが必要です。ローカルユーザーを作成する手順については、「Windows のユーザー アカウントを作成する」または「UNIX ベースのプラットフォームでユーザーアカウントを作成する」を参照してください。

  1. AEM Forms PDF Generator の設定ページを開きます。

  2. ユーザーアカウント」タブでローカルユーザーのアカウントの認証情報を入力し、「送信」をクリックします。Microsoft® Windows のプロンプトが表示されたら、ユーザーにアクセスを許可します。正常に追加されると、設定されたユーザーが「ユーザーアカウント」タブの「ユーザーアカウント」セクションに表示されます。

タイムアウトの設定

  1. AEM Configuration Manager で、Jacorb ORB Provider サービスを開きます。

    次のプロパティを「Custom Properties.name」フィールドに追加し、「保存」をクリックします。これで、保留中の応答タイムアウト(「CORBA クライアントのタイムアウト」とも呼ばれます)が 600 秒に設定されます。

    jacorb.connection.client.pending_reply_timeout=600000

  2. AEM オーサーインスタンスにログインし、Adobe Experience ManagerツールFormsPDF Generator を設定​に移動します。デフォルトの URL は http://localhost:4502/libs/fd/pdfg/config/ui.html です。

    一般的な設定」タブを開いて、自分の環境に合わせて次のフィールドの値を変更します。

フィールド 説明 デフォルト値
Server Conversion Timeout PDFG 変換は、サーバー変換タイムアウトで定義された秒数の間アクティブになります 270 秒
PDFG Cleanup Scan Seconds 変換後操作を実行するために必要な秒数
3600 秒
Job Expiration Seconds PDF Generator サービスが変換を実行できる期間。「Job Expiration Seconds」の値が「PDFG Cleanup Scan Seconds」の値よりも大きいことを確認してください。 7200 秒

(Windows のみ)PDF Generator サービス用 Acrobat の設定

Microsoft® Windows では、PDF Generator サービスは Adobe Acrobat を使用して、サポートしているファイル形式を PDF ドキュメントに変換します。以下の手順を実行して、Adobe Acrobat を PDF Generator サービスに設定します。

  1. Acrobat を開き、「編集」/「環境設定」/「Updater」を選択します。「アップデートの有無をチェック」で「アップデートを自動的にインストール」のチェックを解除し、「OK」をクリックします。Acrobat を終了します。

  2. システム上の PDF ドキュメントをダブルクリックします。Acrobat の初回起動時に、ログインのダイアログボックス、スタートアップスクリーンおよび EULA が表示されます。PDF Generator を使用できるすべてのユーザーに対して、このダイアログボックスを閉じます。

  3. PDF Generator ユーティリティのバッチファイルを実行して、Adobe Acrobat を PDF Generator サービス用に設定します。

    1. AEM パッケージマネージャーを開き、adobe-aemfd-pdfg-common-pkg-[version].zip ファイルをパッケージマネージャーからダウンロードします。

    2. ダウンロードした.zip ファイルを解凍します。管理者権限でコマンドプロンプトを開きます。

    3. 次に移動: [extracted-zip-file]\jcr_root\etc\packages\day\cq60\fd\adobe-aemds-common-pkg-[version]\jcr_root\etc\packages\day\cq60\fd\adobe-aemfd-pdfg-common-pkg-[version]\jcr_root\libs\fd\pdfg\tools\adobe-aemfd-pdfg-utilities-[version] ディレクトリ。 次のバッチファイルを実行します。

      Acrobat_for_PDFG_Configuration.bat

      Acrobat が PDF Generator サービスを実行するように設定されます。

  4. System Readiness Tool(SRT)を実行して、Acrobat のインストールを検証します。

(Windows のみ)HTML から PDF への変換のためのプライマリルートの設定

PDF Generator サービスは、HTML ファイルを PDF ドキュメントに変換する複数のルート(Webkit、Acrobat WebCapture(Windows のみ)および PhantomJS)を提供します。アドビでは、PhantomJS ルートを使用することを推奨しています。動的コンテンツを処理する機能を持ち、32 ビットライブラリと 32 ビット JDK に依存せず、追加フォントを必要としないからです。また、PhantomJS ルートでは、変換を実行するために sudo または root アクセスは必要ありません。

HTML から PDF への変換のデフォルトの主要ルートは WebKit です。変換ルートを変更するには:

  1. AEM オーサーインスタンスで、「ツール」/「フォーム」/「PDF Generator を設定」に移動します。

  2. 一般的な設定」タブで、「HTML を PDF へ変換するプライマリルート」ドロップダウンから希望の変換ルートを選択します。

グローバル Trust Store の初期化

Trust Store の管理では、電子署名の検証および証明書認証のために、サーバーで信頼される証明書の読み込み、編集および削除を行うことができます。証明書はいくつでも読み込みと書き出しを行うことができます。証明書が読み込まれたら、信頼設定および Trust Store の種類を編集できます。Trust Store を初期化するには、以下の手順を実行します。

  1. AEM Forms インスタンスに管理者としてログインします。
  2. ツールセキュリティTrust Store に移動します。
  3. Trust Store を作成」をクリックします。パスワードを設定して「保存」をタップします。

Reader 拡張機能および Encription サービス用の証明書を設定します。

DocAssurance サービスは PDF ドキュメントに使用権限を適用できます。PDF ドキュメントに使用権限を適用するには、証明書を設定します。

証明書を設定する前に、次が揃っていることを確認します。

  • 証明書ファイル(.pfx)。

  • 証明書ファイルとともに提供する秘密鍵パスワード。

  • 秘密鍵のエイリアス。Java keytool コマンドを実行し、秘密鍵エイリアスを表示します。
    keytool -list -v -keystore [keystore-file] -storetype pkcs12

  • キーストアファイルのパスワード。アドビの Reader Extensions 証明書を使用している場合、Keystore ファイルのパスワードは常に秘密鍵のパスワードと同一です。

証明書を設定するには、以下の手順を実行します。

  1. AEM オーサーインスタンスに管理者としてログインします。「ツール」/「セキュリティ」/「ユーザー」に移動します。

  2. ユーザーアカウントの​名前​フィールドをクリックします。ユーザー設定を編集​ページが開きます。AEM オーサーインスタンスでは、証明書は KeyStore にあります。KeyStore をまだ作成していない場合は、「KeyStore を作成」をクリックして、KeyStore の新しいパスワードを設定します。KeyStore がサーバーに既にある場合は、この手順をスキップします。アドビの Reader Extensions 証明書を使用している場合、Keystore ファイルのパスワードは常に秘密鍵のパスワードと同一です。

  3. ユーザー設定を編集 ページで「キーストア」タブを選択します。「秘密鍵をキーストアファイルから追加」オプションを展開し、エイリアスを指定します。エイリアスは Reader Extensions の操作を実行する際に使用されます。

  4. 証明書ファイルをアップロードするには、「キーストアファイルを選択」をクリックし、<filename>.pfx ファイルをアップロードします。

    キーストアのパスワード秘密鍵のパスワード、証明書に関連付けられている​秘密鍵エイリアス​を、各フィールドに追加します。「送信」をクリックします。

    メモ

    実稼働環境では、評価用の資格情報を実稼働用の資格情報に置き換えます。期限切れの資格情報または評価用の資格情報を更新する前に、Reader Extensions の古い資格情報を削除してください。

  5. ユーザー設定を編集 ページで「保存して閉じる」をクリックします。

AES-256 を有効にする

PDF ファイルに AES 256 暗号化を使用するには、Java Cryptography Extension(JCE)Unlimited Strength Jurisdiction Policy ファイルを入手し、インストールします。jre/lib/security フォルダーの local_policy.jar と US_export_policy.jar ファイルを置き換えます。例えば、Sun JDK を使用している場合、ダウンロードしたファイルを [JAVA_HOME]/jre/lib/security フォルダーにコピーします。

Assembler サービスは、Reader Extensions サービス、Signature サービス、Forms サービス、Output サービスに依存します。次の手順を実行し、必要なサービスが起動および実行していることを確認します。

  1. 管理者として URL https://'[server]:[port]'/system/console/bundles にログインします。
  2. 次のサービスを検索し、サービスが起動および実行していることを確認します。
サービス名 バンドル名
署名サービス adobe-aemfd-signatures
Reader Extensions サービス com.adobe.aemfd.adobe-aemfd-readerextensions
Forms サービス com.adobe.livecycle.adobe-lc-forms-bedrock-connector
Output サービス com.adobe.livecycle.adobe-lc-forms-bedrock-connector

既知の問題とトラブルシューティング

  • 入力用 zip ファイルにファイル名が 2 バイト文字の HTML ファイルが含まれている場合、HTML から PDF への変換は失敗します。この問題を回避するには、HTML ファイルに名前を付けるときに 2 バイト文字を使用しないようにします。

  • UNIX ベースのオペレーティングシステムでは、以下を実行して不足しているライブラリを見つけます。

  1. [crx-repository]/bedrock/svcnative/HtmlToPdfSvc/bin/ に移動します。

  2. 次のコマンドを実行して、PhantomJS が HTML から PDF への変換に必要とするすべてのライブラリを一覧表示します。

    ldd phantomjs

    次のコマンドを実行して、不足しているライブラリを一覧表示します。

    ldd phantomjs | grep not

  3. 不足しているライブラリを手動でインストールします。

System Readiness Tool(SRT)

System Readiness Tool は、PDF Generator 変換を実行するようにマシンが正しく設定されているかどうかを確認します。ツールは、指定されたパスでレポートを生成します。ツールを実行するには:

  1. コマンドプロンプトを開き、[extracted-adobe-aemfd-pdfg-common-pkg]\jcr_root\libs\fd\pdfg\tools フォルダーに移動します。

  2. コマンドプロンプトから次のコマンドを実行します。

    java -jar forms-srt-[version].jar [Path_of_reports_folder] en

    このコマンドは、レポートを生成し、 srt_config.yaml ファイルも作成します。

    メモ
    • pdfgen.api ファイルが Acrobat プラグインフォルダーで使用できないことが System Readiness Tool から報告された場合は、pdfgen.api ファイルを [extracted-adobe-aemfd-pdfg-common-pkg]\jcr_root\libs\fd\pdfg\tools\adobe-aemfd-pdfg-utilities-[version]\plugins\x86_win32 ディレクトリから [Acrobat_root]\Acrobat\plug_ins ディレクトリにコピーします。

    • srt_config.yaml ファイルを使用して、様々な設定を行うことができます。ファイルの形式は次のとおりです。

    &#x200B;# SRT 設定
    
    &#x200B;#注意 — 解析エラーを避けるために正しい形式に従ってください
    
    &#x200B;#例: &lt;param name=&quot;&quot;>:&lt;space>&lt;param value=&quot;&quot;>
    
    &#x200B;#locale:(必須フィールド)SRT に使用するロケール。 サポートされているロケール [en/fr/de/ja]。
    ロケール:en
    
    &#x200B;#aemTempDir:AEM Temp ディレクトリ
    aemTempDir:
    
    &#x200B;#users:PDFG 変換ユーザーリストの提供
    &#x200B;#users:
    
    &#x200B;# - user1
    
    &#x200B;# - user2
    ユーザー:
    
    &#x200B;#profile:特定のチェックを実行するには、「プロファイル」を選択します。 [LCM] から選択すると、追加が近日中に行われます
    プロファイル:
    
    &#x200B;#outputDir:出力ファイルを保存するディレクトリ
    outputDir:
    
  3. [Path_of_reports_folder] に移動します。SystemReadinessTool.html ファイルを開きます。レポートを検証して前述の問題を修正します。

トラブルシューティング

SRT ツールが報告する問題をすべて修正した後でも問題が発生した場合は、次のチェックを実行します。

次のチェックを実行する前に、System Readiness Tool ではエラーは報告されないことを確認します。

 Adobe Acrobat
  • Microsoft® Office(32 ビット)と Adobe Acrobat のサポート対象バージョンのみがインストールされ、ダイアログを開く操作がキャンセルされていることを確認します。
  • Adobe Acrobat アップデートサービスが無効になっていることを確認します。
  • Acrobat_for_PDFG_Configuration.bat バッチファイルが管理者権限で実行されたことを確認します。
  • PDF Generator ユーザーが PDF 設定 UI に追加されていることを確認します。
  • プロセスレベルトークンの置き換え権限が PDF Generator ユーザーに追加されていることを確認します。
  • Acrobat PDFMaker Office COM Addin が Microsoft Office アプリケーションで有効になっていることを確認します。
 OpenOffice

Microsoft® Windows

  • 32 ビット版であることを確認します。 サポート対象バージョン Microsoft Office のインストールが完了し、すべてのアプリケーションでダイアログを開く操作がキャンセルされました。
  • PDF Generator ユーザーが PDF 設定 UI に追加されていることを確認します。
  • PDF Generator ユーザーが管理グループのメンバーであり、プロセスレベルトークンの置き換え権限がそのユーザーに対して設定されていることを確認します。
  • ユーザーが PDF Generator UI で設定されていることを確認し、次のアクションを実行します。
    1. Microsoft® Windows に、PDF Generator ユーザーでログインします。
    2. Microsoft® Office または OpenOffice アプリケーションを開き、すべてのダイアログをキャンセルします。
    3. AdobePDF をデフォルトのプリンターとして設定します。
    4. Acrobat を PDF ファイルのデフォルトプログラムに設定します。
    5. Microsoft Office アプリケーションのファイル/印刷および Acrobat リボンを使用して手動変換を実行し、すべてのダイアログをキャンセルします。
    6. winword.exe、powerpoint.exe、excel.exe など、変換に関連するすべてのプロセスを終了します。
    7. AEM Forms サーバーを再起動します。

Linux®

  • のインストール サポート対象バージョン OpenOffice の AEM Formsは、32 ビット版と 64 ビット版の両方をサポートしています。 インストール後、すべての OpenOffice アプリケーションを開き、すべてのダイアログウィンドウをキャンセルして、アプリケーションを閉じます。 アプリケーションを再度開き、OpenOffice アプリケーションを開いたときにダイアログボックスが表示されないことを確認します。

  • 環境変数 OpenOffice_PATH を作成し、コンソールまたは dt(デバイスツリー)プロファイルに設定されている OpenOffice のインストール先を指すように設定します。

  • OpenOffice のインストールに問題がある場合は、OpenOffice のインストールに必要な 32 ビットライブラリが利用可能であることを確認します。

 HTML から PDF への変換に関する問題
  • フォントディレクトリが PDF Generator の設定 UI に追加されていることを確認します。

Linux および Solaris(PhantomJS 変換ルート)

  • Webkit ベースの HTMLToPDF 変換に 32 ビットライブラリ(libicudata.so.42)が使用可能であり、64 ビット(libicudata.so.42)が PhantomJS ベースの HTMLToPDF 変換に使用可能であることを確認します。

  • 次のコマンドを実行して、phantomjs に不足しているライブラリを一覧表示します。

    ldd phantomjs | grep not
    
  • JAVA_HOME_32 環境変数が正しい場所を指していることを確認します。

Linux® および Solaris™(WebKit 変換ルート)

  • /usr/lib/X11/fonts および /usr/share/fonts ディレクトリが存在することを確認します。ディレクトリが存在しない場合は、/usr/share/X11/fonts から /usr/lib/X11/fonts にシンボリックリンクを作成し、別のシンボリックリンクを /usr/share/fonts から /usr/share/X11/fonts.に作成します。

    ln -s /usr/share/fonts /usr/share/X11/fonts
    
    ln -s /usr/share/X11/fonts /usr/lib/X11/fonts
    
  • IBM のフォントが usr/share/fonts の下にコピーされていることを確認します。

  • GHOST 脆弱性が修正済みの glibc がマシン上で利用可能であることを確認します。デフォルトのパッケージマネージャーを使用して、glibc の最新バージョンにアップデートします。これには GHOST 脆弱性の修正も含まれます。

  • 最新バージョンの 32 ビット lib curl、libcrypto、libssl ライブラリがシステムにインストールされていることを確認します。また、それぞれのライブラリの最新版(32 ビット)を指すシンボリックリンク /usr/lib/libcurl.so(AIX® では libcurl.a)、/usr/lib/libcrypto.so(AIX® では libcrypto.a)および /usr/lib/libssl.so(AIX® では libssl.a)も作成します。

  • 以下の手順を実行して、IBM® SSL ソケットプロバイダーを設定します。

    1. java.security ファイルを <WAS_Installed_JAVA>\jre\lib\security から AEM Forms Server 上の任意の場所にコピーします。デフォルトの場所は <WAS_Installed>\Appserver\java_[version]\jre\lib\security.です。

    2. コピー先の java.security ファイルを編集し、デフォルトの SSL Socket factories を JSSE2 factories に変更します(WebSphere® の代わりに JSSE2 factories を使用します)。

      次のデフォルトの JSSE socket factories を変更します。

      #ssl.SocketFactory.provider=com.ibm.jsse2.SSLSocketFactoryImpl
      #ssl.ServerSocketFactory.provider=com.ibm.jsse2.SSLServerSocketFactoryImpl
      WebSphere socket factories (in cryptosf.jar)
      ssl.SocketFactory.provider=com.ibm.websphere.ssl.protocol.SSLSocketFactory
      ssl.ServerSocketFactory.provider=com.ibm.websphere.ssl.protocol.SSLServerSocketFactory
      

      以下に置き換えます。

      ssl.SocketFactory.provider=com.ibm.jsse2.SSLSocketFactoryImpl
      ssl.ServerSocketFactory.provider=com.ibm.jsse2.SSLServerSocketFactoryImpl
      WebSphere socket factories (in cryptosf.jar)
      #ssl.SocketFactory.provider=com.ibm.websphere.ssl.protocol.SSLSocketFactory
      #ssl.ServerSocketFactory.provider=com.ibm.websphere.ssl.protocol.SSLServerSocketFactory
      
 PDF Generator(PDFG)ユーザーを追加できない
  • Microsoft® Visual C++ 2012 x86 および Microsoft® Visual C++ 2013 x86(32 ビット)の再頒布可能パッケージが Windows にインストールされていることを確認します。
 自動化テストの失敗
  • Microsoft® Office および OpenOffice の場合は、(各ユーザーと同様に)1 つ以上の変換を手動で実行し、変換時にダイアログがポップアップ表示されないようにします。ダイアログが表示された場合は、ダイアログを閉じます。自動変換時に、このようなダイアログが表示されないようにします。

  • OSGi 環境の AEM Forms で自動処理を実行する前に、テストパッケージがインストールされ、アクティブになっていることを確認します。

 複数ユーザー変換の失敗
  • 特定のユーザーが変換に失敗したかどうかを確認するには、サーバーログを確認します。(プロセスエクスプローラは、異なるユーザーの実行中のプロセスを確認するのに役立ちます)

  • PDF Generator 用に設定したユーザーに、ローカルの管理者権限が付与されていることを確認します。

  • PDF Generator ユーザーに、LC 一時ユーザーと PDFG 一時ユーザーに対する読み取り、書き込み、実行の権限があることを確認します。

  • Microsoft® Office および OpenOffice の場合は、(各ユーザーと同様に)1 つ以上の変換を手動で実行し、変換時にダイアログがポップアップ表示されないようにします。ダイアログが表示された場合は、ダイアログを閉じます。自動変換時に、このようなダイアログが表示されないようにします。

  • サンプル変換を実行します。

 AEM Forms Server にインストールされた Adobe Acrobat のライセンスの有効期限
  • Adobe Acrobat の既存のライセンスを持っていて、そのライセンスが期限切れの場合、最新バージョンの Adobe Application Manager をダウンロードし、シリアル番号を移行します。シリアル番号の移行前に以下のことを行います。

    • 次のコマンドを使用して prov.xml を生成し、シリアル番号の移行記事で提供されるコマンドの代わりに prov.xml ファイルを使用して既存のインストールを再シリアライズします。

       &quot;&#39;
      
       adobe_prtk —tool=VolumeSerialize —generate —serial=&lt;serialnum> [—leid=&lt;leid>] [—regsuppress=ss] [—eulasuppress] [—locales=xx_XX 形式または ALL のロケールの制限付きリスト ] [—provfile=&lt;absolute path=&quot;&quot; to=&quot;&quot; prov.xml=&quot;&quot;>]
      
       &quot;&#39;
      
    • パッケージをボリュームシリアライズします(prov.xml ファイルと新しいシリアルを使用して既存のインストールを再シリアライズします)。PRTK インストールフォルダーから次のコマンドを管理者として実行し、クライアントマシンにデプロイされたパッケージをシリアライズしてアクティベートします。

       &quot;&#39;
       adobe_prtk —tool=VolumeSerialize —provfile=C:\prov.xml -stream
      
       &quot;&#39;
      
  • 大規模インストールの場合は、Acrobat Customization Wizard をクリックして、以前のバージョンの Reader と Acrobat を削除します。インストーラーをカスタマイズし、組織のすべてのマシンにデプロイします。

 AEM Forms サーバーはオフラインまたはセキュアな環境にあり、インターネットを使用して Acrobat をアクティブ化できません。
  • アドビ製品の初回起動から 7 日以内にオンラインにアクセスして、オンラインでのアクティベーションと登録を完了したり、インターネット対応デバイスと製品のシリアル番号を使用してこのプロセスを完了したりできます。手順について詳しくは、オフラインアクティベーションを参照してください。
 Word または Excel ファイルを Windows Server 上のPDFに変換できません

ユーザーが Word または Excel ファイルをMicrosoft Windows Server 上のPDFに変換しようとすると、次のエラーが発生します。

プライマリコンバータからのエラーメッセージ:ALC-PDG-015-003-Theシステムは入力ファイルを開けません。 ファイルを再度送信するか、システム管理者に問い合わせてください。

この問題を解決するには、 Word または Excel ファイルを Windows Server 上のPDFに変換できません.

次の手順

これで、AEM Forms ドキュメントサービスの動作環境が用意できました。ドキュメントサービスは、以下で使用できます。

このページ