Adobe Experience Manager 6.5 の最新のサービスパックのリリースノート

最終更新日: 2024-02-29

リリース情報

製品 Adobe Experience Manager 6.5
バージョン 6.5.20.0
タイプ サービスパックのリリース
日付 2024年2月22日木曜日(PT)
ダウンロード URL ソフトウェア配布

Experience Manager 6.5.20.0 の内容

Experience Manager 6.5.20.0 には、2019年4月の 6.5 の初公開以降にリリースされた新しい機能、お客様から要望のあった主な機能強化、バグ修正およびパフォーマンスや安定性、セキュリティの向上が含まれています。Experience Manager 6.5 でこのサービスパックをインストールします。

主な機能および機能強化

このリリースの主な機能と機能強化は次のとおりです。

  • Dynamic Media では、Apple iOS/iPadOS の可逆 HEIC 画像形式をサポートするようになりました。Dynamic Media 画像サービングおよびレンダリング API のfmtを参照してください。

  • マルチサイトマネージャー(MSM)では、エクスペリエンスフラグメントをライブコピーに効率的に一括ロールアウトするために、フォルダーやサブフォルダーを含むエクスペリエンスフラグメント構造をサポートするようになりました。

Forms

  • JEE 上のAEM Formsでのトランザクションレポート:JEE 上のAEM Formsでトランザクションレポート機能が導入され、コンバージョン、レンディション、送信などのドキュメントトランザクションを包括的に記録できるようになりました。 この機能強化により、効率が向上し、記録の管理が容易になります。 この機能はデフォルトで無効になっています。 Admin UI から有効にできます。
  • ECDSA サポートによるセキュリティの強化:AEM Formsでは、JEE スタックと OSGi スタックの両方で、楕円曲線デジタル署名アルゴリズム (ECDSA) の堅牢なサポートを提供するようになりました。 セキュリティを強化して、署名ドキュメントの署名、認証、およびPDFの検証を行えるようになりました。 次の EC 曲線アルゴリズムがサポートされます。
    • ECDSA 楕円曲線 P256 と SHA256 ダイジェストアルゴリズム
    • ECDSA 楕円曲線 P384 と SHA384 ダイジェストアルゴリズム
    • ECDSA 楕円曲線 P512 と SHA512 ダイジェストアルゴリズム
  • Windows 11 とのシームレスな互換性 (Forms Designer 版 ):AEM Forms Designer で Windows 11 がサポートされ、インストールと操作がスムーズになりました。 Forms Designer の再インストールや互換性の問題を気にすることなく、自信を持って Windows 11 にアップグレードできます。ワークフローが中断されないようにします。
  • AEM Forms Designer のカスタム「キャプション」の役割によるアクセシビリティの強化:AEM Forms Designer には、「Caption」と呼ばれるカスタムアクセシビリティロールが含まれ、ユーザーがパーソナライズされたキャプション要素を使用して XDP を作成できるようになりました。 この機能は、カスタムキャプションをドキュメントデザインに組み込むことでアクセシビリティを向上させ、インクルーシビティとユーザーエクスペリエンスを向上させます。

サービスパック 20 で修正された問題

Sites

管理ユーザーインターフェイス

  • Workflow Title フィールドには * が必須とマークされていますが、検証は行われません。(SITES-16491)

Content Fragments

  • AEM 6.5.18 または AEM 6.5.19 へのアップグレード後、ネストされた設定フォルダーはサポートされなくなり、コンテンツフラグメントモデルフォルダーは表示されなくなりました。(SITES-18110)
  • 一部のサブフォルダーは、継承されたコンテンツフラグメントモデルから選択できません。ユーザーインターフェイス経由で作成された DAM フォルダーにそのようなノードがある場合でも、jcr:content プロパティを持たないフォルダーをサポートする必要があります。(SITES-17943)

Content Fragments - GraphQL API

  • GraphQL クエリを実行してオプションの変数を使用して結果をフィルタリングする場合、オプションの変数に特定の値が指定されてい​ない​場合、その変数はフィルター評価で無視されます。(SITES-17051)

Content Fragments - REST API

  • org.json ライブラリのアップグレードにより、小数のデシリアライズ方法が変更されました。以前は「デフォルトで」Doubles に変換されていましたが、現在は BigDecimal に変換されています。代わりに、REST API 経由で保存されたメタデータプロパティ値は、BigDecimal から Double に変換する必要があります。(SITES-16857)

コアバックエンド

  • コンテンツフラグメントのクイック公開を使用すると、読み込みが続き、公開されません。つまり、サービスパックを AEM 6.5.7 から AEM 6.5.17 にアップグレードした後、コンテンツフラグメントに対してクイック公開が機能しなくなります。ユーザーが管理対象の公開を試みた際、機能しました。ただし、クイック公開を試みると、公開されませんでした。具体的には、com.day.cq.wcm.core.impl.reference.ActivationReferenceSearchBuilder により、システムのスラッシングが発生しました。(SITES-17311)
  • コンテンツフラグメントは、Jackson エクスポーターではシリアライズできません。ページ内で参照されているコンテンツフラグメント(Jackson エクスポーターコードを使用)とコンテンツフラグメントにタグが追加されている場合、ページの読み込みが中断されます。(SITES-18096)

コアコンポーネント

  • CIF コアコンポーネントパッケージを AEM にインストールすると、既存のコンポーネントの :type 値が変更されます。この変更により、追加されたページではレンダリングされなくなります。(SITES-17601)

Campaign 統合

  • AEM では、脆弱性レポートにより、許可リスト(whitelist とも呼ばれる)を使用していました。許可リストが原因で、お客様は必要な機能を使用できませんでした。(SITES-16822)

エクスペリエンスフラグメント

  • エクスペリエンスフラグメント向け MSM では、フォルダーやサブフォルダーを含むエクスペリエンスフラグメントのコンテンツ構造への一括ロールアウトをサポートするようになりました。(SITES-16004)

MSM - ライブコピー

  • コンポーネントをロールアウトすると、「Is not modifiable」例外がスローされます。具体的には、応答処理中に org.apache.sling.servlets.post.impl.operations.ModifyOperation 例外が発生します。(SITES-18809)
  • エクスペリエンスフラグメントの特定のライブコピーに変更をロールアウトできません。(SITES-17930)
  • ユーザーがブループリントページ上でコンポーネントに注釈を追加してから、ロールアウトすると、ライブコピーで注釈数が正しく表示されません。(SITES-17099)
  • タッチグラフィカルユーザーインターフェイスでは、親ページから子ページへの MSM ロールアウトボタンが壊れています。選択すると、Uncaught TypeError: _g.shared is undefined というエラーが表示されます。(SITES-16991)

ページエディター

  • Forms のテーマエディターのプレビューが壊れています。「プレビュー」を選択すると、読み込みアイコンのみが表示されます。(SITES-17164)

Assets

  • メタデータエディターヘルパーでルールベースのフィールドを検証できず、「必須フィールドがありません」というエラーメッセージが表示されます。(ASSETS-31396)
  • PDF を別の場所に移動すると、「ページを表示」オプションが表示されなくなります。(ASSETS-30538)
  • 読み取り権限のある画像を選択できません。(ASSETS-32199)
  • 表示設定でカードサイズを変更できません。(ASSETS-31667)
  • .oft ファイルタイプのアップロード中にアップロードが失敗します。(ASSETS-30109)
  • カスタムメタデータフィールドを追加の列としてレポートに追加しようとすると、チェックボックスがオンになりません。(ASSETS-31671)
  • アセットの移動操作は、Experience Manager サービスパック 16 では適切に機能しません。(ASSETS-30598)

Dynamic Media

  • アセットを AEM にアップロードすると、Update_asset ワークフローがトリガーされます。ただし、ワークフローが完了することはありません。ワークフローは、製品のアップロード手順までのみ完了します。次の手順は Scene7 のバッチアップロードですが、そのプロセスは AEM に取り込まれていません。(ASSETS-30443)
  • Dynamic Media コンポーネントで Dynamic Media 以外のビデオを適切に処理するための、より優れた方法が必要です。この問題により、dynamicmedia_sly.js のインスタンス化中に例外が発生していました。(ASSETS-31301)
  • プレビューは、すべてのアセット、アダプティブビデオセットおよびビデオで機能します。ただし、.m3u8 ファイルの場合は 403 エラーがスローされます(ちなみに、パブリックリンク経由でも機能します)。(ASSETS-31882)
  • scene7SmartCropProcessingStatus ステータスを修正しました。以前は、スマート切り抜きビデオメタデータで、成功した場合でも失敗と表示されていました。(ASSETS-31255)

Forms

Adaptive Forms

  • ユーザーがAEM FormsをAEM公開済み URL のメーリングプラットフォームに統合しようとしても、AEM Formsは method=post ページのレンダリング中に発生する問題を修正しました。 この問題は、 POST は、URL を使用した送信アクションに設定されます。 これにより、メーリングプラットフォームがこれをフォームとして認識しなくなります。 (FORMS-12614)

  • ユーザーがAEM Form Service Pack 6.5.18.0で表示パターンを持つ日付フィールドを選択すると、ユーザーはキーボードを使用して現在の日付を選択できません。 (FORMS-12736)

  • AEM Forms Service Pack 6.5.17.0および Service Pack 6.5.18.0では、ユーザーがカレンダーウィジェットで月を切り替えると、日付選択コンポーネントに追加の行が表示されます。 (FORMS-11869)

  • ユーザーがiOSデバイスの添付ファイルコンポーネントで「写真を撮る」を使用して画像をクリックすると、すべての画像が同じ名前でフォルダーに追加されます。 (FORMS-12224)

  • ラジオボタングループ内の既存のオプションを更新すると、誤った翻訳値が公開されます。 (FORMS-12575)

  • ユーザーが Android™デバイスのアダプティブフォームに文字を追加した場合、Android™デバイスでは、フォーカスアウト時にテキストフィールドに定義された最大文字数を超える文字を入力できます。 ただし、ユーザーが入力タイプ「HTML5」を選択した場合に機能します。 (FORMS-12748)

  • 一致するラベル Arial® labeledby と Arial®ラベルがあるので、スクリーンリーダーはこれら 2 つを区別できません。 この問題を解決するには、フォームフィールドのラベル「aria-labelledby」が「aria-describedby」に置き換えられます。 (FORMS-12436)

  • 作成者が「アダプティブForms — 埋め込み (v2)」コンポーネントを使用してアダプティブフォームをサイトページに埋め込み、埋め込みフォームに CAPTCHA コンポーネントを含める場合(CAPTCHA サービス/reCAPTCHA-v2)、ユーザーが「view as」を使用してサイトページを表示しようとすると、サイトページが表示されない発行済み」というメッセージがオーサーインスタンスに表示されます。 次のエラーは、と表示されます (FORMS-11859)。
    Failed to construct 'URL': Invalid base URL at Object.renderRecaptcha

  • ユーザーが日付選択コンポーネントを使用して日付を選択しようとすると、値は更新されず、NULL が表示されます。 (FORMS-12742、FORMS-12736)

  • ユーザーがAEM Form Service Pack 6.5.19.0にアップグレードした場合、既存の辞書に新しい言語を更新した後、「guideContainer」行と統合されて、フォームにロケールを追加できません。 (FORMS-12947)

  • AEM Forms Service Pack 6.5.19.0では、Java™ 11 上で呼び出された Webservice 操作が次のエラーで失敗します (FORMS-12329)。
    java.lang.NoClassDefFoundError message:sun/misc/BASE64Decoder

  • ユーザーがAEM Forms Service Pack 6.5.18.0で「EmailService」の「receive」操作を呼び出すと、例外がスローされます (FORMS-12050)。
    java.util.ServiceConfigurationError: javax.mail.Provider: Provider com.sun.mail.imap.IMAPProvider not a subtype

  • AEM Forms Service Pack 6.5.18.0で FIPS モードが有効になっている場合、デフォルトの DOM でのユーザーの作成に失敗し、次のエラーが表示されます (FORMS-11857)。
    com.adobe.idp.cx.a: error seeding random number generator

  • ユーザーがパスの下の ADMINUI でフォントを選択したとき Home>Services>PDF Generator>Adobe PDF Settingsの場合、選択されません。 また、標準またはパーソナライズされたプロファイルでは、使用可能なフォントのリストボックスは空です。 したがって、 常に埋め込む または 埋め込まない. ユーザーは、PDF Generatorを使用してPDFのフォントを設定できません。 ログには、関連するエラーメッセージは表示されません。 (FORMS-12095)

  • AEM Forms Service Pack 6.5.18.0では、ユーザーはセキュリティ設定を作成できず、エラーやサーバーログは表示されませんが、画面にポップアップエラーメッセージが表示されます。 (FORMS-12212)

  • AEM Forms Service Pack 6.5.18.0のユーザーが JEE 上のアダプティブフォームを送信した場合、アダプティブフォーム内の添付ファイルは JEE プロセスに送信されず、このプロセスによってアプリケーションが失敗します。 (FORMS-12232、FORMS-12228)

  • ユーザーがPDFをPDF/A-2b またはPDF/A-3B に変換すると、変換に失敗し、エラーが次のように表示されます。(FORMS-12790)

    OCCD contains Order key that does not reference all layers.
    -> Optional content configuration dictionary has no Name entry.
    -> Font not embedded (and text rendering mode not 3).
    obj(65, 0)
    Page: 1
    -> Font not embedded (and text rendering mode not 3).
    obj(67, 0)
    Page: 1
    -> PDF/A entry missing.
    -> PDF/A entry missing.
    
  • AEM Forms 6.5.18.0では、アダプティブフォームが発行されると、変更が加えられていない場合でも、ポリシーを含むすべての依存関係が再発行されます。 (FORMS-10454)

  • JBoss®自動セットアップを使用したAEM Forms 6.5.19.1での Configuration Manager の実行中に「Microsoft SharePoint」を選択すると、LiveCycleJBoss® EAR のインストールに失敗し、次のエラーが表示されます。(FORMS-12463)

    Caused by: org.jboss.as.server.deployment.DeploymentUnitProcessingException: WFLYEE0031: Unable to process modules in application.xml for EAR ["/C:/AEM/jboss/bin/content/ adobe-livecycle-jboss.ear "], module file adobe-connectorformssharepoint-config-ejb.jar not found.

Forms Designer

  • ユーザーがAEM Forms Service Pack 6.5.18.0にアップグレードした場合、例外処理が見つからず、タグ付きPDFオプションを有効にした状態で出力サービスを通じて渡された XDP が失敗します。 (LC-3921757)

  • ユーザーがAEM Forms Designer を使用してPDFを生成すると、見出しレベルは、グラフィック要素(長方形ボックスなど)と共にアクセシビリティツリーにタグ付けされます。 (LC-3921687)

  • Workbench を介してインストールされたAEM Forms Designer では、バージョン情報が Control Panel/Programs/Programs and Features. (LC-3921976)

  • ユーザーがAEM Forms Designer で XDP を作成した場合、PDF出力時に、Button Form タグが親段落タグ (p-tag) 内にネストされない。 (LC-3921719)

  • ユーザーがAEM Forms Designer で XDP を作成するとき、ユーザーがフォームタグを移動すると、PDF時の出力時に、背景オブジェクトもタグ付けされます。 (LC-3921687)

基盤

Communities

  • ユーザー同期を正常に設定した後、ユーザー同期診断が失敗します。(NPR-41693)

統合

  • AEM 6.5 から AdobeSearch&Promote のすべてのコードと依存関係を削除します。(NPR-40856)

ローカライゼーション

  • Aria ラベルの「close」が Assetsファイル​でローカライズされていません。フォルダーを選択してから、ツールバーで​プロパティ権限​タブ/メンバー名をクリックしてください。(NPR-41705)
  • ロケール ENG、FRA、KOR、DEU、PTB の SSL 設定ページの「キーストアのパスワード」フィールドに、ツールチップの一部が途切れて表示されます。(NPR-41367)

プラットフォーム

  • /api サーブレットが href json に正しいスキームを返さないことが原因で発生する、Campaign と AEM の統合に関する問題。これは、AEM が X-Forwarded-Proto ヘッダーを受信しておらず、リクエストには HTTPS の代わりに HTTP スキームで応答するよう強制されたことが原因です。そのため、OSGI 設定に基づいてスキームの選択を切り替える機能を追加する必要があります。(GRANITE-48454)

Sling

  • org.apache.sling.resourceMerger バンドル 1.4.2 では、AEM 6.5 サービスパック 17 以降から例外をスローします。Sling Resource Merger 1.4.4 は、サービスパック 20 に含める必要があります。(NPR-41630)

翻訳

  • AEM 6.5 サービスパック 18 のデプロイメント後、翻訳ルールエディターの「フィルター」タブに問題がありました。「コンテキスト」を選択し、編集/保存をクリックすると、次回同じコンテキストを開いたときに二重引用符が HTML 文字として表示されます。基本的に、翻訳ルールは正しく保存されていませんでした。(NPR-41624)
  • コンテンツフラグメントの翻訳に関連する問題があり、翻訳された文字列が翻訳プロバイダーから AEM に返送されますが、/content/projects レベルで行き詰まり、コンテンツフラグメントが更新されません。(NPR-41516)
  • 言語コピーを作成すると、エラーメッセージが表示されます。この問題は、コンテンツフラグメントモデルを使用して、ページプロパティでコンテンツフラグメントを参照するページで発生します。(NPR-41441)
  • 言語コピーの間に、エクスペリエンスフラグメント内のリンクが正しい言語に調整されません。代わりに、エクスペリエンスフラグメントはプライマリロケールを指します。(NPR-41343)

ユーザーインターフェイス

  • AEM 6.5 サービスパック 18 にアップグレードすると、コンソールエラーが発生します。エラーは coralUI3.js ファイルにあり、AEM でドロップダウンを選択すると発生します。具体的には、onOverlayToggle イベントで発生します。Uncaught TypeError: Cannot read properties of null (reading 'innerText') というエラーが表示されます。(NPR-41467)
  • AEM で、ツール一般タグ付け作成タグを作成​を選択し、「タイトル」フィールドに非ラテン文字を入力すると、「名前」フィールドにハイフン文字(-)のみが入力されます。(NPR-41623)
  • About Adobe Experience Manager ダイアログボックスの著作権表記の年が正しくありません。(NPR-41526)
  • ユーザー設定を編集する際に、未翻訳の​プロファイルのプロパティ​文字列が存在します。すべてのロケールで発生します。(NPR-41365)

Experience Manager 6.5.20.0 のインストール

  • Experience Manager 6.5.20.0 には Experience Manager 6.5 が必要です。手順について詳しくは、アップグレードに関するドキュメントを参照してください。
  • サービスパックは、アドビのソフトウェア配布からダウンロードできます。
  • MongoDB と複数のインスタンスを含むデプロイメントでは、パッケージマネージャーを使用して、オーサーインスタンスの 1 つに Experience Manager 6.5.20.0 をインストールしてください。
重要

アドビでは、Experience Manager 6.5.20.0 パッケージを削除またはアンインストールすることを推奨しません。したがって、パッケージをインストールする前に、ロールバックする必要がある場合に備えて crx-repository のバックアップを作成する必要があります。

Experience Manager 6.5 へのサービスパックのインストール

  1. インスタンスが更新モードの場合(インスタンスが以前のバージョンから更新された場合)、インストール前にインスタンスを再起動します。インスタンスの現在の稼動時間が長い場合、アドビは再起動することを推奨します。

  2. インストールする前に、Experience Manager インスタンスのスナップショットまたは新しいバックアップを作成します。

  3. ソフトウェア配布からサービスパックをダウンロードします。

  4. パッケージマネージャーを開き、「パッケージをアップロード」を選択して、パッケージをアップロードします。詳しくは、パッケージマネージャーを参照してください。

  5. パッケージを選択して、「インストール」を選択します。

  6. S3 コネクタを更新するには、サービスパックのインストール後にインスタンスを停止し、既存のコネクタをインストールフォルダーに用意されている新しいバイナリファイルに置き換えて、インスタンスを再起動します。Amazon S3 データストアを参照してください。

メモ

サービスパックのインストール中に、パッケージマネージャー UI のダイアログが終了することがあります。Adobeでは、エラーログが安定するのを待ってから、デプロイメントにアクセスすることをお勧めします。アップデーターバンドルのアンインストールに関連する特定のログが表示されるのを待ってから、インストールが成功したことを確認してください。この問題は、通常 Safari ブラウザーで発生しますが、どのブラウザーでも断続的に発生する場合があります。

自動インストール

Experience Manager 6.5.20.0 の自動インストールに使用できる方法は 2 つあります。

  • サーバーがオンラインで使用可能な場合、パッケージを ../crx-quickstart/install フォルダーに配置します。パッケージが自動的にインストールされます。
  • パッケージマネージャーの HTTP API を使用します。ネストされたパッケージがインストールされるように、cmd=install&recursive=true を使用します。
メモ

Experience Manager 6.5.20.0 では、Bootstrap のインストールをサポートしていません。

インストールの検証

このリリースでの動作が認定されたプラットフォームについては、技術要件を参照してください。

  1. 製品情報ページ(/system/console/productinfo)のインストール済み製品に、更新されたバージョン文字列 Adobe Experience Manager (6.5.20.0) が表示されます。

  2. すべての OSGi バンドルは、OSGi コンソールで アクティブ または フラグメント です(web コンソールを使用:/system/console/bundles)。

  3. OSGi バンドル org.apache.jackrabbit.oak-core はバージョン 1.22.18 以降です(Web コンソールを使用:/system/console/bundles)。

Experience Manager Forms へのサービスパックのインストール

AEM Forms にサービスパックをインストールする手順については、AEM Forms サービスパックのインストール手順を参照してください。

メモ

AEM 6.5 クイックスタートで使用できるアダプティブフォーム機能は、探索と評価のみを目的として設計されています。アダプティブフォームの機能には適切なライセンスが必要なので、実稼動環境で使用する場合は、AEM Forms の有効なライセンスを取得することが不可欠です。

Experience Manager コンテンツフラグメント用の GraphQL インデックスパッケージのインストール

GraphQL を使用しているお客様は、Experience Manager コンテンツフラグメントと GraphQL インデックスパッケージ 1.1.1 をインストールする必要があります。

これにより、実際に使用する機能に基づいて、必要なインデックス定義を追加できます。

このパッケージをインストールしないと、GraphQL クエリが遅くなったり失敗したりする場合があります。

メモ

このパッケージは、インスタンスごとに 1 度だけインストールします。サービスパックごとに再インストールする必要はありません。

UberJar

Experience Manager 6.5.20.0 の UberJar は、Maven Central リポジトリで入手できます。

Maven プロジェクトで UberJar を使用するには、UberJar の使用方法を参照し、プロジェクト POM に次の依存関係を含めます。

  <dependency>
  <groupId>com.adobe.aem</groupId>
  <artifactId>uber-jar</artifactId>
  <version>6.5.20</version>
  <scope>provided</scope>
  </dependency>
メモ

UberJar およびその他の関連アーティファクトは、Adobe のパブリック Maven リポジトリー (repo.adobe.com) ではなく、Maven Central リポジトリーで入手できます。メインの UberJar ファイルの名前は、「uber-jar-<version>.jar」に変更されます。そのため classifier が存在せず、apis が値として dependency タグに使用されます。

廃止される機能および削除された機能

廃止される機能および削除された機能を参照してください。

既知の問題

  • Oak 関連
    サービスパック 13 以降で、永続性キャッシュに影響する次のエラーログが表示されるようになりました。

    org.h2.mvstore.MVStoreException: The write format 1 is smaller than the supported format 2 [2.0.202/5]
    at org.h2.mvstore.DataUtils.newMVStoreException(DataUtils.java:1004)
        at org.h2.mvstore.MVStore.getUnsupportedWriteFormatException(MVStore.java:1059)
        at org.h2.mvstore.MVStore.readStoreHeader(MVStore.java:878)
        at org.h2.mvstore.MVStore.<init>(MVStore.java:455)
        at org.h2.mvstore.MVStore$Builder.open(MVStore.java:4052)
        at org.h2.mvstore.db.Store.<init>(Store.java:129)
    

    または

    org.h2.mvstore.MVStoreException: The write format 1 is smaller than the supported format 2 [2.1.214/5].
    

    この例外を解決するには、次の手順を実行します。

    1. 次の 2 つのフォルダーを crx-quickstart/repository/ から削除する

      • cache
      • diff-cache
    2. サービスパックをインストールするか、Experience Manager as a Cloud Serviceを再起動します。
      cache および diff-cache の新しいフォルダーが自動的に作成され、error.log 内で mvstore に関連する例外は発生しなくなりました。

  • コンテンツモデルのカスタム API 名を使用していた可能性のある GraphQL クエリを、代わりにコンテンツモデルのデフォルト名を使用するように更新してください。

  • GraphQL クエリでは、fragments インデックスの代わりに damAssetLucene インデックスを使用する場合があります。このアクションは結果的に、GraphQL クエリが失敗するか、実行に非常に長い時間がかかる可能性があります。

    問題を修正するには、damAssetLucene では、/indexRules/dam:Asset/properties に次の 2 つのプロパティを含むように設定する必要があります。

    • contentFragment
      • jcr:primaryType="nt:unstructured"
      • name="jcr:content/contentFragment"
      • propertyIndex="{Boolean}true"
      • type="Boolean"
    • model
      • jcr:primaryType="nt:unstructured"
      • name="jcr:content/data/cq:model"
      • ordered="{Boolean}true"
      • propertyIndex="{Boolean}true"
      • type="String"

    インデックス定義を変更した後、インデックス再作成が必要です(reindex = true)。

    これらの手順を行うと、GraphQL クエリの実行が高速化されます。

  • コンテンツフラグメント、サイト、ページのいずれかを移動、削除または公開しようとすると、バックグラウンドクエリが失敗したため、コンテンツフラグメント参照が取得される際に問題が発生します。つまり、この機能が動作しなくなります。
    正しく動作させるには、インデックス定義ノード /oak:index/damAssetLucene に次のプロパティを追加する必要があります(インデックスの再作成は不要です)。

    "tags": [
        "visualSimilaritySearch"
      ]
    "refresh": true
    
  • Experience Manager インスタンスを 6.5.0~6.5.4 から Java™ 11 の最新のサービスパックにアップグレードすると、error.log ファイルに RRD4JReporter 例外が表示されます。例外を停止するには、Experience Manager のインスタンスを再起動します。

  • ユーザーは、Assets の階層内のフォルダーの名前を変更し、ネストされたフォルダーを Brand Portal に公開できます。ただし、ルートフォルダーが再公開されるまで、Brand Portal でフォルダーのタイトルは更新されません。

  • Experience Manager 6.5.x.x のインストール中に、次のエラーや警告メッセージが表示される場合があります。

    • 「Target Standard API(IMS 認証)を使用して Experience Manager に Adobe Target 統合を設定する場合、エクスペリエンスフラグメントを Target に書き出すと、間違ったオファータイプが作成されます。Target では、「エクスペリエンスフラグメント」/ソース「Adobe Experience Manager」タイプではなく、「HTML」/ソース「Adobe Target Classic」タイプのオファーをいくつか作成します。
    • com.adobe.granite.maintenance.impl.TaskScheduler : granite/operations/maintenance にメンテナンスウィンドウが見つかりません。
    • SUM、MAX、MIN などの集計関数が使用される場合、アダプティブフォームのサーバー側検証が失敗します (CQ-4274424)。
    • com.adobe.granite.maintenance.impl.TaskScheduler - granite/operations/maintenance にメンテナンスウィンドウが見つかりません。
    • ショッパブルバナービューアでアセットをプレビューしている間、Dynamic Media インタラクティブ画像のホットスポットは表示されません。
    • com.adobe.cq.social.cq-social-jcr-provider bundle com.adobe.cq.social.cq-social-jcr-provider:1.3.5 (395)[com.adobe.cq.social.provider.jcr.impl.SpiSocialJcrResourceProviderImpl(2302)]:登録状況を未登録に変更する処理が完了するのを待機中にタイムアウトになりました。
  • AEM 6.5.15 以降、org.apache.servicemix.bundles.rhino バンドルで提供される Rhino JavaScript Engine には、新しい巻上げ動作が追加されました。strict モード(use strict;)を使用するスクリプトでは、変数を正しく宣言する必要があります。宣言しない場合、変数は実行されず、代わりにランタイムエラーが発生します。

AEM Forms の既知の問題

  • 事前入力サービスは、インタラクティブ通信で null ポインタ例外が発生して失敗します。 (CQDOC-21355)

含まれている OSGi バンドルとコンテンツパッケージ

次のテキストドキュメントには、この Experience Manager 6.5 サービスパックリリースに含まれている OSGi バンドルとコンテンツパッケージのリストが記載されています。

制限付き Web サイト

以下の web サイトはお客様のみが参照できます。アクセス権を必要とするお客様は、アドビのアカウントマネージャーにお問い合わせください。

このページ