コミュニティコンポーネントの基本

概要

ドキュメントのオーサリングの節では、オーサー編集モードでAEMサイトにコミュニティ機能を追加する方法と、コンポーネント設定を説明する方法について説明します。

コンポーネントは、AEMインスタンスとインタラクティブを使用して確認できます コミュニティコンポーネントガイド.

コミュニティコンポーネントへのアクセス

ページコンテンツのオーサリング時に、基になるテンプレートがページのデザインに対する変更を許可している場合は、サイトデザインの一部としてコンポーネントブラウザーでまだ使用できないコンポーネントを有効にできます。

使用可能なコミュニティコンポーネントが一覧表示されます ここ.

メモ

オーサリングに関する一般的な情報については、 ページのオーサリングのクイックガイド.

AEMに詳しくない場合は、 基本操作.

デザインモードに入ります

次の場合、 コミュニティ コンポーネントがコンポーネントブラウザー(サイドキック)に見つからない場合は、 Design Mode をクリックして、他のコミュニティコンポーネントを追加します。 必要なクライアント側ライブラリ (clientlibs) の追加も必要になる場合があります。

詳しくは、 デザインモードでのコンポーネントの設定.

次に、いくつかのコミュニティコンポーネントを選択し、コンポーネントブラウザーで表示する画像を示します。

component-design

選択したコンポーネントがコンポーネントブラウザーで使用できるようになります。

component-design1

必須の clientlib

クライアント側ライブラリ (clientlibs) は、コンポーネントが適切に機能し (JavaScript)、スタイル設定 (CSS) されるために必要です。

コミュニティコンポーネントをページに追加する際に、エラーや予期しない外観が発生した場合は、最初に、コミュニティコンポーネントに必要な clientlib を追加します。 詳しくは、 コミュニティコンポーネントの clientlib.

例:最初にクライアントライブラリのないレビューを配置…

clientlibs1

…およびクライアントライブラリ

clientlibs2

タグ付け

多くのコミュニティ機能は、パブリッシュ環境で入力(投稿)されたコンテンツにメンバーがタグ付けできるように設定できます。

タグ付けが許可されている場合は、コミュニティサイトの設定で、パブリッシュ環境でメンバーに表示する名前空間を制限できます。 詳しくは、 コミュニティサイトコンソール.

タグ付けを許可する機能: ブログ, カレンダー, ファイルライブラリ, フォーラム

タグを使用する機能: 検索, social タグクラウド

オーサリング情報の場合:

管理情報の場合:

開発者向けの情報:

このページ