コメントの基本事項

このページでは、コメントシステム(コメントコンポーネント)の操作に関する基本事項と、メンバーがコメントや返信を投稿する際に生成されるユーザー生成コンテンツ(UGC)を管理するためのオプションを提供します。

個々の投稿がそれぞれ単一のコメントコンポーネントで表されるように、コメントシステムが確立されます。これは、ページに含まれるコメントシステムです。 コメントシステムを呼び出すと、個々のコメントが作成されます。

クライアント側の基本事項

resourceType social/commons/components/hbs/comments
インクルード可能 はい - プロパティはデザインモードで編集可能
Clientlibs cq.ckeditor
cq.social.hbs.comments
cq.social.hbs.voting
テンプレート /libs/social/commons/components/hbs/comments/comments.hbs
CSS /libs/social/commons/components/hbs/comments/clientlibs/commentsystem.css
properties コメントの使用を参照

クライアント側のカスタマイズ

ページごとに 1 つのインスタンス

ページネーションをおこなう場合、およびキャッシュやリンクのために URL を使用する場合は、コメントシステムごとに一意の URL を使用する必要があります。したがって、1ページにつき1つのコメントシステムのインスタンスのみを使用できます。

その他の機能には、コメントシステムが既に含まれています。以下のとおりです。

フラグ設定理由リスト

フラグ設定理由リストは、アプリケーションに flagreasonlist.hbs を追加して内容を上書きすることによってカスタマイズできます。

  • /libs/social/commons/components/hbs/comments/comment/flagreasonlist.hbs

これは、コメントシステムのすべての拡張コンポーネントに適用されます。

サーバー側の基本事項

投稿されたコメント(UGC)へのアクセス

UGC は、標準モデレート方法のいずれかを使用してモデレートする必要があります。
ユーザー生成コンテンツのモデレートを参照してください。

AEM 6.1 Communities 以降では、UGC の共通ストアを使用する際に、選択されたストレージオプション(ASRP、MSRP、JSRP など)に関係なく、プログラムによって UGC にアクセスする必要があります。

リポジトリ内の UGC の場所と形式は予告なく変更されることがあります

次のページを参照してください。

このページ