req

リクエストのタイプ。 要求されたデータの種類を指定します。

req=debug|contents|img|imageprops|map|object|props|userdata|validate

debug

デバッグモードでコマンドを実行します。

内容

ビネット内のオブジェクトに関する情報を返します。

img

コマンドを実行し、レンダリングイメージを返します。

imageprops

指定したビネットのプロパティを返します。

マップ

ビネットに埋め込まれた画像マップデータを返します。

オブジェクト

コマンドを実行し、マスクされたレンダリングイメージを現在のオブジェクト選択に戻します。

prop

コマンドを実行し、返信画像のプロパティを返します。

userdata

vignette::UserData の内容を返します。

詳細な説明に特に記載がない限り、サーバーはMIMEタイプ<text/plain>を持つテキスト応答を返します。

debug

指定したコマンドを実行し、レンダリングされたイメージを返します。 エラーが発生した場合は、エラー画像(attribute::ErrorImagePath)の代わりに、エラー情報とデバッグ情報が返されます。

contents

選択したオブジェクト属性を含む、ビネット内のオブジェクト階層のXML表現を返します。 要求内の他のコマンドは無視されます。

img

指定したコマンドを実行し、レンダリングされたイメージを返します。 応答データの形式と応答の種類はfmt=によって決まります。

imageprops

URLパスで指定されたビネットファイルまたはカタログエントリの選択されたプロパティを返します。 応答の構文と応答のMIMEタイプについては、プロパティを参照してください。 要求内の他のコマンドは無視されます。 次のプロパティが返されます。

プロパティ

種類

説明

image.expiration

重複

attribute::Expiration またはデフォルトの有効期間。

image.height

整数

最大解像度の高さ(ピクセル単位)

image.iccProfile

文字列

このビネットに関連付けられているプロファイルの名前/説明。

image.embeddedIccProfile

ブール値

関連するプロファイルがビネットに埋め込まれている場合は1。

image.embedded PhotoshopPaths

ブール値

ビネットにパスデータが埋め込まれる場合は1。

image.modifier

文字列

attribute::Modifier または空(カタログエントリ以外)。

image.pixType

列挙

応答画像のピクセルタイプ。は、「CMYK」、「RGB」または「BW」(グレースケール画像の場合)になります。

image.printRes

実数

初期設定の印刷解像度(dpi)。

image.timeStamp

文字列

変更日時(カタログ::TimeStamp またはビネットファイルから)

image.width

整数

最大解像度の幅(ピクセル単位)

vignette.name

文字列

ビネット名(ルートビネットオブジェクトの名前文字列)

vignette.res

実数

マテリアル解像度単位での最大オブジェクト解像度(通常はピクセル/インチ)

vignette.res.avg

実数

マテリアル解像度単位での平均オブジェクト解像度(通常はpixels/inc マテリアル解像度h)。

vignette.res.min

実数

マテリアル解像度単位での最小オブジェクト解像度(通常はピクセル/インチ)。

vignette.version

整数

ビネットファイルのバージョン番号。

map

ビネットに含まれる画像マップデータを返します。 デフォルトでは、最も外側のすべてのグループのマップデータが返されます。 すべての最も深いグループのマップデータは、

req=map&groupLevel=-1

マップデータはwid=hei=に合わせたり、その他の方法で変更されたりしません。 応答のMIMEタイプは<text/xml>です。

応答データは、HTMLの<AREA>タグと同様、<area>要素のセットを含む<map>要素で構成されます。

<area>要素には、ビネットグループ名または名前のパスを指定するtype=およびcoord=の標準の属性とname=属性が含まれます。 対応するオブジェクトグループのマスクに不連続な領域がある場合、同じ名前の複数の<area>要素が存在します。

ビネットでは、初期設定の属性に加えて、別の属性を作成する場合にもその属性を定義できます。 このようなカスタム属性は、オブジェクトグループ属性として定義されます。 カスタム属性の名前はmapで始まる必要があります。 を<area>要素に含める。 例えば、グループ属性にmap.href=http://www.scene7.comが含まれる場合、対応する<area>要素にはhref="http://www.scene7.com"が含まれます。

ビネットにマップデータが含まれていない場合は、空の<map>要素を持つXMLドキュメントが返されます。

object

指定したコマンドを実行し、残りのオブジェクト選択(リクエスト内の最後のsel=またはobj=コマンドで選択されたグループまたはオブジェクト)でマスクされたレンダリングされたイメージを返します。 通常、アルファをサポートする画像形式と組み合わせて使用します(fmt=を参照)。 アルファをサポートしない画像形式を使用する場合、マスクの外側の領域は黒になります。

props

指定したコマンドを実行し、レンダリングされた画像ではなく、ビネットのプロパティとグループまたはオブジェクトのプロパティを返します。 応答の構文と応答のMIMEタイプについては、プロパティを参照してください。 デフォルトの選択は、obj=またはsel=が指定されていない限り適用されます( obj= を参照)。

応答には、次のプロパティが含まれる場合があります。

プロパティ

種類

説明

image.bgc

文字列

返信画像の背景色。

image.height

整数

返信画像の高さ(ピクセル単位)

image.iccEmbed

ブール値

ICCプロファイルを返信画像に埋め込む場合はtrueです( iccEmbed= を参照)。

image.iccProfile

文字列

返信画像に関連付けられているプロファイルのショートカット名( icc= を参照)。

image.mask

ブール値

返信画像にアルファが含まれる場合はtrue。

image.pathEmbed

ブール値

返信画像にパスデータが含まれる場合はtrueです( pathEmbed= を参照)。

image.pixType

文字列

「CMYK」、「RGB」または「BW」(グレースケール画像の場合)の「返信画像の種類」

image.printRes

実数

印刷解像度(dpi)

image.quality

整数、ブール値

JPEG画質とchromaフラグ( qlt= を参照)

image.type

文字列

返信画像のMIMEタイプ( fmt= を参照)。

image.width

整数

返信画像の幅(ピクセル単位)

selection.attributes

文字列

現在の選択範囲の属性文字列。

selection.count

整数

現在の選択範囲内のオブジェクトの数。

selection.ident

整数

現在の選択範囲のインデント値。

select selection.attributes ion.name

文字列

現在のオブジェクト選択のフルネームパス。

selection.overlapping

整数

現在の選択範囲内の重なり合うオブジェクトの数。

selection.renderable

整数

現在の選択範囲内のレンダリング可能なオブジェクトの数。

selection.texturable

整数

現在の選択範囲内のテクスチャ可能なオブジェクトの数。

selection.visible

整数

現在の選択範囲の現在の表示/非表示のステータス。

selection.zorder

整数

現在の選択範囲内の最初の重なりオブジェクトのZ順序の値。

userdata

vignette::UserDataの内容を返します。 サーバーは、vignette::UserData内のすべての'??'を行終端子(<cr><lf>)に置き換えます。 返信は、応答のMIMEタイプが<text/plain>に設定されたテキストデータとして形式設定されます。

URLパスで指定されたオブジェクトが有効なビネットマップエントリに解決されない場合、またはvignette::UserDataが空の場合、応答には行終端文字(CR/LF)のみが含まれます。

要求文字列内の他のコマンドは無視されます。

プロパティ

リクエストコマンド リクエスト文字列の任意の場所で発生する可能性があります。

初期設定

URLに画像パスまたは修飾子が含まれていない場合、次のようになります。

#S7Z OK 
#Mon Aug 18 17:28:32 PDT 2014 
copyright=Copyright (c) 1995-2014 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.

それ以外の場合はreq=img

関連項目

fmt= , attribute::ErrorImagePath, vignette::UserData, Properties

このページ