鋭い

テクスチャをシャープにします。 このマテリアルをレンダリングする際に適用するシャープを指定します。

sharp=0|1|2|3

0

シャープは適用されません。

1

通常のシャープニング(遅く)。

2

0個の代替シャープニング(初期)。

3

よりシャープにする(早期と後期)。

sharp=1 マテリアルのレンダリング後にシャープが適用されます。 sharp=2 テクスチャを最初にスケーリングした後、シーンに変換する前に、シャープを適用します。 sharp=3 変換の前と後の両方にシャープを適用します。

シャープのアルゴリズムとシャープの量、およびその他のUSM(アンシャープマスク)パラメータは、ビネットが提供するデフォルトの材料テンプレートまたはrs=を使用して制御されます。

プロパティ

マテリアル属性。 べた塗りマテリアルでは無視されます。

初期設定

catalog::Sharp(マテリアルがカタログエントリに基づく場合)、それ以外の場合 attribute::Sharp

関連項目

catalog::Sharp , sharpen=, rs=

このページ