鋭い

テクスチャをシャープにします。 このマテリアルのレンダリング時に適用するシャープを指定します。

sharp=0|1|2|3

0

シャープは適用されません。

1

通常のシャープ(遅く)

2

0 個の代替シャープニング(早期)。

3

シャープ(早い方と遅い方)が多い。

sharp=1 マテリアルがレンダリングされた後にシャープを適用します。 sharp=2 テクスチャを初めてスケーリングした後、ただしシーンに変換する前にシャープを適用します。 sharp=3 変換前と変換後の両方にシャープを適用します。

シャープアルゴリズムとシャープの量、およびその他の USM(アンシャープマスク)のパラメータは、ビネットが提供するデフォルトのマテリアルテンプレートで制御するか、 rs=.

プロパティ

材料属性。 べた塗りのマテリアルでは無視されます。

初期設定

catalog::Sharpマテリアルがカタログエントリに基づく場合は、それ以外の場合は attribute::Sharp.

関連項目

catalog::Sharp , sharpen=, rs=

このページ