gloss

マテリアルサーフェスの光沢度。 マテリアルサーフェスの相対的な光沢を指定します。 照明マップを選択し、光沢効果と3D反射のレンダリングを制御するために使用します。

gloss= *val*

val

光沢(0..100%)または —1(既定(参照)の光沢値)

光沢の値が高いと、通常は強く鋭い反射が生じ、ビネットで光沢効果が有効な場合は、照明のコントラストを大きくすることで、マテリアルサーフェスの鏡面反射光ハイライトを強くします。 各マテリアルタイプ( type= )は、最小と最大のレンダリング効果を定義します。 壁紙などのマテリアルタイプでは、gloss=がレンダリング効果の外観にほとんど影響を与えない一方、他のマテリアルタイプ(石やセラミックなど)では、効果が大幅に目立ちます。

illum=-1でビネットが複数の照明マップを定義している場合、gloss=は現在のレンダリング操作に使用する照明マップを選択します。 レンダラーは指定された光沢に最も近い光沢値を持つ照明マップを選択します。

gloss=-1 ビネットの表示プロパティで定義されている、選択した照明マップの参照光沢値を選択します。これにより、光沢効果が有効になっていても、これ以上の変更を加えることなく、照明マップがオーサリングされたとおりに使用されます。 illum=-1も同様の場合は、ビネット表示の最初の照明マップの基準光沢値が使用されます。

プロパティ

マテリアル属性 ビネットで複数の照明マップが定義されていない場合、またはillum=が指定されている場合、ビネットに3D反射データが含まれていない場合、または現在のオブジェクトが3D反射をサポートしていない場合、またはビネットで光沢効果が無効な場合は無視されます。

初期設定

attribute::Gloss マテリアルがカタログエントリに基づいている場合は、それ以外の場合は、既定の照明マップまたはで指定された照明マップの参照光沢値 illum=

関連項目

attribute::Gloss, type=, rough=, glossmap=, glossillum=

このページ