Adobe Dynamic Media Classicヘルプ

このたびは、動的なリッチコンテンツをすべてのデバイスおよび画面にアップロード、管理、強化および公開する、主要なオンデマンドクロスメディア公開システムであるAdobe Dynamic Media Classicをご利用いただき、誠にありがとうございます。 Adobe Dynamic Media Classicソリューションには、次のものが含まれます。

  • Dynamic Imaging:リアルタイム編集、書式設定とサイズ設定、インタラクティブズームとパンカラースウォッチとテクスチャスウォッチ360°スピン;画像テンプレート;マルチメディアビューア
  • eCatalog:オーサー、ホットスポットリンク、検索対応、公開、動的に提供されるオンラインカタログを設定可能なビューアに配信します。
  • Media Portal:Adobe Dynamic Media Classic Assets への管理者が制御した「表示」をポータルユーザーに提供するセルフサービス環境。アセットのアップロード、参照、検索、プレビューおよび書き出しに容易にアクセスできます。
  • eVideo:任意の形式での最終的なビデオのアップロード、管理、編集、ホットスポットとビデオテンプレートの作成、設定可能なビデオビューアへの公開とストリーミング
  • ビジュアルコンフィギュレータ:カラーテクスチャ、サーフェス、パターン、モノグラムのリアルタイムレンダリング、製品画像またはシーンへの彫印など、オンライン上で設定可能な視覚的効果によりパーソナライズおよびカスタマイズを可能にするリアルタイムのレンダリング技術です。
  • 対象者が絞り込まれた電子メールおよびプリント:顧客プロファイル、製品およびチャンネルデータベースとリンクし、視覚的に対象者を絞り込みパーソナライズした電子メールキャンペーンを配信します。

次のトレーニングビデオも参照してください。

主なリソース

このページ