配信品質のトラブルシューティング

配信品質の問題を特定して対処するのに役立つ、いくつかのベストプラクティスを以下に示します。

配信品質の問題を特定

考えられる問題を特定するために、 そのページ 君の注意を引くかもしれない

潜在的な原因の仮説を立てる

配信品質の問題の考えられる原因を特定するには、次の項目を確認してください。

  • 最近、リストのセグメント化に変更があったか。
  • 新しいデータソースを取得したか。
  • 強制隔離ファイルを誤ってメールしたか。
  • メッセージの内容が原因で問題が発生している可能性があるか。
  • IP ウォーミングを維持できるほど頻繁にメールを送っているか。
  • アクティビティ/エンゲージメントによって郵送物をセグメント化している、または完全ファイルを送信しているか。
  • 最新性に関するファイルの「安全」セグメントとは何か。
  • 安全と定義されていないセグメントに対して、再アクティブ化と再確認の戦略を導入しているか。

問題の対処

苦情

🔗苦情は、E メールをスパムとレポートする購読者が、インボックスから対応するボタンを押すことで定義されます。

配信の問題が苦情に起因する場合:

  • 受信者が苦情を言っている理由を調べる必要があります。
  • また、登録解除リンクを E メールの先頭に移動することも検討します。これにより、購読者はスパムボタンで苦情を報告する代わりに購読を取り消すようになります。

送信者は、フィードバックループの苦情から豊富な情報を探り当てることができます。

  • データをグループ化し、オプトインソース、アドレスの登録期間、さらには特定の行動デモグラフィックなどのパターンを探すことが重要です。
  • 苦情は、多くの場合、ファイル内のリスクの高いデータソースやセグメントを識別します。高リスクは、最も苦情を申し立てる可能性が高いものと定義され、評判を損ないかねず、その結果、インボックスレートも低下させる可能性があります。

苦情は、E メールの受信を望まなくなった購読者からも生じます。

  • これは、多くの場合、過度のメッセージや、購読者のメッセージに対する認識、購読者がメッセージを期待していなかった、またはオプトインを思い出さなかったことが原因です。
  • また、すべてのコレクションポイントが明確であり、獲得ポイントに事前にチェックされたボックスがないことを確認するために、監査を実行することも重要です。
  • また、購読者がトーンを設定し、E メールの受信頻度を説明するためにオプトインした場合、案内の E メールを送信する必要があります。

データの有効性

ISP の配信不能なアドレスに送信すると、ハードバウンスが発生します。​アドレスは、次のような様々な理由で配信不能になる場合があります。

  • アドレスのスペルミス。この問題には、リアルタイムデータ検証サービスで対処するか、そのアドレスにマーケティング E メールを送信する前に、確認済みのオプトインを要求することで対処できます。
  • リストまたはデータソースが正しくない。新しいソースから取得された場合は、アドレスがどのように収集されたかを確認し、パーミッションがあることを確認します。
  • かつてアクティブだったが、一定期間非アクティブ後に閉じられたか終了されたアドレスへのメール送信。

エンゲージメント

苦情やデータの有効性に加え、ISP は、配信上の意思決定をおこなうために、これまで以上に​積極的なエンゲージメント​に注力しています。ISP は、購読者が E メールを開封しているか、読まずに削除しているかを確認します。このデータは送信者と共有されないので、使用可能な情報を使用し、開封数、クリック数、トランザクション数をエンゲージメントとして変換する必要があります。

継続的なレピュテーション保守の一環として、購読者がリスト上でどのように関与しているかを理解し、各ファイルの購読者の​リーセンシーリスク階層​を作成することが重要です。リーセンシーは、最後の開封日/クリック日/トランザクション日、または登録日付で定義されます。このタイムフレームは縦方向で異なる場合があります。その手順は次のとおりです。

  1. 各縦方向に対してアクティブな(「安全」な)セグメントを決定します。通常、これは、過去 3 ~ 6 ヶ月間アクティブな購読者です。
  2. 非アクティブに対して頻度を減らします。
  3. 再エンゲージメントシリーズを作成して、非アクティブのリスクをモデレートします。これは通常、6 ~ 9 ヶ月間エンゲージメントがない購読者が対象です。
  4. 高リスクな非アクティブに対して再確認キャンペーンを作成する。これは通常、9 ~ 12 ヶ月間 E メールにエンゲージしていない購読者が対象です。
  5. 最後に、ドロップオフルールを設定し、x ヶ月以内に E メールを開いていない購読者を削除します。通常、12 ヶ月以上をお勧めしますが、販売と購入のサイクルによって異なる場合があります。

このページ