ドメイン名の設定

このドキュメントでは、ドメイン名の設定と委任に関するビジネス要件と技術要件について説明します。使用しているアドビのプラットフォームの電子メール送信用のサブドメイン、また、オプションとして、web コンポーネント(ランディングページ、オプトアウトページ)をホストするための外部に接続するサブドメインを選択する必要があります。

メモ

また、Campaign コントロールパネル(ベータ版)を使用して新しいサブドメインを設定することもできます。詳しくは、この節を参照してください。

サブドメイン

アドビを使用すると、デジタルマーケティングは、ブランドの顧客エンゲージメントマーケティングプログラムを強化する、真のコンテキストエンジンになることができます。電子メールは、引き続きデジタルマーケティングプログラムの基盤ですが、インボックスに到達するのは今まで以上に難しくなっています。

電子メールキャンペーン用のサブドメインを作成すると、異なるタイプのトラフィック(マーケティング/企業など)を特定の IP プールと特定のドメインに分離できるので、IP ウォーミングプロセスが加速し、全体の配信品質が向上します。ドメインを共有していると、そのドメインがブロックされるか、ブロックリストに追加された場合に、会社のメール配信に影響が出る可能性があります。ただし、電子メールマーケティングの通信に固有のドメインでの評判に関する問題やブロックは、電子メールのそのフローにのみ影響を与えます。複数のメールストリームの送信者または「送信者」アドレスとしてメインドメインを使用すると、電子メールの認証が機能せず、メッセージがブロックされたりスパムフォルダーに配置されたりする場合もあります。

委任

ドメイン名の委任によって、ドメイン名(技術的には DNS ゾーン)の所有者はその一部(技術的には、その下にある DNS ゾーンで、サブゾーンと呼ばれることもあります)を別のエンティティに委任できます。基本的に、ゾーン「example.com」を扱う顧客は「marketing.example.com」というサブゾーンを Adobe Campaign に委任できます。

つまり、Adobe Campaign の DNS サーバーは、そのゾーンに対してのみ完全な権限を持ち、トップレベルのドメインに対しては権限を持ちません。Adobe Campaign の DNS サーバーは、そのゾーン内のドメイン名(「www.example.com」ではなく「t.marketing.example.com」など)に関するクエリに対して権限のある回答を提供します。

Adobe Campaign で使用するサブドメインを委任することで、クライアントは、社内電子メール用ドメインの DNS の保守と管理を継続しながら、電子メールマーケティングにおいての業界標準の配信品質要件を満たすために必要な、DNS インフラストラクチャの維持をアドビに依存できます。サブドメインの委任では次のことが可能です。

クライアントは、ドメイン名で DNS エイリアスを使用してブランドイメージを維持
アドビは、電子メール送信中の配信品質を完全に最適化するために、あらゆる技術的なベストプラクティスを自律的に実装

DNS セットアップオプション

クラウドベースのマネージドサービスを提供するために、Adobe Campaign の導入時にサブドメインの委任を使用することを強くお勧めします。ただし、アドビはクライアントに対して、DNS を設定するための別のオプション(CNAME 設定)を提供します。

オプション 説明 アドビの責任 クライアントの責任
Adobe Campaign へのサブドメインの委任 クライアントはサブドメイン(email.example.com)をアドビに委任します。このシナリオでは、アドビは、電子メールキャンペーンの配信、レンダリング、トラッキングに必要な DNS のあらゆる側面を制御し、維持することで、Campaign をマネージドサービスとして提供できます。 サブドメインと Adobe Campaign に必要なすべての DNS レコードを完全に管理 サブドメインをアドビに適切に委任
CNAME の使用 クライアントはサブドメインを作成し、CNAME を使用してアドビ固有のレコードを指定します。この設定を使用すると、アドビとお客様の両方が DNS の維持に対する責任を共有します。 Adobe Campaign に必要な DNS レコードを管理 サブドメインを作成して制御、および Adobe Campaign に必要な CNAME レコードを作成/管理

必要な DNS レコード

レコードの種類 目的 レコード/コンテンツの例
MX 受信メッセージ用のメールサーバーを指定する email.example.com
10 inbound.email.example.com
SPF(TXT) Sender Policy Framework email.example.com
"v=spf1 redirect=__spf.campaign.adobe.com"
DKIM(TXT) DomainKeys Identified Mail client._domainkey.email.example.com
"v=DKIM1; k=rsa;" "DKIMPUBLICKEY HERE"
ホストレコード(A) ミラーページ、画像ホスティング、トラッキングリンク、すべての送信ドメイン m.email.example.com IN A 123.111.100.99
t.email.example.com IN A 123.111.100.98
email.example.com IN A 123.111.100.97
逆引き DNS(PTR) クライアントの IP アドレスをクライアントブランドのホスト名にマップする 18.101.100.192.in-addr.arpa ドメイン名ポインター r18.email.example.com
CNAME 別のドメイン名にエイリアスを指定する t1.email.example.com は t1.email.example.campaign.adobe.com

メール送信者の認証を行って、ドメインから送信したメッセージが宛先のメールシステムに信頼されるようにするには、DMARC(ドメインベースのメッセージ認証、レポートおよび準拠)を推奨します。

DMARC TXT レコードの例を次に示します。

_dmarc.email.example.com

“v=DMARC1; p=none; rua=mailto:mailauth-reports@myemail.com” 

DMARC は手動で実装することもできますし、アドビに連絡してブランドの DMARC のセットアップをサポートしてもらうこともできます。

設定要件

サブドメインの委任

クライアントは DNS サーバーにサブドメインを作成し、そのサブドメインのネームサーバーをアドビが管理するネームサーバーに定義する必要があります。例えば、メインドメイン名が「example.com」で、アドビに電子メール配信用の「marketing.example.com」の管理を委任するクライアントがこの委任を実現するには、次の種類のレコードを DNS に追加する必要があります。

marketing.example.com. NS a.ns.campaign.adobe.com.
marketing.example.com. NS b.ns.campaign.adobe.com.
marketing.example.com. NS c.ns.campaign.adobe.com.
marketing.example.com. NS d.ns.campaign.adobe.com.

ドメイン名を委任すると、このドメインは Adobe Campaign プラットフォーム経由での電子メール配信専用になるので、他の方法(例えば、別の電子メールインフラストラクチャからのメール送信)には使用できなくなります。

セットアッププロセス中、アドビは、ドメインがアドビの受信電子メールインフラストラクチャに接続されていて、ドメインに返されるリバウンド電子メールを管理および処理できることを確認します(MX タイプ DNS レコードの設定)。

CNAME の使用

クライアントがサブドメインをアドビに委任せずに CNAME を使用する場合、セットアップ段階で、アドビはクライアント DNS サーバーに配置するレコードを提供し、Adobe Campaign DNS サーバーで対応する値を設定します。

デプロイメントに関する一般的な要件

新しいエンタープライズマーケティングソリューションを実装する場合、外部に接続するコンポーネントに関する要件があります。例えば、ランディングページや web フォームのホスティング、追跡するリンクや web ページの設定、ミラーページの表示、オプトアウトページの設定などです。

これらの要件は、アドビと顧客の両方がホストするコンポーネントによって管理され、電子メールの受信者が参照できる URL が含まれています。基盤となる技術ソリューションやホスティングプロバイダーを示す URL の表示を避けるために、電子メールの受信者に対してこの情報が透明になるようにサブドメインを設定できます。例えば、「http://www.customer.com/」のような URL のドメインは「www.customer.com」です。このサブドメインは「www」になります。

サブドメインの要件

Adobe Campaign アプリケーションから、ブランド URL(ミラーページおよびトラッキング URL)に使用するサブドメインを決定します。また、電子メール配信の各サブドメインの「送信者アドレス」、「送信者名」、「返信先アドレス」も決定します。

以下の表を完成させます。最初の行は一例です。

サブドメイン 送信者アドレス 送信者名 返信先アドレス
emails.customer.com news@emails.customer.com 顧客 customercare@customer.com




メモ
  • 「返信先アドレス」フィールドは、受信者が「送信者アドレス」とは異なるアドレスに返信する場合に使用します。必須フィールドではありませんが、「返信先アドレス」が有効で、監視対象のメールボックスにリンクされていることを強く推奨します。このメールボックスは、顧客がホストする必要があります。例えば、電子メールが読まれて返信される customercare@customer.com のようなサポート用のメールボックスを指定することができます。
  • 顧客が「返信先アドレス」を選択しない場合、デフォルトのアドレスは常に <tenant>-<type>-<env>@<subdomain> です。
  • 「返信先アドレス」がこのように設定されると、返信は監視されていないメールボックスに送信されます。
  • Adobe Campaign から電子メールを送信する際、「送信者アドレス」メールボックスは監視されず、マーケティングユーザーはこのメールボックスにアクセスできません。Adobe Campaign には、このメールボックスで受信した電子メールを自動返信または自動転送する機能もありません。
  • Campaign の送信者/送信者アドレスとエラーのアドレスは「abuse」や「postmaster」にはできません。

サブドメインの委任

Adobe Campaign プラットフォームに使用するサブドメインを委任するには、4 つのネームサーバー(NS)レコードを作成する必要があります。これにより、サブドメインをアドビに適切に委任できます。サブドメインの委任と各 DNS 命令の例を以下に示します。「emails.customer.com」を委任するサブドメインに置き換えてください。サブドメインは一意で、既に他のパーティ(既存の ESP や MSP など)で使用されていない必要があります。

委任されたサブドメイン DNS 命令
<subdomain> <subdomain> NS a.ns.campaign.adobe.com.
<subdomain> NS b.ns.campaign.adobe.com.
<subdomain> NS c.ns.campaign.adobe.com.
<subdomain> NS d.ns.campaign.adobe.com.

トラッキング、ミラーページ、リソース

電子メール送信用サブドメインが Adobe Campaign に適切に委任されると、アドビテクニカルオペレーション(TechOps)チームは、トラッキングとミラーページを個別に管理するために 2 つ以上の下位レベルドメインを作成します。

タイプ ドメイン
ミラーページ m.<subdomain>
トラッキング t.<subdomain>
リソース res.<subdomain>

クラウドのデプロイメント(オプション)

Adobe Campaign Classic がクラウドでアドビによって完全にホストされている場合にのみ適用されます。これはオプションの設定です。

開発される調査、web フォーム、ランディングページはすべて、Adobe Campaign を介してクラウドで完全にホストされます。必要に応じて、追加のサブドメインをアドビ(web.customer.com など)に委任し、ツール内の web コンポーネントに使用できます。サブドメインは一意で、他のパーティ(既存の ESP や MSP など)で使用されていない必要があるので、注意してください。

委任されたサブドメイン DNS 命令
<subdomain> <subdomain> NS a.ns.campaign.adobe.com.
<subdomain> NS b.ns.campaign.adobe.com.
<subdomain> NS c.ns.campaign.adobe.com.
<subdomain> NS d.ns.campaign.adobe.com
メモ

デフォルトでは、ツール内の web コンポーネントは、電子メールに使用するために委任された最初のサブドメインを使用します。

クラウドメッセージングのデプロイメント(オプション)

Adobe Campaign Classic のマーケティングインスタンスが顧客のオンプレミスでホストされる場合、顧客は追加の技術的な設定を行う必要があります。

開発される調査、web フォーム、ランディングページはすべて、Adobe Campaign マーケティングインスタンス(受信者レコードが存在する)を介して管理されます。

Adobe Campaign マーケティングインスタンスがホストする外部接続用 web コンポーネントを展開するには、追加の CNAME DNS 設定が必要です。これにより、web コンポーネント(web.customer.com など)がインターネットに公開され、顧客のドメインのブランドで提供されます。

また、これらの web コンポーネントをホストする Adobe Campaign マーケティングインスタンス(ポート 80 または 443)へのアクセスを許可するように、ファイアウォールを設定する必要があります。

ベストプラクティスの推奨事項:

Web コンポーネントをホストするサブドメインは顧客に表示されるので適切にブランド化してください。また、手動で入力する必要がある場合も考慮して、次のように覚えやすいものにします(例:https://web.customer.com)。
安全なページ(HTTPS)でフォームをホストする必要がある場合は、以下に説明する技術的な設定を追加する必要があります。

委任されたサブドメイン DNS 命令
<subdomain> <subdomain> CNAME <internal customer server>

レンダリングされたサービス

これらの委任の後、アドビがインフラストラクチャを導入すると、委任された送信用ドメインまたは CNAME に基づく送信用ドメインごとに、次のサービスが実行されます。

  • postmaster@ および abuse@ インボックスの作成
  • 委任ドメインのフィードバックループの設定
  • リクエストに応じて、アドビは指定された DMARC レコードの設定も行います。配信品質コンサルタントが、送信用ドメインの長期 DMARC ポリシーとプランの設計を支援します。アドビが設定したパラメーターは、委任が完了し、アドビが検証された時点から有効になり、機能することになります。すべての Adobe Campaign クラウドには、標準としてドメイン名の委任が含まれます。

課金条件と実装条件

  • 最初の契約と選択したパッケージの種類に応じて、最初の委任の後に、標準として含まれる委任以外の委任も含めることができます。
  • 標準として含まれる委任以外の追加の委任に対しては、課金が発生します。
  • これらの追加委任の課金は、最初の契約で指定されたとおり、追加の月額料金として請求されます。

これらの委任は、クライアントが Adobe Campaign ツールを介した配信専用の関連ドメイン名を選択し、関連ドキュメントに詳細に示す委任の前提条件が正しく実装されている場合に許可されます。

サービスの終了

クライアントはいつでも、委任サービスのメリットを停止し、必要な DNS 設定を自分で引き受けることを書面で要求できます。

このような状況が発生した場合、アドビは、非ドメイン委任モードに戻すのに必要なサービス日数の見積もりをクライアントに提供します。

顧客が上記の約束を遵守できない場合、アドビは、前述の配信品質率に関する責任を免除されます。

Marketing Cloud サービスが終了すると、ドメインの委任が自動的に終了し、アドビによるそれらのドメインの DNS が保守されなくなります。

Campaign コントロールパネルを使用したサブドメインの監視

インスタンスに対してサブドメインを設定したら、Campaign コントロールパネルを使用してサブドメインを監視できます。

これにより、Adobe Campaign に委任したすべてのサブドメインを表示し、SSL 証明書の更新を要求できます。

詳しくは、該当するドキュメントを参照してください。

メモ

Campaign コントロールパネルは、Adobe Managed Services を使用するお客様のみ利用できます。

このページ