ターゲットマシンのアクセス制御の設定

Insightサーバーレプリケーションサービスを実行するTarget Insightサーバーマシンは、このリピーターサーバー上のログファイルを読み取れる必要があります。

ターゲットマシンへのアクセスは、Access Control.cfgファイルを使用して許可されます。

ターゲットマシンによるアクセスのアクセス制御を構成する Insight Server には

  1. リピーター機能をインストールしたディレクトリ内のAccess Controlフォルダーに移動します。

    例:D:\Adobe\Repeater\Access Control

  2. メモ帳などのテキストエディターでAccess Control.cfgを開きます。

  3. Insight Serverマシンのアクセスグループを作成し、このリピーターサーバー上のログファイルにアクセスする必要があります。 このアクセスグループに「レプリケーションターゲット」などの名前を付けます。

    次のファイルフラグメントは、アクセスグループの外観を示しています。

    . . . 
      6 = AccessGroup: 
        Members = vector: N items 
          0 = string: IP:Machine0IPAddress 
          1 = string: IP:Machine1IPAddress 
    . . . 
          N = string: IP:MachineNIPAddress 
        Name = string: Replication Targets 
        Read-Only Access = vector: 1 items 
          0 = string: EventDataLocation 
        Read-Write Access = vector: 0 items 
    . . .
    
    1. 「メンバー」セクションで、各マシンのIPアドレスを指定します。
    2. 挿入したマシンIPアドレスの数を反映するように、Membersベクトルの項目数を更新します。
    3. 「読み取り専用アクセス」セクションで、レプリケーションターゲットがアクセスするイベントデータの場所を指定します。 パスの指定(/)にはスラッシュを使用します。 デフォルトの場所は、リピーターマシン(/Logs/?lang=ja)のLogsフォルダーです。
    4. 挿入した位置の数を反映するように、読み取り専用アクセスベクトルの項目数を更新します。
  4. 新しいアクセスグループの追加を反映するように、ファイルの最上部にあるAccess Control Groupsベクトルのアクセスグループの数を更新します。

    Access Control Groups = vector: n items
    
  5. ファイルを保存します。

このページ