ターゲットマシンのアクセス制御の設定

Insight Server Replication Serviceを実行するターゲットインサイトサーバーコンピューターは、このリピーターサーバー上のログファイルを読み取れる必要があります。

ターゲットマシンへのアクセスはAccess Control.cfgファイルを使って許可されます。

ターゲット Insight Server マシンからのアクセス用にアクセス制御を構成するには

  1. リピーター機能をインストールしたディレクトリのAccess Controlフォルダーに移動します。

    例:D:\Adobe\Repeater\Access Control

  2. メモ帳などのテキストエディターでAccess Control.cfgを開きます。

  3. Insight Serverマシン用に、このリピーターサーバー上のログファイルにアクセスする必要のあるアクセスグループを作成します。 このアクセスグループに「レプリケーションターゲット」などの名前を付けます。

    次のファイルフラグメントは、アクセスグループの見え方を示しています。

    . . . 
      6 = AccessGroup: 
        Members = vector: N items 
          0 = string: IP:Machine0IPAddress 
          1 = string: IP:Machine1IPAddress 
    . . . 
          N = string: IP:MachineNIPAddress 
        Name = string: Replication Targets 
        Read-Only Access = vector: 1 items 
          0 = string: EventDataLocation 
        Read-Write Access = vector: 0 items 
    . . .
    
    1. 「Members」セクションで、各マシンのIPアドレスを指定します。
    2. Membersベクトルの項目数を更新して、挿入したマシンのIPアドレスの数を反映します。
    3. [読み取り専用アクセス]セクションで、レプリケーションターゲットがアクセスするイベントデータの場所を指定します。 パスの指定にはスラッシュ(/)を使用してください。 デフォルトの場所は、リピーターマシンのLogsフォルダー(/Logs/?lang=ja)です。
    4. 読み取り専用アクセスベクトルの項目数を更新し、挿入した場所の数を反映します。
  4. ファイルの上部にあるアクセス制御グループベクトル内のアクセスグループ数を更新し、新しいアクセスグループの追加を反映します。

    Access Control Groups = vector: n items
    
  5. ファイルを保存します。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now