Insight サーバーにインストールされるアドレスファイル

Insightサーバーにインストールされるアドレスファイルには、4つの定義済みのネットワークの場所が含まれています。

次の節の手順では、このファイルを設定する方法を説明します。

Locations = vector: 4 items  
  0 = NetworkLocation:  
    Addresses = vector: 1 items 
      0 = AddressDefinition:  
        Address = string:  
        Name = string:  
    Name = string:  
    Parent = string:  
  1 = NetworkLocation:  
    Addresses = vector: 0 items 
    Name = string: Insight 
    Parent = string:  
  2 = NetworkLocation:  
    Addresses = vector: 0 items 
    Name = string: Insight Server 
    Parent = string: 
  3 = NetworkLocation:  
    Addresses = vector: 0 items 
    Name = string: Report Server 
    Parent = string:
  • NetworkLocation 0は空の名前のないネットワークの場所で、Insight Serverの共通名をIPアドレスに関連付けるために編集します。 サーバーに複数のIPアドレスがある場合は、NetworkLocationsを追加作成します。

  • NetworkLocation 1はInsightネットワークの場所です。 NetworkLocationパラメーターを明示的に設定しない場合、Insightは、このネットワークの場所を通じて共通名を解決します。

  • NetworkLocation 2はInsight Serverネットワークの場所です。 Insight Serversがクラスター内で動作する場合は、このネットワークの場所を使用して、サーバー間通信の共通名を解決します。

  • NetworkLocation 3は、Reportサーバーのネットワークの場所です。 NetworkLocationパラメーターを明示的に設定しない場合、Reportは、このネットワークの場所を通じて共通名を解決します。

アドレスファイルを構成するには

次の手順では、Insight Serverのネットワークの場所(またはネットワークの場所)を定義するアドレスファイルを構成する方法を説明します。

  1. Insight ServerをインストールしたディレクトリのAddressesフォルダーに移動します(例:C:\Adobe\Server\Addresses))。

  2. server.addressファイルを探し、このファイルの名前を変更してサーバーの共通名を反映します。 例えば、共通名がserver.mycompany.comの場合は、ファイル名をserver.mycompany.com.addressに変更します。

  3. 名前を変更したファイルをメモ帳などのテキストエディターで開きます。

  4. NetworkLocation 0を編集し、次に示すようにInsight Serverの共通名とIPアドレスを指定します。 サーバーに複数のIPアドレスがある場合は、NetworkLocation 0を使用して、ルーティング不可能なローカルネットワーク上のサーバーのIPアドレス(内部ネットワーク上のサーバーの場所など)を指定します。

    Locations = vector: 3 items 
    0 = NetworkLocation: 
      Addresses = vector: 1 items 
        0 = AddressDefinition: 
          Address = string: IPAddress 
          Name = string: CommonName 
      Name = string: NetworkLocationName 
      Parent = string: 
    
この値の場合…  
IP アドレス

Insightサーバーマシンの数値のIPアドレス。

例: 192.168.124.176

共通名

Insight Server のデジタル証明書に割り当てられる共通名です。

例: server.mycompany.com

注意:この名前は、証明書に表示されるとおりに入力してください。

ネットワークの場所名

このNetworkLocationが表す共通名とIPアドレスのコレクションに割り当てる名前です。 名前は、アドレスファイル内で一意である必要があります。

例:社内イントラネット

  1. Insight Serverに追加のIPアドレスがある場合は、各アドレスに対してNetworkLocationを追加作成します。 (これを簡単に行うには、上記で作成したNetworkLocationのコピーを作成し、そのコピー内のIPアドレスを更新します)。

    新しいNetworkLocationは、アドレスファイルの末尾に追加するか、既存のNetworkLocation定義の間に挿入できます。 (アドレスファイル内でのNetworkLocationの位置は重要ではありません。ただし、Insight、Insight Server、Report Server NetworkLocationsは通常、ファイルの末尾に配置されます)。

    必要なNetworkLocationsを追加した後、次の手順を実行してファイル内の項目を再番号付けします。

    1. Locations構造の項目数を更新して、ファイル内のNetworkLocation定義の合計数と一致させます。 たとえば、ファイルに4つのNetworkLocation定義が含まれている場合、Locations行は次のようになります。

      Locations = vector: 4 items
      
    2. NetworkLocationsに連続番号が付けられるよう(0から始まる)に、NetworkLocation項目番号を更新します。

    2つのIPアドレスを持つInsight Serverを定義するアドレスファイルの例については、この節の例を参照してください。

  2. InsightとReportサーバーのネットワークの場所で、次に示すようにParentパラメーターを編集し、InsightとReportがデフォルトのネットワークの場所として使用するNetworkLocationの名前を指定します。 (Parentパラメーターを設定した場合の外観の例については、この節の例を参照してください)。

    1 = NetworkLocation:  
      Addresses = vector: 0 items 
      Name = string: Insight 
      Parent = string: ClientDefaultNetworkLocation 
    
    3 = NetworkLocation:  
      Addresses = vector: 0 items 
      Name = string: Report Server 
      Parent = string: ClientDefaultNetworkLocation
    

    Insight ServerのIPアドレスが1つだけで、したがって、NetworkLocationが1つだけの場合は、ParentパラメーターにそのNetworkLocationを指定します。 Insight Serverに複数のIPアドレスがある場合は、Parentパラメーターに、InsightおよびReportクライアントが最も頻繁に接続するアドレスを定義するNetworkLocationを指定します。

  3. Insight Serverネットワークの場所で、次に示すようにParentパラメーターを編集し、他のInsight Serversの共通名を解決するためにサーバーが使用するNetworkLocationを、クラスター内で動作しているときに参照します。 (このネットワークの場所は、Insight Serverがクラスター内で動作しない限り使用しませんが、単一のサーバー設定でも、Parentパラメーターにサーバーの内部IPアドレスを識別するネットワークの場所を示すことをお勧めします)。

    2 = NetworkLocation:  
      Addresses = vector: 0 items 
      Name = string: Insight Server 
      Parent = string: ServerDefaultNetworkLocation
    

次の例は、完了したアドレスファイルを示しています。 このファイルは、5つのネットワークの場所を定義します。

  • NetworkLocation項目0と1は、「MyCorporateIntranet」および「Internet」という名前のネットワークの場所を定義します。 これらのネットワークの場所は、VS01.myCompany.comという名前のサーバーに対して2つの異なるIPアドレスを定義しています。

  • NetworkLocation項目2はInsightネットワークの場所です。 これはInsightが使用するデフォルトのネットワークの場所です。 この例では、Insightネットワークの場所は、"Internet" NetworkLocationからAddressDefinitionsを継承します。

  • NetworkLocation項目3はInsight Serverネットワークの場所です。 これは、クラスター内の他のサーバーと通信する場合にInsight Serverが使用するデフォルトのネットワークの場所です。 この例では、Insight Serverネットワークの場所は、「MyCorporate Intranet」のNetworkLocationからAddressDefinitionsを継承しています。

  • NetworkLocation項目4は、Report Serverのネットワークの場所です。 これはReportが使用するデフォルトのネットワークの場所です。 この例では、Reportサーバーのネットワークの場所は、"Internet" NetworkLocationからAddressDefinitionsを継承します。

    Locations = vector: 5 items 
      0 = NetworkLocation:  
        Addresses = vector: 1 items 
          0 = AddressDefinition:  
            Address = string: 10.2.1.70 
            Name = string: VS01.myCompany.com 
        Name = string: MyCorporateIntranet 
        Parent = string:  
    
      1 = NetworkLocation:  
        Addresses = vector: 1 items 
          0 = AddressDefinition:  
            Address = string: 65.196.125.167 
            Name = string: VS01.myCompany.com 
        Name = string: Internet 
        Parent = string: 
    
      2 = NetworkLocation:  
        Addresses = vector: 0 items 
        Name = string: Insight 
        Parent = string: Internet 
    
      3 = NetworkLocation:  
        Addresses = vector: 0 items 
        Name = string: Insight Server 
        Parent = string: MyCorporateIntranet 
    
      4 = NetworkLocation:  
        Addresses = vector: 0 items 
        Name = string: Report Server 
        Parent = string: Internet
    

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now