Windows サービスとしての Insight サーバーの登録

Microsoft Windowsサービスとして開始インサイトサーバーを同時に登録する手順です。

メモ

Insight Server を初めて起動すると、デジタル証明書を登録するために、Adobe License Server に自動的に接続されます。登録プロセスを正常に完了するには、次の手順を実行する際に、コンピューターがインターネットに接続されている必要があります。

開始Insight ServerしてWindowsサービスとして登録するには

  1. コマンドプロンプトを開き、インストール先のフォルダー内のbinサブディレクトリに移動し Insight Serverます。

    例:C:\Adobe\Server\bin

  2. コマンドプロンプトで、次のコマンドを実行して開始 Insight Server し、同時にMicrosoft Windowsのサービスとして実行するように登録します。

    <filepath>
    InsightServer64.exe /regserver 
    </filepath>
    
  3. が正しく実行されていることを確認 Insight Server するには、 Start / Control Panel / Administrative Tools をクリックし Services​ます。 このコマンドの順序は、使用しているWindowsのバージョンによって異なります。

    1. サービスリストで、のエントリを探し、そのステータスが「開始」で、起動の種類が「自動」であるこ Adobe Insight Server とを確認します。
    2. [サービス]コントロールパネルを閉じます。
  4. 開始アップ中にエラーが発生したかどうかを確認するには、 Insight Server / Start > Control Panel をクリック Administrative ToolsEvent Viewer​します。 このコマンドの順序は、使用しているWindowsのバージョンによって異なります。

    1. ウィンドウの左ペインで、ログ Event Viewer を選択し Application ます。
    2. 右側のウィンドウで、 Source 列に「Adobe」が含まれているイベントを探します。
    3. 「Adobe」からエラーが見つかった場合は、重複を押しながらエラーをクリックして Event Properties ウィンドウを表示します。 このウィンドウには、エラーに関する詳細情報が表示されます。
  5. ログの調査が終了したら、 Applications イベントビューアを閉じます。

のインストールが完了しました Insight Server。 Insight Server は、連続的に実行するように設計されています。 コンピューターを再起動すると、が自動的に Insight Server 再起動します。 開始を手動で行って停止する必要がある場合は、Windowsの[サービス]コントロールパネルを使用し Insight Server て行うことができます。 次の節で説明するように、必要に応じて、定期的に Insight Server サービスが自動的に再起動されるように設定できます。

自動的に再起動するサービスの設定

Insight Server は、中断なく実行を続けるように設計されています。 通常、停止または開始されるのは、ソフトウェアのアップグレードや証明書の変更など、まれなタスクを実行する場合、または特定のシステムエラーがイベントした場合のみです。 通常のシステム操作中に、 Insight Server サービスを停止または再起動する必要はありません。ただし、定期的に(毎日、毎週、毎月)サービスを再開するように設定すると、例えば、イベントメッセージを消去できます。

サーInsight Serverビスが自動的に再起動されるように設定するには

  1. インストールしたディレクトリ内の Components フォルダーに移動し Insight Serverます。

    例:C:\Adobe\Server\Components

  2. メモ帳などのテキストエディターを使用して、という名前の新しいファイルを作成し ScheduledRestart.cfgます。

  3. ファイルに次のテキストを入力し ScheduledRestart.cfg ます。

    component = ScheduledRestart:  
      Start Time = string: Month DD, YYYY HH:MM:SS TZone 
      Restart Every = string: frequency
    
    この値の場合…  
    Month DD , YYYY HH :MM :SS TZone

    Insightサーバーを初めて再起動す る時間。

    例:August 13, 2013 22:30:00 EST

    注意: タイムゾーンを指定する必要があります。 タイムゾーンを指定しない場合、デフォルトではシステム時間に設定されません。 If you wish to implement Daylight Saving Time or a similar clock-shifting policy, you must save the .dst file containing the appropriate rules in the Base\Dataset\Timezone directory on the Insight Server machine. サポートされるタイムゾーンの略称と夏時間の導入に関するリストについては、 タイムゾーンのコードを参照してくだ さい。

    frequency

    次のいずれかの値です。

    • month
    • 週間

    「開始時間」で指定した初期時間の後に Insightサーバーを再起動す る頻度を指定します。

    例えば、 Insightサーバーを週に1回再起動す る場合は、この値を「week」に設定します。

  4. Save the ScheduledRestart.cfg file.

    フ ScheduledRestart.cfg ァイルがインストール先のディレクトリ内の Components フォルダーにあることを確認し Insight Serverます。

このページ