プロファイルと参照ファイルのインストール

Adobeが特定のアプリケーション用に開発したプロファイルと参照ファイルは、データセットの分析を可能にする指標、ディメンション、ワークスペースを提供する内部プロファイルです。

Adobeが提供するその他すべての内部プロファイルと同様に、これらのプロファイルは変更しないでください。 すべてのカスタマイズは、お客様のデータセットまたはお客様が作成する役割に特有のプロファイルまたはその他のプロファイルで行う必要があります。

Adobeは、アプリケーションのプロファイルと参照ファイルを.zipファイルとして配布します。 各zipファイルの名前は、そのプロファイルに含まれるプロファイルと参照ファイルのアプリケーションに対して付けられます。 (例えば、Site52.zipにはSite v5.2のプロファイルファイルファイルが含まれます)。 .zipファイルには、2つのフォルダー(LookupsとProfiles)が含まれます。

メモ

アプリケーションのプロファイルと参照ファイルを含むインストールファイルがまだない場合は、開始する前にAdobeFTPサイトからダウンロードしてください。

データセットプロファイルを処理し実行するInsight Serverマシンに、プロファイルとその参照ファイルをインストールする必要があります。 Insight Serverクラスターを実行している場合は、マスターサーバーにファイルをインストールする必要があります。 データセットプロファイルについて詳しくは、『データセット設定ガイド​』を参照してください。

プロファイルアプリケーション用のAdobeをインストールするには

  1. Adobeから提供された.zipファイルからProfilesフォルダーを開きます。

  2. .zipファイル内のProfilesフォルダー内のすべてのフォルダーを、Insight Serverインストールディレクトリ内のProfilesフォルダーにコピーします。 次の例に示すように、 …\Profiles*< internal profile name>*​フォルダーをInsight Serverに配置します。 実際のプロファイル名は異なる場合があります。

  3. Profiles*< dataset profile name*​フォルダー(Insight Serverをインストールしたディレクトリ内)に移動し、このディレクトリ内のprofile.cfgファイルを探します。

    メモ

    初めてプロファイルをインストールする場合は、提供されたサンプルプロファイルをデータセットプロファイルとして使用できます。 Insight ServerインストールディレクトリのProfiles\Sampleフォルダー内に、Sampleプロファイルのprofile.cfgファイル(profile.cfg.offlineなどの名前が付いている場合もあります)があります。

  4. メモ帳などのテキストエディターを使用してprofile.cfgファイルを開き、次の操作を行います。

    1. 内部プロファイルのエントリをDirectoriesベクトルに追加します。 プロファイル名は、Insight ServerマシンのProfilesフォルダーにコピーしたディレクトリの名前に対応します。

    2. 必要に応じてディレクトリ数を更新します。

    3. 次に示すように、このファイルのCommon Name行にサーバーの共通名を追加します。

      Profile = profileInfo: 
      Directories = vector: n+1 items
        0 = string: Base\\
        1 = string: internal profile name 1\\
        2 = string: internal profile name 2\\
      . . .
        n = string: internal profile name n\\
      Processing Servers = vector: 1 items
        0 = ProfileServerInfo: 
          Common Name = string: serverCommonName
          Server = string: 
      
      メモ

      profile.cfgファイルの共通名に指定する​serverCommonName​は、データセットプロファイルを処理および実行するInsight Serverマシンのサーバー共通名に対応します。 profile.cfgを更新してInsight Serverクラスターでデータセットプロファイルを実行する手順については、Insightサーバークラスターを参照してください。

  5. ファイルを保存します。ファイルの名前が異なる場合は、必ずprofile.cfgとして保存してください。

Adobe・アプリケーションの参照ファイルをインストールするには

  1. Adobeから提供された.zipファイルからLookupsフォルダーを開きます。

  2. .zipファイル内のLookupsフォルダー内のすべてのフォルダーを、Insight Serverインストールディレクトリ内のLookupsフォルダーにコピーします。 次の例に示すように、 …\Lookups*< internal profile name>*​フォルダーをInsight Serverに配置します。 実際のプロファイル名は異なる場合があります。

このページ