処理 Insight サーバーのインストールと設定

処理Insightサーバーは、コンポーネントディレクトリのコンテンツを除いて、マスターInsightサーバーと同じです。

処理Insight ServerのComponentsディレクトリには、Insight Serversを処理するために特別に設定されたファイルのセットが含まれます。 これらのファイルは、マスターInsight Server上のComponents for Processing Serversディレクトリから派生します。

Insight Server処理をインストールする場合は、次の手順を実行してComponentsディレクトリを設定します。

  1. 処理Insight Server上の元のComponentsディレクトリを削除します。
  2. 「処理サーバーのコンポーネント」ディレクトリの名前を「コンポーネント」に変更します。
  3. ComponentsディレクトリのSynchronize.cfgを変更して、マスターInsight Serverを指すようにします。

処理をインストールして設定するにはInsight Server

  1. Insightサーバープログラムファイルのインストールの説明に従って、Insight Serverプログラムファイルをインストールします。 マスターInsight Serverで使用されたディレクトリ構造を必ず複製してください。 例えば、Insight ServerがマスターInsight ServerのC:\Adobe\Serverにインストールされている場合は、Insight Servers上のC:\Adobe\Serverにもインストールする必要があります。

  2. この特定の処理用にAdobeが発行した電子証明書をインストールしますInsight Server。 手順については、電子証明書のダウンロードとインストールを参照してください。

  3. Windowsエクスプローラーを使用して、処理Insight Serverで次の操作を実行します。

    1. Components​フォルダーを削除します。
    2. Components for Processing Serversフォルダーの名前をComponentsに変更します。
  4. メモ帳などのテキストエディターを使用して、処理Insight ServerのComponentsディレクトリにあるSynchronize.cfgファイルを開きます。

  5. 次のファイルフラグメントに示すように、このファイルの2行目にマスター(プライマリ)Insight ServerのIPアドレスを追加します。 このファイル内の他の要素は編集しないでください。

    component = SynchronizeComponent:
      Cluster Primary Server Address = string: PrimaryIPAddress
      Directories = vector: 7 items
        0 = SynchronizeDir:
          Local Path = string: Profiles\\
          Remote URI = string: /Profiles/
        1 = SynchronizeDir:
          Local Path = string: Lookups\\
          Remote URI = string: /Lookups/
        . . .
    
  6. ファイルを保存します。

  7. WindowsサービスとしてのInsightサーバーの登録の説明に従って、Insight Serverを起動します。

    これで、Insight Serverクラスターのインストールが完了しました。 次に、次の節の説明に従って、クラスターで実行するデータセットプロファイルを設定します。

このページ