マスター Insight サーバーのクラスタリング用の設定

重要

Data Workbench 提供終了のお知らせ.

マスターInsight サーバー上のクラスターの設定、クラスターのアクセス制御ファイルの更新などに関する情報です。

クラスターを構成するには、マスターで次の手順を実行します Insight Server:

  • 処理の追加 Insight Servers’ 共通名とアドレスをアドレスファイルに追加します。

  • すべての Insight Servers を Access Control.cfg ファイル。

  • を更新します。 Synchronize.cfg ファイル(「処理サーバー用コンポーネント」ディレクトリ内)で、マスターを指すように設定します。 Insight Server.

  • 必要に応じて、 Disk Files.cfg ファイルを作成し、 temp.db 処理中のファイル Insight Servers.

これらの手順を完了するには、個々の証明書の電子証明書で指定されている共通名を把握しておく必要があります Insight Server) および各 Insight Server クラスター内で使用します。 この情報がまだない場合は、先に進む前に取得してください。

メモ

この項で説明する手順には、が必要です。 Insight. をまだインストールしていない場合 Insightを使用する場合は、 Insightユーザーガイド 先に進む前に

アドレスファイルへの処理 Insight サーバーの追加

次の手順を実行して、処理を追加します。 Insight Servers’ マスター上のアドレスファイルに対する共通名と IP アドレス Insight Server. ( ただし、アドレスファイルはマスター上で維持および管理されます。 Insight Server、すべての Insight Servers (クラスタ内)。

メモ

次の例では、アドレスファイルが既にマスター用に設定されていることを前提としています Insight Server. マスターをまだ追加していない場合は、 Insight Server’s アドレスファイルへの IP アドレス。 サーバーのネットワーク位置の定義 始める前に

処理を追加するには Insight Servers アドレスファイルに

  1. 開始 Insight をクリックし、(まだ開いていない場合は)設定プロファイルを読み込むには、タイトルバーを右クリックし、 Switch Profile > Configuration.

  2. In Insight、 Admin > Dataset and Profile タブで、 Servers Manager サムネールを使用して、サーバーマネージャーワークスペースを開きます。

  3. マスターのアイコンを右クリックします。 Insight Server をクリックし、 Server Files.

  4. 内 Server Files Managerを開き、 Addresses ディレクトリを開き、以下の操作を実行して、 Insight Server’s アドレスファイル:

    1. チェックマーク ( サーバー名 列とクリック Make Local.

    2. チェックマーク ( Temp 列とクリック Open > in Insight.

  5. のコンテンツを展開します。 Locations 構造体を展開し、NetworkLocation 0、Addresses、および AddressDefinition を展開します。

  6. NetworkLocation 0 に AddressDefinition を処理ごとに追加するには、次の手順を実行します Insight Server クラスター内:

    1. 右クリック AddressDefinition をクリックし、 Add New > Address Definition.

    2. 「名前」パラメーターで、処理を指定します。 Insight Server’s 共通名。

    3. 「アドレス」パラメーターで、処理を指定します Insight Server’s IP アドレス。

      「アドレス」フィールドでは、ワイルドカードとしてアスタリスク ( 例:10.10.116) を使用できます。*を使用して、クラスタリングを簡略化できます。 詳しくは、 アクセスレベルについて.

      次の例では、2 つの Insight Servers:

  7. サーバーが複数のネットワークに接続されている場合は、手順 6 を繰り返して処理を追加します Insight Servers を NetworkLocations に追加します。

    次の例は、4 つの Insight Servers 2 つのネットワーク(「企業イントラネット」と「インターネット」)に接続されている。

  8. 次の手順を実行して、変更をサーバーに保存します。

    1. 右クリック (modified) ウィンドウの上部にあるをクリックし、 Save.

    2. 内 Server Files Managerをクリックし、 Temp 列と選択 Save to > <server name>.

クラスタのアクセス制御ファイルの更新

使用する Insight Servers クラスター内で、 Insight Server クラスター内(マスターを含む) Insight Server) は、Cluster Servers アクセス制御グループに属している必要があります。 Cluster Servers グループは、クラスタへの参加を許可されているサーバを(IP アドレスで)特定します。 このファイルはマスター上で維持および管理されますが、 Insight Server、すべての Insight Servers クラスター内で使用します。

アクセス制御ファイルを編集するには

  1. In Insight、 Admin > Dataset and Profile タブで、 Servers Manager サムネールを使用して、サーバーマネージャーワークスペースを開きます。

  2. マスターのアイコンを右クリックします。 Insight Server をクリックし、 Server Files.

  3. 内 Server Files Managerで、アクセス制御ディレクトリを開きます。

  4. 次の操作を実行して、 Access Control.cfg ファイル:

    1. チェックマーク ( サーバー名 列とクリック Make Local.

    2. チェックマーク ( Temp 列とクリック Open > in Insight.

  5. 「アクセス制御グループ」構造を展開し、「アクセスグループ」(Cluster Servers) を展開します。

  6. 各 Insight Server クラスター内(マスターを含む) Insight Server)、次の操作を実行します。

    1. 右クリック Members をクリックし、 Add New > New Member.

    2. 次を指定: Insight Server’s IP アドレス(名前ではなく数値 IP アドレス)。 この Insight Servers は複数のネットワークに接続されているので、この AccessGroup には、 Insight Servers クラスタ内のサーバー間通信に使用します。

      次に、4 つのクラスタの AccessGroup(クラスタサーバ)を示します Insight Servers.

  7. 次の手順を実行して、変更をサーバーに保存します。

    1. 右クリック (modified) ウィンドウの上部にあるをクリックし、 Save.

    2. 内 Server Files Managerをクリックし、 Temp 列とクリック Save to > <server name>.

同期ファイルの設定

次の手順を使用して、 Synchronize.cfg ファイル。 このファイルの中央コピーはマスター上に保持されます Insight Server. 処理 Insight Servers クラスタ内でマスターとの通信を開始 Insight Server をクリックして、このファイルの更新されたコピーを取得します。

この Synchronize.cfg ファイルは、マスターの場所を指定します Insight Server. また、各処理で使用される管理ファイルのセットも識別されます Insight Servers クラスター内でマスターから取得します Insight Server. 処理 Insight Servers マスターからこれらのファイルを自動的にダウンロード Insight Server 彼らが始まった時 また、これらのファイルの更新されたコピーをマスターから動的に取得します Insight Server ファイルが変更されたとき。

メモ

ただし、 Synchronize.cfg マスター上のファイル Insight Server、マスター Insight Server 自体はこのファイルを使用しません。 このファイルはマスターで更新します Insight Server 処理時に適切に設定されるように Insight Servers ファイルを取得します。

マスター上の Synchronize.cfg ファイルを更新するにはInsight Server

  1. In Insight、 Admin > Dataset and Profile タブで、 Servers Manager サムネールを使用して、サーバーマネージャーワークスペースを開きます。

  2. マスターのアイコンを右クリックします。 Insight Server をクリックし、 Server Files.

  3. In Server Files Manager、 Components をクリックします。

  4. 次の操作を実行してを開きます。 Synchronize.cfg:

    1. チェックマーク ( サーバー名 列とクリック Make Local.

    2. を右クリックします。 Temp チェックマークを付け、 Open > in Insight.

  5. コンポーネント構造を展開します。

  6. Cluster Server Address パラメータで、マスター(プライマリ)の IP アドレスを指定します。 Insight Server.

    マスター間で同期が実行されるたびに記録するログを作成するには Insight Server および処理 Insight Serversに設定した場合は、Enable Synchronization Log パラメーターが「true」に設定されていることを確認します。

  7. 次の手順を実行して、変更をサーバーに保存します。

    1. 右クリック (modified) ウィンドウの上部にあるをクリックし、 Save.

    2. In Server Files Managerをクリックし、 Temp 列とクリック Save to > <server name>.

データセット(temp.db)の場所の設定

処理が必要な場合は、次の手順を実行します Insight Servers 維持する temp.db (データセット)デフォルトの場所とは異なるディレクトリまたはドライブ内の、または配布する場合は temp.db 複数のドライブにまたがる

メモ

処理のため Insight Servers すべて同じものを共有する Disk Files.cfgの場合、すべてがこのファイルで指定するファイルの場所をサポートする必要があります。 例えば、 temp.db E:ドライブ、すべての処理 Insight Server クラスター内には E が必要です。ドライブ。

temp.db の場所を設定するには

  1. In Insight、 Admin > Dataset and Profile タブで、 Servers Manager サムネールを使用して、サーバーマネージャーワークスペースを開きます。

  2. マスターのアイコンを右クリックします。 Insight Server をクリックし、 Server Files.

  3. 内 Server Files Manager、 Components for Processing Servers ディレクトリ。

  4. 次の操作を実行してを開きます。 Disk Files.cfg:

    1. チェックマーク ( サーバー名 列とクリック Make Local.

    2. チェックマーク ( Temp列とクリック Open > in Insight.

  5. DiskSpaceManagerComponent 構造を展開し、[ ディスクファイル ] リストを展開します。

  6. エントリ 0 を編集して、 temp.db ファイル。

  7. 配分する場合 temp.db 複数のドライブにまたがって、以下の手順を使用して、各追加ドライブに追加のエントリを作成します。

    1. 右クリック Disk Files をクリックし、 Add New > Disk File.

    2. 新しいエントリで、目的の場所を指定します temp.db 書き込まれました。

    以下に示します。 temp.db 4 台のドライブに書き込まれます。

  8. 次の手順を実行して、変更をサーバーに保存します。

    1. 右クリック (modified) ウィンドウの上部にあるをクリックし、 Save.

    2. In Server Files Managerをクリックし、 Temp 列とクリック Save to > <server name>.

このページ