Insight サーバークラスターについて

Insightサーバークラスターは、Insightとレポートのユーザーがアクセスできるように処理するデータの量が、1台のInsightサーバーの容量を超える場合に必要です。

Insight Serverクラスターを設定すると、1つの分析データセットを1つのクラスター内の複数のマシンに分散させて、複数のInsight Serversの処理能力を活用できます。

Insight Serverクラスターの実装の最初の手順は、クラスター内のInsight Serverマシンを割り当てることです。 最初に設定したInsight Serverマシンは、マスターInsight Server(プライマリInsight Serverと呼ばれる場合もあります)です。

メモ

Insight Serverファイルサーバーユニット(FSU)を使用している場合は、FSUをマスターInsight Serverとして設定することをAdobeにお勧めします。 FSUの設定について詳しくは、『データセット設定ガイド』を参照してください。

マスターInsight Serverは、クラスター内の他のInsight Servers(処理サーバーと呼ばれる場合や、クエリサーバーと呼ばれる場合もあります)とInsightおよびReportのインスタンスとの間の通信を管理します。 特定のデータセットに対して、ログファイル処理は、Insight Server設定ファイルで指定されたInsight Servers(マスターまたは処理)に対しておこなわれます。 クラスター環境で作業する場合、InsightインストールはマスターInsight Serverにアクセスするように設定されますが、クエリはクラスター内の任意のInsight Serversで処理できます。

メモ

PAServer.cfg ファイル:Insight Server に予測分析クラスタリングジョブを送信する場合は、サーバー側でクラスタリング送信を処理するように PAServer.cfg ファイルを設定する必要があります。カスタムプロファイルは、予測分析プロファイル(Server\Profiles\Predictive Analytics\Dataset)からPAServer.cfgを継承する必要があります。 このファイルに​マスターサーバー​を設定し、PAServer.cfgを実装サイトに保存します。

PAServer = PAServerConfig:
Master Server = serverInfo:
Address = string:
Port = int: 80
Use SSL = bool: false
重要

この章の手順は、5個(5) Insight Serversを超えるInsight Serverクラスターの作成には適用されません。 Adobeに連絡して、5個Insight Serversを超えるクラスターの必要システム構成とプロファイル構成の推奨事項を入手してください。

このページ