Insight サーバーのライセンスユニットについて

Insightサーバーは、2つのライセンスタイプで使用できます。

次の2種類のライセンスを示します。

データ処理ユニット(DPU)

このタイプのInsight Serverは、Adobeデータセットのデータを処理、保存、提供できます。 必要に応じて、データセットの構築元となるソースデータを含むログファイルを保存することも、Insight Serverファイルサーバーユニット(FSU)からデータを受け取ることもできます。 DPUは、InsightクライアントとReportクライアントが直接やり取りするInsight Serverのタイプです。

Insight Server DPUをインストールする場合は、 InsightサーバーDPUのインストール手順を参照してください。

ファイルサーバーユニット(FSU)

このタイプのサーバは、1つ以上のSensorまたはイベントデータレプリケーションインスタンス(特別な使用ライセンスが付属するRepeater機能)からイベントデータを受け取って保存し、Adobeデータセットを作成する1つ以上のInsight Serverデータ処理ユニット(DPU)にデータを送信します。 DPUは、イベントデータをDPUに転送する際に最適化するプロトコルを使用してFSUと通信し、通常のファイルサーバーでログファイルを保守するよりも大幅に高速です。 FSUを使用することで、低コストのストレージハードウェアにログデータを格納でき、複数のSensorsが単一のInsight Serverを指すことで、管理の複雑さも軽減されます。

Insight Server FSUをインストールする場合は、 InsightサーバーFSUのインストール手順を参照してください。

このページ