Insight サーバーのディレクトリ構造

Insight Serverと共にインストールされ、登録後に存在し、初めて実行されるファイルのリスト。

インストールパッケージに含まれているファイル

インストールパッケージには、次のディレクトリが含まれ Insight Server ます。

ディレクトリ 説明 ディレクトリの内容
アクセス制御 アクセスグループのリストを指定するInsightサーバー 設定ファイル。
住所 Insightサーバーとの通信に使用するアドレス す。
監査 毎日のアクセスログには、 Insightサーバーへのすべての接続試行に関する詳細が含まれ ます。
bin Insight Serverの実行可能 プログラムファイル。
Certificates SSLデジタル証明書。
コンポーネント Insight Server コンポーネント設定ファイル。
サーバーを処理するコンポーネント Insightサーバー クラスター内の Insight Serverを処理するため のInsightサーバーコンポーネント設定ファイル です。
イベント エラーメッセージを含む詳細なイベントステータスメッセージを含む毎日のイベントログ。 Insight Serverによってキャプチャおよびログに記録されるイベント は、Windowsイベントビューアにも表示されます。
ログ

Sensorによって生成された ログファイル です。

"Logs"はデフォルトのログディレクトリですが、 communications.cfg ファイルで代替ディレクトリが指定されている場合があります。

参照 ロボットや検索エンジンのリストなどの参照ファイル。 Insightサーバー は、すべての参照ファイルをメモリに読み込む必要があります。 コンポーネント構成ファイルで参照されるすべての参照ファイルの合計サイズとオーバーヘッド(FlatFileLookup ファイルの場合は1行に12バイト)は、他のすべてのソフトウェアアプリケーションが読み込まれた後に使用可能な物理メモリまたは仮想メモリを超えてはなりません。
プロファイル

各プロファイルに関連するファイル(設定、ワークスペースおよびビジュアライゼーションファイル)。 プロファイルは、データセットのデータによって入力されます。 データセットにはイベントデータ(「ログデータ」)が含まれます。このようなデータは、インストール済みの センサーによって取り込まれ、ウェブビーコンやページタグによって送信されたり、データ・ウェアハウスから入力されたりすることがあります。 特定のプロファイルにアクセスできるInsight ユーザーは、そのプロファイル用に処理済みデータのセット、およびそのプロファイル内で定義されたワークスペースとビジュアライゼーションを使用できます。

ワークスペースは、システム管理や分析のための作業領域です。 Workspaceには、システムのパフォーマンスに関する異なる詳細を示す複数のインターフェイスを含めることができます。

ソフトウェア Insight ソフトウェアの更新。 レポートソフトウェアの更新もここに保存されます。

Directories and Files Created after Startup

次に示すディレクトリは、が登録され Insight Server て初めて実行された後に作成されます。

ディレクトリ 説明
都道府県 Insightサーバーによって生成される処理情報 す。
Temp

再処理と操作中に Insightサーバーで使用される一時ファイルの場所 です。 通常、物理ドライブ1台につき1つのファイル( temp.db という名前)が存在します。

Insightサーバー は、このディレクトリに書き込むように設定する必要があります。

トレース Insightサーバーに関するログと イベントのデータ です。 トラブルシューティングに役立ちます。
ユーザー サーバー上のプロファイルにアクセスできる名前付き( Insight )ユーザー。 権限を持つ各指定ユーザーのディレクトリは、ユーザーが Insightを介して最初に Insightサーバーにアクセスしたときに、Users\ディレクトリ内に作成され ます。 指定された各ユーザーのディレクトリには、その Insightサーバーでユーザーがアクセスしたすべてのプロファイルに対応するディレクトリと、そのローカルアドレスファイル が含まれます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now