管理アラートの設定

Insightサーバー、リピーターまたは変換の管理アラートを設定する手順です。

次のファイルのパラメーターを入力します。

Product Name installation directory\Components\Administrative Alerts.cfg

パラメーター 説明
カテゴリ カテゴリの名前。 デフォルトのカテゴリは必須です。 この表のエラーカテゴリを参照してください。
エラーカテゴリ エラー分類ファイルと組み合わせてエラーを分類できます。 各エラーカテゴリには、独自の受信者セットと独自のスロットル遅延を設定できます。 例えば、スロットル遅延が0の重大カテゴリを作成して、重大なエラーがすべて受信者リストで指定された受信者に即座に電子メールで送信されるようにできます。 エラーカテゴリー化ファイル内のサブ文字列と一致しないエラーは、デフォルトカテゴリに割り当てられます。 新しいカテゴリを追加するには、数値を右クリックし、新規追加 / エラーカテゴリをクリックします。 右クリックのアクションを使用して、コピーまたは削除することもできます。
エラー分類ファイル

各アラートの分類に使用するファイルの名前。 このファイルはメモ帳を使用して作成します。 このファイルの各行には、タブで区切られた3つの列が必要です。 最初の列は、エラーに一致する文字列です。 ^記号は先頭に一致し、$は文字列の末尾に一致します。その他の文字はすべてリテラルと一致します。 2番目の列は、一致するエラーのカテゴリで、エラーカテゴリにあります。 3つ目は代替メッセージで、送信されるEメールの実際のエラーメッセージの前に付けられます。 ファイルを指定しない場合、すべてのエラーがデフォルトとして分類されます。

このファイルの例を確認するには、 Lookupsディレクトリの Error Categories.txt ファイルを参照してください。

送信元

電子メールメッセージの「from」パラメーターに表示されるアドレス。

例: server_errors@mycompany.com

最小ディスク容量(MB) サーバーが使用する任意のディレクトリの使用可能なディスクストレージがこの値を下回ると、サーバーは電子メールアラートを生成します。 デフォルト値は 1000 です。
センサーアラートのタイムアウト(分)

この期間内に設定済みで接続済みのセンサーからデータを受信しない場合、サーバーは電子メールアラートを生成します。 デフォルト値は 15 です。

注意: センサーアラートタイムアウトは、センサーへの既存の接続が切断された場合にのみ機能します。 サーバーのサービスが停止して再起動され、センサーが接続されない場合、サーバーはEメールアラートを生成しません。

サーバーアドレス

送信電子メールのSMTPサーバーのアドレス。

例: mail.mycompany.com

説明した機能を使用するには、SMTPサーバーが必要です。

サーバーのパスワード

SMTPサーバーにログインするためのパスワードです。 メールを送信するためにログインが必要でない限り、このパラメーターはオプションです。

説明した機能を使用するには、SMTPサーバーが必要です。

サーバーユーザー

SMTPサーバーにログインするためのユーザーID/名前。 メールを送信するためにログインが必要でない限り、このパラメーターはオプションです。

説明した機能を使用するには、SMTPサーバーが必要です。

スロットル遅延(秒) 電子メールを送信するために、そのカテゴリの2つのエラーの間に経過する必要がある最小秒数。 値0を指定すると、電子メールが直ちに送信されます。

このページ