管理イベントの監視

イベントログファイルを定期的に監視して、Insight Serverのシステムイベントメッセージを追跡する必要があります。このメッセージは、Insight Serverのインストールディレクトリ内のEventsフォルダーにある<YYYYMMDD>-event.txtファイルにデフォルトで記録されます。

推奨頻度: 5 ~ 10分ごと

InsightのServer Files Manager、自動管理ツール、*-event.txtファイル、またはWindowsイベントビューアを使用して、これらのイベントを監視できます。

メモ

管理イベントログは、Windowsイベントログとは完全に別のものですが、同じイベントの一部が含まれています。 管理イベントログには、Insight Serverイベントに関する情報のみが含まれます。

events.txtファイルをServer Files Manager

  1. Insightの「Admin > Dataset and Profile」タブで、Servers Manager​サムネールをクリックして「サーバーマネージャー」ワークスペースを開きます。

  2. アクティブなInsight Serverのアイコンを右クリックし、「Server Files」をクリックします。

  3. Server Files Managerで、Events​をクリックして内容を表示します。

  4. 目的のファイルの横にある​server name​列のチェックマークを右クリックし、「Make Local」をクリックします。 Temp列のファイル名の横にチェックマークが表示されます。

  5. Temp列のチェックマークを右クリックし、Open / in Notepad​をクリックします。 新しいMicrosoft Windowsメモ帳ウィンドウにイベントファイルが表示されます。

    ステップ情報

    Insight Serverインストールディレクトリ内のTraceフォルダー内のServer.logファイルには、より詳細なログ情報が格納されています。

Windowsイベントビューアでイベントを表示するには

  • Start > Control Panel > Administrative Tools > Event Viewer​をクリックします。

管理イベントログディレクトリを変更するには

管理イベントログ設定ファイルAdministrative Events Log.cfgは、イベントログを出力するディレクトリを指定します。

  1. Insightの「Admin > Dataset and Profile」タブで、Servers Manager​サムネールをクリックして「サーバーマネージャー」ワークスペースを開きます。

  2. 設定するInsight Serverのアイコンを右クリックし、「Server Files」をクリックします。

  3. Server Files Managerで、Components​をクリックして内容を表示します。 Administrative Event Logs.cfg ファイルは、このディレクトリ内に格納されています。

  4. Administrative Event Logs.cfgのサーバー名​列のチェックマークを右クリックし、Make Local​をクリックします。 Administrative Event Logs.cfgのTemp列にチェックマークが表示されます。

  5. Temp列に新しく作成されたチェックマークを右クリックし、Open / in Insight​をクリックします。

  6. Administrative Event Logs.cfgウィンドウで、「component」をクリックして内容を表示します。 デフォルトのパスは、Insight Serverインストールディレクトリ内のEventsフォルダーです。

  7. Pathパラメーターに、イベントログデータを出力するディレクトリの名前を入力します。

  8. 次の操作を行って、変更をサーバーに保存します。

    1. ウィンドウ上部の​(modified)​を右クリックし、「Save」をクリックします。
    2. Server Files Managerで、Temp列のファイルのチェックマークを右クリックし、Save to / server name​を選択します。

このページ