管理アラートの設定

管理アラートは、通常の操作中にInsightサーバーでエラーが検出された場合、指定した電子メールアドレスに電子メール通知を送信します。

推奨頻度: 実稼動前

メモ

管理アラートを使用するには、Insight Serverが転送SMTPサーバーにアクセスして、アラートをEメールで送信する必要があります。

Eメール通知の受信者は、システム管理の主要な担当者と主な関係者である必要があります。

管理アラートファイルAdministrative Alerts.cfgを使用して、Insight Serverの管理アラートを設定します。

メモ

クラスターを実行している場合は、クラスター内のマスターInsight Serverに対してアラートを作成または変更する必要があります。

管理アラートを作成または変更するには

  1. Insightの「Admin > Dataset and Profile」タブで、Servers Manager​サムネールをクリックして「サーバーマネージャー」ワークスペースを開きます。

  2. 設定するInsight Serverのアイコンを右クリックし、「Server Files」をクリックします。

  3. Server Files Managerで、Components​をクリックして内容を表示します。 Administrative Alerts.cfg ファイルは、このディレクトリ内に格納されています。

  4. Administrative Alerts.cfgの「server name」列のチェックマークを右クリックし、「Make Local」をクリックします。 Administrative Alerts.cfgのTemp列にチェックマークが表示されます。

  5. Temp列に新しく作成されたチェックマークを右クリックし、Open / in Insight​をクリックします。

  6. Administrative Alerts.cfgウィンドウで、「component」をクリックして内容を表示します。

  7. 必要に応じてパラメーターを入力します。 このファイルで使用できるパラメーターのリストについては、管理アラートの設定を参照してください。

    ステップ情報

  8. 次の操作を行って、変更をサーバーに保存します。

    1. ウィンドウ上部の​(modified)​を右クリックし、「Save」をクリックします。

    2. Server Files Managerで、Temp列のファイルのチェックマークを右クリックし、Save to / <server name​を選択します。

  9. (オプション)クラスターで作業していて、各データ処理ユニットに同じ管理アラートを適用する場合は、更新したAdministrative Alerts.cfgファイルをコピーして、マスターInsight Serverインストールディレクトリ内のComponents for Processing Serversフォルダーに貼り付ける必要があります。

このページ