センサートランスミッターのコマンドラインオプション

UNIXおよびWindows用のSensor送信機の起動コマンドに関する情報です。

UNIX用の起動コマンド

UNIXステムでSensor送信機を起動するには、次のコマンドを使用します。

txlogd -f configFileName

configFileNameは、送信機設定ファイル(txlogd.conf)の完全修飾名です。

デフォルトでは、送信機はバックグラウンド・プロセス(デーモン)として実行され、動作メッセージをsyslogに書き込みます。

txlogdのコマンドラインスイッチの完全なリストを次に示します。

切り替え 説明
-f 設定ファイル(txlogd.conf)の完全修飾名を指定します。 このスイッチを指定しない場合、送信機は現在のディレクトリ内のtxlogd.confを探します。
-n 送信機を(バックグラウンド・プロセスではなく)インタラクティブ・モードで起動します。
-i 送信機をインタラクティブ・モードで起動し、デバッグ出力をstdoutに送信します。
-d 送信機をバックグラウンド・プロセスとして起動し、デバッグ出力を現在のディレクトリ内のtxlogd-debug.logに送信します。
-c 送信機を起動し、ディスクキューファイルが存在しない場合は作成します。 ディスクキューが既に存在する場合、このパラメータは無視されます。
-x 送信機を起動し、ディスクキュー内の最後のパケットを送信した後に送信機を終了します。 このオプションを使用すると、新しいキューファイルの作成などの管理操作に備えて、キューをドレインできます。

Windows用の起動コマンド

Sensorを起動し、Windowsシステム上のサービスとして登録するには、次のコマンドを使用します。

txlog /regserver

このページ