拡張可能なフィールド

Sensorは、サーバー上で使用する場合、有効なHTTPリクエストまたは応答ヘッダー、またはサーバーのAPI経由で利用可能な変数からイベントデータのフィールドを収集できます。

こうしたデータフィールドを収集するには、txlogd.conf の Sensor 設定ファイルに目的のヘッダーフィールドまたは変数を指定する必要があります。

リクエストヘッダー

収集するリクエストヘッダーフィールド(Host、Accept-Encoding、Keep-Aliveなど)を指定する構文を次に示し txlogd.confます。

LogHeader RequestHeaderName

収集されたデータは、によって作成さ Sensor れた .vsl ファイル内の「cs(RequestHeaderName)」というフィールドに記録され data workbench serverます。 例えば、リクエストヘッダー「Host」から特定のリクエストヘッダー値を収集するには、に「LogHeader Host」と入力し txlogd.confます。 データは、イベントデータレコード内のフィールド「cs(Host)」に記録されます。

サーバー変数

Sensor は、 txlogd.conf ファイルに含めるSpecialLogFieldエントリを使用して、応答ヘッダーまたはAPIアクセス可能なサーバー変数からデータのフィールドを収集できます。 「LogHeader」エントリに加えて、または「LogHeader」エントリの代わりに「SpecialLogField」エントリを使用して、リクエストヘッダーを収集することもできます。 詳しくは、 リクエストヘッダーを参照してください。 リクエストヘッダーオプションは、後方互換性を維持するために使用できます。

次に、 txlogd.conf

SpecialLogField cs(log field) = serverVariable stage

次の表に、「SpecialLogField」エントリのコンポーネントについて説明します。

コンポーネント 説明
cs(logフィールド) 収集したデータがイベントデータレコードに記録されるフィールドの名前、および Data Workbenchサーバーによって作成された .vsl ファイル
serverVariable

サーバーのAPI経由で Sensor で使用できるサーバー変数

例:response.p3p

stage

vys_logまたはvys_cookie

ステージを指定するには、vys_logとvys_cookieに使用できるサーバ変数を知っている必要があります。

例:serverVariable response.p3pの場合、vys_logと入力します。

拡張可能なイベントデータレコードフィールド Sensor を収集するための設定については、Adobeコンサルティングサービスにお問い合わせください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now