センサーによる訪問者やセッションの識別方法

Webサーバーからイベントデータを収集する場合、Sensorは、個人識別情報を捕捉することなく、小さなランダムな識別子を含む各訪問者に永続的なcookieを自動的に設定します。

このAdobecookieは、個別訪問者とその関連するすべてのセッションを識別するために使用されます。

デフォルトでは、は各HTTPヘッダーからすべてのW3C拡張ログファイル形式フィールドを Sensor 取り込みますが、クライアントとサーバーの間で送信されるヘッダーをすべて取り込むよう Sensor に設定することもできます。 ファイルで収集されるイベントデータフィールドにつ Sensor いて詳しくは、「 .vsl イベントデータレコードフィールド 」を参照してください。

一部の訪問者のブラウザーではcookieが永続的に保存されず、ごく少数の訪問者ーのブラウザーでcookieがまったく受け入れられない場合があります(セッションcookieも含む)。 サイトの総トラフィックのほんの一部を占めるに過ぎないにもかかわらず、一部のログファイル分析ソフトウェアが行うように、その訪問者による各ページ表示がセッション全体として誤ってカウントされる場合、大きな誤カウントが発生する可能性があります。 Adobeは、cookieの使用と使用を有効にして訪問者を分析できるようにすることで、この問題に対処します。

Broken Sessions Filterの詳細については、『 Data Workbenchセンサーガイド』を参照してください。

このページ