ターゲット Data Workbench サーバーの変更

センサーが通信するData Workbenchサーバー(ターゲットサーバー)を変更するには、センサーがインストールされている各Webサーバーのtxlogd.confファイルを編集する必要があります。

ターゲットに変更するにはdata workbench server

  1. 元のターゲット・サーバと新しいターゲット・サーバの両方を停止します。

  2. 元のターゲット・サーバから新しいターゲット・サーバに最新の.vslファイルをコピーします。 新しいターゲットサーバーを後の手順で再起動すると、新しい.vslファイルを作成する代わりに、新しいSensorデータがすべて現在の.vslファイルに追加されます。 それには、次の手順を実行します。

    1. 元のターゲットサーバーで、data workbench serverインストールディレクトリ内の\Logsフォルダーを参照します。

    2. フォルダー内の最新の.vslファイルをコピーします。

    3. 新しいターゲットサーバーで、data workbench serverインストールディレクトリ内の\Logsフォルダーを参照し、このフォルダーに.vslファイルを貼り付けます。

  3. SensorがインストールされているWebサーバーの1つで、txlogd.confファイルを開いて編集します。 それには、次の手順を実行します。

    1. Sensorインストールディレクトリを参照し、txlogd.confファイルをテキストエディターで開きます。

    2. ServerAddressパラメーターを探し、新しいターゲットサーバーのアドレスを反映するように変更します。

    3. ファイルを保存して閉じます。

  4. Sensorがインストールされている残りのすべてのWebサーバーで、手順2 ~ 3を繰り返します。

  5. 元のターゲット・サーバーを再起動し(まだ使用する場合)、新しいターゲット・サーバーを再起動します。

  6. データは、指定した新しいターゲットサーバーへの送信を開始します。

このページ